So-net無料ブログ作成
検索選択

意外に長引いたお仕事・・・ [暮らし]

きょう、日曜日は仕事に出ました。

月曜日の準備は日曜日にしか出来ないことも多いのです。

今日の遠回り出勤は、22km弱の950Kcal。

お仕事中に、担当以外の電話対応もあって(部屋には私1人なので、つい電話をとって、他部署の仕事に巻き込まれてしまう。)、はかどりが悪く、夕方になっても終らず。

日のあるうちに走り戻りたいので、残りは諦念(笑)。

帰りは、遅くなる前に帰宅したかったので、遠回りの度合いが緩く、約11km強の500Kcal。

合計、33km、1450Kcal。一食半余計に食べればよい勘定♪

昨日との合計で、66km也(不甲斐ないこと、この上も無し。)。

 

先だって全国発売の、実力派歌手、倉木麻衣さんの楽曲集は、思いのほかよい感じでした。

今、「ライラ」を観ています♪


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬の散歩道♪ で連想する楽曲ども☆ [散歩]

S.& G.のヒット曲ではないが(原題は、A Hazy Shade of Winter ということ・・・)、今朝は、「冬の散歩道」♪

霜が降りていましたもの。
(霜は、何故に「登る」、「昇る」、「上る」ではなく、「降りる」、「降る」なのでしょう?)

気温が上がるという天気予報を信じて、今朝もポロシャツ1枚でお散歩に出掛けてしまった私で御座りました。

建物を一歩出てすぐに、これはイカンっと気がつきましたが、男一匹心意気、寒さは気合で滅却とばかり、真っ白い息を吐きながら走り出した次第です。

寒い・・・。

裸で走っているみたい・・・。

通気性のよいポロシャツなので、ガンガン寒風を通す爽やかさ(汗)。

汗の一滴も出やしない。

耳朶は凍えるし、イヤーウォーマーが要りますね、もう。

両の手にグローブは着けていますが。

公園を見ると、地面が白い。

よく見ると、霜です(凍汗)。

寒くて、血管も縮まり、かつ、発汗も少ないと、トイレが近くなります。

でも、そんな都合よくはトイレはありません。

冬季のお散歩は大変です。

ちなみに、S.&G.の「冬の散歩道」を思い出すと、数年後の、B.&B.の「木枯らしの少女」(原題は、She's  My Kind Of Girl とやら。歌詞には、just が入っていますよね?)も思い出してしまいます。

これは、深々(しんしん)と降る雪を見て、まず、「雪の降る町を」(by誰だっけ?)を想い、次に「雪が降る」by A.を思い出すのと似てる?

いや、これは、「白い雪」by M.K.を想わないといけない現代☆

いや、「雪」by「猫」を想うのです。

でも、今は、まだ秋(もう秋、ではなくて。「今はもう秋」→「誰もいない海」これってSUMMER TIME GONE 系? ちなみに、誰もいない海、と来れば、南沙織ちゃんですね[ハートたち(複数ハート)])。

もうすぐ冬の季節。ならば、「冬が来る前に」by「紙風船」かな?

秋深し、隣は何を、と来れば、

「白い冬」by「ふきのとう」ですね。二番で冬に突入しますが。

そして、白い冬が、もうすぐ、と言えば、当然「さよなら」by「オフコース」。

 

と、ことほどさように、心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく 想い流しながらお散歩は展開し、さすがに歩を重ぬれば、やがて汗もかき、風に冷える。

 

今日は、4回もトイレ休憩(補食1回、給水2回)してしまいました。老人性頻尿症でもありますが、発汗量が少ないせいでもあろうかと思います。

冬の散歩は大変です。

洋楽「冬の散歩道」のジャケ写は、まさしく、私が走る、冬の散歩道そのもの。

枯葉の舞い散る・・・ 停車場では無いですけど。

これは、「終着駅」by奥村チヨ。

きょうのお散歩、33km(情けない、4時間半もかかって・・・。)。 

 

とりあげた楽曲は全てYou Tubeで本物が聴けるのが凄い[たらーっ(汗)]

 

「冬の散歩道」by「サイモンとガーファンクル」

「木枯らしの少女」by「ビョルンとベニー」

「雪の降る町を」by誰だっけ?

「雪が降る」by「アダモ」

「白い雪」by「倉木麻衣」

「雪」by「猫」

「誰もいない海」by「トワ・エ・モア」

「冬が来る前に」by「紙風船」

「白い冬」by「ふきのとう」

「さよなら」by「オフコース」 

「終着駅」by「奥村チヨ」


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

お散歩中に道に迷う☆ 45km超え♪ [散歩]

今日は勤労感謝の日なので、お仕事に行かないことに決めました。

そうすると、同じ五時に起きても、出立するまでに時間がかかります。

休みだと思うと、何か余計なことをしてしまうのかな?

関係ないけど、腹筋しながら見ていたテレビで、今日運勢が最悪な星座は蠍座と言っておりました。

私は、生年月日がビル・ゲイツさんと同じで(あやかりたい)、10月28日の生まれなのです。

休日の「最悪」は基本的に仕事に響かないと思われるので、ホっとしたり♪

よくわからないけど、そういうことで、平日の約1時間遅れの八時ちょい前にお散歩に出発♪

今日は、JRの肥前山口駅を目指します。

今日は、手袋を忘れたけど、寒くは無く平気です(のはずでした。)。

汗も可成り滴り落ちるような天気塩梅です(汗は、後が大変。)。

強い風が吹いていますが、北東の風なので、南西に向う往路は追い風です。

ま、快調に進捗し、肥前山口駅前のバス停ベンチで小休止。カロリーメイトチョコで補食します。給水も。

あとは、駅の東から県道を南下して、どこかで左折西行、国道444号線に入る予定でありました。

10年以上走っていないエリアなので道路整備状況が把握できていなくて、かつ、それは自動車だったので、ランでちゃんと正しいルートを取れるのか、心もとないことこの上なし。

案の定、実は、左折ポイントを見逃し、行き過ぎ南下、肥前竜王の近くまで行っちまいやした。

さすがに間違いに気付き、引き返しますが、ここから風は強い逆風に転じます。

そうすると、びっしょりの汗が冷却効果を発揮し始めます。

逆風きつい、進まない、体が冷える、疲労する、という困った状況。

また、間違えた分の往復だけ確実にタイムロス。

お昼までに戻れない。

まあ、ルート修正し、途中何度か立ち尽くし逡巡しながらも、なんとかR444に辿り着く。

ちなみに、444という数字のせいか、R444は昔から怖い話、怪異な話が沢山ありました。

車の往来は激しいが、人の往来は皆無という国道です。沿道には、建物は沢山あるのです。

道を訊ねようにも人がいない。

1人だけ、駐車場をお掃除中のお兄さんを見つけて、これが444だということを確認することができました。

444を辿り、ようやく お家に辿り着いたのは13時。

補食・給水、トイレ、道に迷い佇む時間があったとはいえ、5時間も走っていたことになります。

「LSD」と言えば、巧まざるLSDかもしれません(笑)。

道を間違えたのは、今日、運勢最悪の蠍座だったせいかもしれません。

この程度の運の悪さなら、なんてことはない。

相当逆境に思えるランであったけれど、冬の山中に迷ったわけでもなく、距離を伸ばす好条件とも思えました。

今日のお散歩、46.5km、2030kcal。

やっと一日のお散歩距離が40kmを超えました。

あと一迷いすれば50kmを超えていたと思うと、ちょっと残念です。

日常で楽に50km走れないと、とてもマラソンには挑戦できません。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

勇気ある路上のスイーパー♪ [交通安全・マナー]

スイーパーと言えば、日本リーグ時代であれば、東洋工業の小城得達選手であります。ア式蹴球(association football)ですね。

で、お散歩中によく遭遇する路上のスイーパーは、黒いカラスさんであります。

カラスさんは何処にでも沢山いらっしゃるが、けっこう路上で何かをついばんで御座る。

何をついばんでおられるかよくわからんこともありますが、よくわかることもある。 

 

交通量の多い2車線道路の路側帯側に20羽ほどのカラスさんが群れを成して何かを喰らっている。

車が通ると、みんなサッと舞上がられるので、そこをよく見ると、自動車に轢かれた(若しくは、撥ねられた)と思(おぼ)しき小動物の死骸があります。

普通は犬や猫が多いですが、これはちょっと違うような・・・。

鼬(イタチ)かな? 狸(タヌキ)かな? 栗鼠(リス)かな? 大土竜(おおもぐら)かな? 土鋸(ツチノコ)かな? 微天馬(ミニペガサス)かな? やはり狗(イヌ)かな?

路上は大変に危のお御座ります。

ときどき、鳥の死骸も見ます。

これは必ずしも路上にいて轢かれたものではなく、低空飛行して衝突したものが多いと考えられます。

道路は大変危険なので、ハイエナなどの陸上動物が路上の死骸に群がる姿を見ることはありません。

鳥類でも、ハゲタカを見ることはありません。

彼らは、臆病というか、慎重なのですね。

そこいくと、矢張り、勇気ある公道スイーパーはカラスさんです。

生命を賭して、交通量激しい路上に舞い降りる。

交通事故死した動物の死骸は、交通の妨げにならない限り、市の衛生局や、道路管理者(国道事務所、県や市の道路課)、警察はこれを放置します。手が回らないのです。

放置された死骸は、何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も、往来する膨大な数の大小の自動車に轢かれて踏まれて、ズタズタになってボロボロになって、やがてゴミと化して、やがて跡形も無くなります。

これは、風葬ならぬ道葬と呼ばれ、一つの葬り方かもしれませんが、私にはちょっと酷い葬送法に思えます。

それからすれば、カラスの鳥葬が、まだましかもしれません。

いや、地球のダイナミクス食物連鎖が全うに機能しているとさえ言えます。

決して無駄死にとならず、命を繋ぎます。

 

以前、構内でカラスが通行人を襲うという通報を受け、退社する社員の往来が増える夕刻の時間帯に、襲撃頻発地帯に立ちました。

すると、私が警戒している10mほどの近傍で、カラスが女学生を襲いました。

駆け寄った時は、女学生は路上に倒れ、カラスは既に飛翔していました。

幸い、ヘアスタイルが乱れたのと精神的ショックを受けたものの、外傷はありませんでした。

彼ら、頭、黒髪を狙って急降下しているようです。

付近を立ち入り禁止にして、彼らが潜む木々を点検すると、カラスの巣があって、雛がいました。

雛を護るために攻撃的になって、近くを通る人々を襲っていたようです。

決して致命的な一撃を加えるでもなく、毛髪を掠めるような攻撃。

けが人は、驚いて倒れた時に負傷しているのが大半。

これは、手練(てだれ)の部下がカラスの巣を、人のくることの無い場所に移して一件落着いたしました。

手管(てくだ)の部下によれば、鳥獣保護法により、私たちは、いくら攻撃されても身を守るだけで、決してカラスに手を出すことは出来ないらしいのです。

ハゲタカが襲ってきても、背中の青龍刀を抜いて応戦したら、両断せずとも手を出しただけで逮捕され、前科が付くらしいのです。

それは困る。

事の時は、法を犯してまでの全面戦争にならなくて、ホッといたしました。

まあ、なんとは言っても、カラスさんは、基本的に決して敵ではないと思っていますし。

 

お散歩中は、カラスさんを始め、カササギさんや雀さんなど、鳥さんたちと遭遇すると、心の中で、「おはようっ!」とか、「こんにちにはっ!」とかご挨拶しているのですよ。

声に出すと変質者と思われるので控えているのです。

ちなみに、白鷺(しらさぎ)は水辺にいて、なかなか路上では見(まみ)えません。

ちなみに、公魚(わかさぎ)は水中にいて、決して路上では見(まみ)えません。

ちなみに、鵲(かささぎ)にはよく見(まみ)えますが、なかなか愛らしい鳥です。

  

きょうのお散歩は、北ルートで、

36.5km、約1600Kcal也。

うむ。タイムは書けん・・・。

で、土日の合計は、75km、3300Kcal也。


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

なんとなく野球が遠くなる・・・ [妄言妄語]

土曜日は、お昼からホークスのリーグ優勝パレードがありました。

在福ローカル局は共同で中継放送をしました。

どうも気合が入らない。

日本シリーズに出れなかったし・・・。

奇跡的大逆転のリーグ優勝だったのに、残念。

 

それから、午後は、福岡マラソンと言いつつハーフマラソンの放送がありました。

凄いですね、スタート時の先頭と最後尾では、走り出しが10分以上も違うなんて。

タイム順に並んでいるので混乱が避けられますが、虚偽の申請でもされると、あの押しくら饅頭状態が速度差で大混乱してしまいます。

見たところ、皆整然とした編隊走行をされていたので、よくできたスタート順だったと思われます。

コース取りが大変コンパクトになっていて、都市機能の麻痺が最低限に抑えられていたのはさすがです。

でも、ちょっとダイナミックさに欠けた感じも否めません。

 

あたくしは、ちょこちょこっと、午前中にお散歩♪

38.5kmの約1700Kcal也。タイムは書けん[たらーっ(汗)]

 

風がないせいか、歩道の落葉が木々の彩りどおりになっていて、黄色から赤へ鮮やかなグラデーションうを成しています。

うぉーキレイ、と思いながら厚い落葉層の上を走っていたら、ちょっと滑りました。

バナナの皮には注意するのに、落葉に気を抜くのは注意力の欠如です。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

古賀政男先生と大川栄策さん♪ [テレビ]

昨夜20時過ぎ、いつものように会社の食堂で夕食を摂ったのぢゃった。

大型テレビの真ん前に陣取り、牛丼を待つ。

テレビでは、NHK歌謡コンサート「特集・古賀政男名曲選」が流れておった。

古賀政男しぇんしぇい、郷土の偉人ですたい。

北原白秋さんは高校の先輩であるが、地元では古賀しぇんしぇいが親しまれておったりするわけです。

古賀しぇんしぇいと言えば、そらぁあなた、大川栄策さんでしょもん。

大川栄策さんは中学の先輩ですたい。

大川栄策さんは、なんちゅーても、あの声が大いなる魅力ですのもかんも。

あの裏返りそうなキレのある奥深い歌声。

できれば全曲大川栄策さんに歌ってほしかった。

否、人生劇場は村田英雄せんせいでしょうな、もちろん。

村田先生は佐賀は唐津の出でござったもんな。

村田先生の、あのちょっと鼻がつまったかのような、しかし、深く厚く迫力ある歌声も堪えられません堪りません。

結局食堂では、小林幸子さんと、島津亜矢さんと、鶴岡雅義と東京ロマンチカさんだけしか聴けませんでした(仕事があるのです。)。

そして、古賀メロディーは男性歌手が向いていると、しみじみ思いました。

大川栄策さんの歌は秀逸ですが、鶴岡雅義と東京ロマンチカさんの歌声も味わい深い素晴らしいものです。好きです。

昔隆盛の歌い手さんは心があったですなぁ。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

窮鳥懐に入れば・・・ [暮らし]

今日は朝の8時から会議。

なんで私が、こんな重要な会議の、陪席ではなく正規メンバーなのか理解に苦しむ。

課長如きで正席に着くは唯独り我のみ。

であって、かつ会議担当という怪奇さ。

 

さて、そういうことで、4時半に起きて、腹筋を済ませ、ラン出勤で7時過ぎに職場着。

準備を済ませ、暗い会場階に上がると、闇に蠢く妖しい影。

部長でした。

わし:「ど、どぎゃんなさったとですか?」

ぶちょ:「いずくより来たりしものぞ、鳥の迷い込みし也。」

わし:「へぎ?」

ぶちょ:「捕らえよ。捕らえたる後にぞ解き放て。」

わし:「ふぉご!」

ほとんど真っ暗な廊下を、小鳥を追って右往左往♪

実は、暗くて見えてはいなくて、ただ部長や部下の、あっち、とか、こっち、とか、そこそこ、とかいった声に踊らされているだけ。

小鳥の動きが素早くて、この老体付いてはゆけぬ。

しかし、ついに我が眼(まなこ)で捉えたる仄かな陰影。

しかとは見えねども、怯え慄く、愛らしくも儚き小鳥の姿に違いなく。

 

わしは、右ポケットからハンカチを取り出し、宙に投げる。

ヒラヒラとハンカチは落ちて小鳥を覆い隠す。

ハンカチでそっと小鳥を包む。

握り潰すことのないよう、柔らかく緩く。

小鳥は、もがき暴れもせず、それどころか死んだかの如く、ぴくりとも動かず。

傷付いていたのか?

ハンカチに驚きショック死したか?

ハンカチで窒息死したか?

いや、掌の中には生命を感じる。

1階で解き放とうと階段を降りかけるが、会議が始まると部長に制止される。

覚悟を決めて、3階の廊下の窓から解き放つことにする。

落ちらば許せ、とばかりにハンカチを開くと、

アラ不思議!

小鳥は元気よく羽ばたき、青空に飛び去ってゆきました。

祝着至極のめでたし也。

窮鳥懐に入れば猟師も殺さず、と巷に言ふが、

漁師殺さずと見れば、窮鳥懐に入るの心也。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大学祭♪ [地域情報]

今日は日曜日♪

お昼からシンポジウムを聴きに行く(参加するとは言えない。)ので、其の前にお散歩を済ませるべく、今朝は4時に起床いたしました。

やはり、休日特異で、ちょっと準備運動に時間をかけたのもものかは、6時25分に出発。

南方、すなわち海側に向かいます。目的地は空港です。

単純に行くと、往還全行程25kmにしかならないので、少しく、入り組んだ往き方を取りました。

ちなみに、還路は単純に帰ります。

今日も今日とて、空港に近づくと、物凄く煙って見えます。

周りは一面田んぼなので、稲刈り後の野焼きでもやっているのかと思いましたが、空港の近くでは野焼きはいたしません。

やはり黄砂のようです。

往きは複雑に走ったのに1時間チョイでしたが、還りは単純な路なのに1時間半かかりました。

往きと還りは同じ路ではないので、ちょっと距離は違うのかもしれませんが、やはり、帰りは足裏とアキレス腱の痛みによる、あるいは大腿筋の疲労痛によるペースダウンによる違いが大きいようです。

10時に帰りつくと、早めの昼食です。

カロリーメイトポテト味2本と、セブンイレブンのくじ引きで当たった「マルちゃんのキツネうどん」並びに「スープおこげ」を美味しくいただき、シャワー、ではなく、今日は入浴いたします。

ちょっとカジュアル目のスラックスとジャケット、大き目の白のカッターシャツに300円の紺のネクタイ(安物のネクタイはカジュアルっぽく見えるのです。)でばっちり決めて、自宅前の停留所からバス乗車。

大学前で降車。

若い女性も沢山降車します。

そう、学園祭なのです。

正門入って早々に大変に盛り上がっております。

実は母校です。50年前に卒業♪

賑わいを切り抜けて、左手の棟に入ります。

中も大変賑わっておりますが、其れを抜けて受付のある部屋の前へ。

そう、ここで今日はシンポジウムなのです♪

高校の同級生が担当(並びに進行)なので、友情聴講です(桜?[たらーっ(汗)])。

受付付近で、かつての上司(直属ではない。)に会いました。

おっちゃん:「痩せたにゃあ、病気か?」

わし:「いえ、ちょっと走っておりまして・・・。」

おっちゃん:「人に言われん悩みがあるんなら、ゆーちこい♪」

わし:「はい、ありがとうございます。」(走っているから痩せたと言っておるでしょうが[ちっ(怒った顔)][たらーっ(汗)]

ちなこって、会場内へ。

かつての部下に会いました(直属です。)。

にいちゃん:「あらぁ、ドブ課長、やつれて、わからんやったですよ。どげんしたとですか?」

わし:「最近走って通勤しててね。今日も昼前には空港往復してきたんだよ。」

にいちゃん:「養生してはよ治さんといかんですね。」

わし:「ああ・・・、ありがと・・・・。」(走っているから痩せたと言うとるだろーが[ちっ(怒った顔)][たらーっ(汗)]

学長先生の開講ご挨拶、続いて〇〇省の偉い方が基調講演なされてシンポは始まりました。

〇〇省の方は、次のスケジュールが入っていて、講演後は直ちに退席されましたが、近習並びに関係者も伴に退席されました。

さて、予定時間通りに閉講となり、学園祭の喧騒を掻き分けて退構いたします。

なぜか、圧倒的に女性が多い構内です。暇なのでしょうか?

付言すれば、綺麗で、服装のセンスもよく、均整の取れた体格の女性が多いのが印象的でした(自己防衛上、男でも女でも瞬間的に視線が移動し、決して止まらないような観方しかせず、かつ二度観しないのに、よく観ている[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)])。

帰りは、バスの時間が20分ほどあったので、歩きました。そのまま自宅前を過ぎて、ドラッグストアとスーパーでお買物。

其の帰りには、スーパーで買ったバナナと自販機ポカリで路上の第二昼食。美味しかった♪

 

朝の空港往還は28km。

午後の歩きは7km。

合計35kmということに(笑)。

 

でも、これ(歩きを加えたズル)でも昨日と合わせても、71.5km・・・。

へタレと言われても反論の余地無し・・・。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国からの贈り物♪ [ウォーキング]

土曜日は5時起き。

つまり平日とだいたい同じ時間に起床するのですが、準備運動に欲が出て、お散歩の出発は、平日の出勤出発の時間より確実に遅くなるのです。

とは言うものの、30分から1時間30分のスケールでで遅れるので、これはもう準備運動の充実というには大きすぎるディレイであって、実のところお休みという気の緩み以外の何ものでもありません。

そういうわけで、出発は7時30分。

北、つまり山方面に向かいます。

なんと、20kmも離れていない背振山系がよく見えません。

5kmほど北上すると、やっとぼんやり稜線が見えてきます。

曇っているのではない。

煙っているのではない。

黄砂です。

長崎の五島は、中国大陸の汚染ガスが流れて来て空気が汚れているらしいですが、それと比べると黄砂はまだましかなと思います。

中国とは最近もいろいろありますが、遥か昔からお世話になっている国だけに、これだけ痛めつけられても憎む気持にはなり切れません。小国日本人の悲しい性でしょうか。

このまま尖閣諸島を端緒に、いずれは沖縄、九州と中国の手に落ちるのでしょうけれども、トインビー先生ではありませんが、それが歴史の流れというものなのでありましょう、きっと。

一方、北は、北海道がロシアに狙われているようですが、これはちょっと・・・・。

中国とロシアで日本は分割統治されることになるのでしょうが、ロシアの支配下に置かれるのはちょっと・・・・。

しかし、このまま日本が主権国家として独立を守り続けることができたとしても、生きる力を失くした日本は早晩滅亡しそうですので、何がよくて何が悪いのか決めにくいところではあります。

自民がつき、民主がこねし破滅(少子化と借金砂地獄)餅、喰らうのは果たして誰?

いや、中国の帝国主義的覇権により、地理的日本列島は、人が住み、人間社会が存続するかも。

レーニンが帝国主義戦争に反対した過去を克服したロシアの帝国主義的覇権は、国民が殲滅されるかどうかは定かならねども、日本列島は焦土化されそうな気がします。確たる根拠はありません。

いずれにしても、まとまりとしての民族的意味では日本は滅亡します。

日本人は、世界各地いろんなところで適当に生きていく人もいるでしょう。

ということにならないように、頑張れニッポンッ!!

政治が酷い、行政が惨い。

未来は滝壺蟻地獄?

こんな今の日本で出生率が上がりませうか?

子ども手当なんて目先の人参に誤魔化されるほどに、果たして日本国民は愚民でありませうか?

襟を正し、刻苦勉励、晴耕雨読、足るを知る節約粗食の、礼節の国、日本の復活を切に望みます。

 

ご年配のご婦人は、朝のご挨拶がとっても丁寧♪

車の通りはあるが人は滅多に通らない山間のアップダウンの多い小道で、おばあちゃんというにはちょっと若い年配の散歩中であろうご婦人とすれ違いまして。

「おはようございます♪」とご挨拶したら、なんと立ち止まって、きちんとお辞儀をしてご挨拶いただきました。ちょっとビックリいたしました[ドコモポイント][exclamation]

立ち止まってご挨拶いただいたのは、お散歩ラン史上初めてなのであります。

まあ、私がご挨拶する時は、とびっきりの笑顔です[わーい(嬉しい顔)]

しかも、とっても可愛いし[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]

誠心誠意、すれ違う縁の歓迎と親愛の意を込めてご挨拶いたしますので、虚心坦懐純粋に歩かれている方には私の気持がきっと通じるのでございませう☆

ちなみに、誤解されるて警察に通報されると怖いので、若いご婦人にはご挨拶しないで、完全無視を厳守いたします。

  

土曜日のお散歩は、思ったほど距離は伸びず、36.5km。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小春日和のお散歩♪ [散歩]

土曜日は、普通にお散歩ラン。

朝7時30分出発で、マンションのエレベータ内で乗り合わせた女性二人から、半袖ポロシャツ1枚の私に、寒くないですか? と。

今日は暑くなりますよ、とお応えしたところ、賛同1、反対1♪

よい天気の朝は寒いけど、風もなく、すぐに汗ばむのです。

遠回り蓮池公園、大川中央公園、昇開橋公園、早津江、本庄コースで、37km強。

 

日曜日は、お仕事に行かねば、月曜日が大変[あせあせ(飛び散る汗)]

朝7時出発の出勤ランで、東回りの遠回りコース。

きょうも好天、沢山のバルーンがだんだん近づいてきます。

北へ向かいます。

やっぱりバルーンが近づいてきます。

今回は、田んぼの真ん中の一本道を避けて、木々や家々を縫うように、細かな道を辞具座具に走りました。

でも、いずれは一本道に出てしまうのです。

でも、そんな裏道を走ったお蔭で、十数年前にお散歩していた懐かしい道を通りました。

なんか、過去に戻ったみたいで、ジーンとしましたね。

今が不幸せで、昔が幸せだったということでもないと思いますが。

今は独居という意味では、世間的には不幸せなのでしょうが。

私は、そんな意味ではなく、ただ過去の自分を見たような懐かしさだけだったように思います。

2時間かけて20kmを走った出勤であります(笑)。

何人か出勤していました。

打ち合わせしたかった人が出勤していて丁度よかった♪

16時半には退庁しました。

退社ランもちょっとだけ遠回り。

暗くなる前に帰宅したかったので、ちょっとだけ。

帰りは12kmでしたので、きょうの通勤32km也。

  

土日の二日で69kmと。

やっぱ二日で70kmはいかないと、なかなか本当のお散歩とはゆえんのですな。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バルーンフェスタの期間に学会開催 [地域情報]

11月3日から11月7日まで、恒例のインターナショナルバルーンフェスタが開催されておりますが、この期間に合わせてなのか、昨日と本日、市内で学会が開催されております。

学会参加者でバルーンに興味のある方にとっては好都合かと思いますが、そうでない方にとっては、ホテルが満室であったり、激しい交通渋滞があったりと、必ずしもよいことばかりでもないのかなと思います。

その学会の運営にボランティアで携わってまいりました。

大学への協力業務なので、会社としては業務扱いになります。

学会は幾つも分科会があり、沢山の会場に分かれます。

私は、数年前に、近代日本を代表する歌演系表現藝術家 倉木麻衣歌手が歌演會を開催なされた会場の担当となりました。

演目に応じて、テーブルを出したり引っ込めたり、講師名やシンポジストの名垂れをテーブルに貼り付けたり、発表形式に応じて照明を調整したりが会場係の主な業務です。

歌演會と違って、演者の先生は客席(左脇最前列)から登壇し、また客席に戻られるので、楽屋から舞台裏への通路はスタッフ以外通りません。

舞台上から、嗚呼、数年前、私はあの辺の席(前から6列目)で跳んだり居眠りしたりしていたんだなあ、と軽い感慨を覚えました。

10列までくらいは、とても近く見えますね。

1800人くらいの会場だから、2階席奥でもはっきりと見えます(私が老眼だからかもしれません。)。

お昼は、まんえい堂の豪華で重厚なスタッフお弁当をいただき、初日終演後は、パーティにも無料で参加させていただき、美味しい料理をたっぷりと摂食させていただきました。

いつもと違って、滅多に着ない本物のスーツを着てネクタイもきつく締めて(いつもは、ラン出勤後、スーツではなく、ジャケットとスラックスに着替え、ネクタイは苦しくないくらいに軽めに締めます。)、それで朝から晩まで会場貼り付けだったので、肩が懲りました。

行き帰りも、ランではなく車を使ったので、運動もしていません。

気は使ったが、体は休めたということになります。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

床屋さんにて倉木歌手を語る♪ [暮らし]

お休みだったので、お昼過ぎに床屋さんに行きました。

床山美容師さんが、最近ライブ(歌唱演藝會のこと)のほうはいかがですか・どうですか、とお訊ねになります。

床山美容師さんは、クリスマス頃に東京で催行されるライブに行きたかったけど、諸般の事情により諦めたということでありました。

要は、チケット予約権は得たけど、期限までに振り込むのを忘れた、と[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]

東京ということになると、仕事のことや飛行機の予約のことお金のことなどがあって、なかなか簡単にはいきません。

迷っているうちに期限が過ぎてしまっていたということのようです。

あたくしも、諸般の事情により一昨年の大晦日以来、二年間ライブには行っておりませんし、今後も行けないこと、行けるかも知れなかったCDLは手違いにより断念したことなどをお話いたしました。

市内で催行されれば行くと思うのですがね、と。

福岡では催行されないのですか? と訊かれ、

福岡で一回催行なされますが、会議等が集中する月曜日であるため行けないことをお話すると、

床屋さん業界では、月曜日は割りと都合がよろしいようです。

 

床山美容師さんの行きたかったライブの入金期限は10月30日(土)だったとこと。

奇遇ですね、倉木麻衣さんのカウントダウンライブの申し込み(振込み)期限も、どうやら10月30日(土)がであったようです。

それで、あたくしも期限を過ぎてしまったようです、と[ドコモポイント][たらーっ(汗)]

はははははは [わーい(嬉しい顔)] [ドコモポイント] [手(パー)] と、サザエさんのやうに愉快なあたくしたちです☆ 

 

蓮池公園→湖人生家→吉野ヶ里歴史公園→交通機動隊のコースを取った 午前中のお散歩は、涼しくて快調に思えましたが、地図計測距離は37kmでした。

涼しくなって、給水休憩は減りましたが、排水休憩は増えてしまって、4時間半もかかってしまったのです。

痴老の冷や水であります。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感