So-net無料ブログ作成
検索選択

夏が頑張る☆ [地域情報]

9月27日(日) 秋晴れの好いお天気のお散歩(10:16発)22.07km

きょうは、朝シャンならぬ朝サン(散髪)をしましたので、やっぱり出発が遅れました。

きょうは、海抜139m地点を通りました。

標高差120mを1.1kmで上るので、汗をかきます。

でも、その後の下りを力任せに駆け下りないようにセーブしないと、筋肉や足裏がガタガタになって後半に大きく影響するので、気を付けないといけません。

でも、下りの速度を抑えると、筋肉はとてもダメージを受けます。

どっちにしても、急な下り坂は要注意です。

きょうは、秋ですが昨日と同様にとても暑くて、まるで、夏が最後の力を振り絞って私たちにリゾート気分をプレゼントしているかのよう。

ということで、今日も、ボトム丈の短いお嬢さんを沢山お見かけしました。

一方、老爺の私は年中踝(くるぶし)が隠れる丈のジーンズを着用してジョグウォクっています。

ここでふと気付きましたが、そんな格好でも、ここ長崎では、ジーンズが汗でビショビショになったことはありません。

佐賀や沖縄では、カンカン照りの日に、ジーンズが本当に絞れるくらい汗で濡れていました。

職場で着替えてジーンズを吊るすと、汗が滴り、床に水溜まりができるほどでした。

沖縄は兎も角、長崎は佐賀より涼しいようです。少し南なのに。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

下り坂はきつい・・・ [ウォーキング]

9月26日(土) 好いお天気、気持いいお散歩(10:41発)22.33km

目覚土とか、虹色ジーンとか、旅サラダとか、土曜朝のテレビを愉しんでいると、出発はこんな時間になってしまうのです。

土曜のテレビと言えば、先週、「三匹のおっさん2 ~正義の味方、ふたたび!!~ 第8話」を録画するのを忘れてしまいました。

この日は、土曜日だけどイベントのお仕事に出掛けたので、頭の中が土曜日モードになっていなかったのが敗因のようです。

なんと、最終回だったのにっ!!

残念です・・・。

閑話休題。

出かけるのが遅くなった分、腹筋をいつもより沢山やりました。

このところ、平日は、ほぼ普通の腹筋400回、半身(上半身 or 下半身)横揺らし100回、裏側(背筋 or 大殿筋・ハム)40回、変則腹筋90回という感じ。

そして、土日は、お散歩することを言い訳に、ほぼ普通の腹筋200回というのが現状であります。

きょうは、だらだらしたテレビ鑑賞の傍ら、土日としては多めの、概ね上記平日の倍の運動をやりました。

外出してみると、好天に呼応して、ぽかぽか陽気でありました。

薄手の半袖1枚にしていて正解でした(それでも汗びっしょり)。

社宅は(結構大規模な団地です。)標高がほぼ100mの辺りにありますが、出口のルートは2箇所しかなく、一回は海抜20m未満の地点を通ります。

きょうは、港にまず向かい、そこから今度は丘を超えます。

これはなかなかきついのですが、標高は、0mから60mに上るだけで、大した標高差ではありません。

1km足らずの距離で60m駆け上がるためにきつく感じるのですね。

そこからまた海抜1mまで下ると、あとはゴールの海抜約100mの社宅に上るまではほぼ平坦に感じるのですが、地図で確認すると、途中で海抜70m地点を通っています。

しかし、この約70mの標高差も3kmくらいの距離で上って来るので、あまり苦しく感じないのですね。

ラストの、ゴールまでの1.2km標高差80mは、歩道の路面は荒れており、歩くのも走るのも厳しい区間です。

荷物があるときは歩くのですが、(荷物のせいもありますが)筋肉に関しては歩くほうがきつい時もあります。

しかしまあ、筋肉、膝関節が本当に根を上げるのは、急な下り坂です。

関節に関しては、緩い上り坂が一番好きです。


コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

小泉元総理大臣の弔辞 [テレビ]

塩川正十郎さん葬儀での小泉元総理大臣の弔辞、報道ステーションの字幕テロップで、「大きく問題になる」と出ましたが、私には、「尾を引く問題になる」と聞こえました。

翌日、ネットで確認すると、他のメディアでも、『あるとき、(国会で)野党質問者が塩川財務大臣の官房長官時代にこういうことがあったと発言していた新聞記事をもとに「問題発言だ」と追及してきました。私はそのとき内心「まずいことになったな。これは大きく問題になるのではないか」と心配していました。』と記載されておりました。

皆さんがそう聞くのであればそうかもしれませんが、「大きく問題になる。」は、語感、用法として違和感が残ります。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋のリハビリ進行中♪ [暮らし]

傷めた右膝の療養のため、強めの筋トレを一時自粛して、先週一週間は夕食後50分のウォーキングに徹し、土曜日はジョグウォクは完全休養(仕事だったためですが)、日曜日も急勾配を避けた短めのジョグ・ランに留めました。

そして、連休中央の月曜日(敬老の日)も完全休養(実家に日帰り帰省したためですが)。

      

昨日、平成27年9月22日(火・国民の休日)は、急勾配を含ませた短めのジョグウォク(走歩比、98:2くらい)で、14.30km。

靴は厚底の柔らかい靴でしたが、足裏も膝も傷めずに終えることができました。攣ることもありませんでした。

距離が短いので、当然と言えば当然です。

お天気が好く、空気も清々しい、爽やかな日でした。

  

本日、平成27年9月23日(水・秋分の日)は、朝から、また頭痛に襲われました。

朝から、と言うより、目覚める前から頭痛でした。

いろんな刺激がない、心身ともに静寂な状態だと、ちょっとした異常に過敏に気付いてしまいます。

腹筋でも激しくやっていると頭痛を忘れてしまうことがあります。それならOK[わーい(嬉しい顔)]

でも、運動をやるほどに頭痛が激しくなることがあります。これはノーグッド[ふらふら]

本日は、日曜日と同様、頭痛を紛らわすことができたので、ジョグウォキングにでかけました。

社宅を出たときは薄曇りで、少しは陽光もあったのですが、次第に空は雲に覆われ、後半には、軽くポツポツときました。

今日は、膝を傷める前の通常のコースを取ってみました。

敢えて中途半端な 20.17km

右膝、右足裏に多少痛みはありましたが、よくある程度の(我慢できる程度の)痛みでした。

脚筋の鍛錬は暫し自粛しているので、腹筋、背筋運動の多様性を楽しんでいます。

伸び縮み、捻り捏ねり回し、など。

しかし、ですな。

無酸素筋トレしないで、こんなことばかりやっていると、女性的な体型になってしまう危険性がある。

こういう怖さを意識しながら、それでもやる意味があるのか?

というのが三日坊主の言い訳になるでしょうか?

ならんか。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お彼岸の 日帰り帰省♪ [暮らし]

お彼岸に入りましたので、本日9月21日(月・祝)、日帰り帰省してまいりました。

本来ならば墓参いたすべきところでありますが、諸般の事情により仏壇に線香をあげ掌を合わせるに留めさせていただきました。

実際のところは、年に1,2回、顔を出して互いの無事を確かめ合うという意趣もございまして、それは達成されたわけでございます。

朝9時に出ました。11時前には楽々着く筈でした。

今日は手土産を持参しよう、友人分も実家に預けて渡してもらおう(時々実家にトラクター等で来て、色々やって呉れて居るやうで)と。手土産は、昨日買わなかったので、今日、高速のSAで買おう、と。

先ず、大村湾PAに立ち寄ると、車が多い。

駐車スペースが無い。

暫し待って、やうやうに停めて、店内に入ると、元旦の太宰府天満宮のやうな人込み。

立錐の余地もないSAお土産屋!

それも、道路始点から上り一個目のSA.

店内で聞こえる声は日本語ではなかった。

大勢のお客さんが、沢山の商品を手にレジを目指す態。

戦意喪失。

この地で私に買い物ができる筈が無い。

早期の作戦変更。

トイレにも行かず早々に退散し、次の戦地を目指す。

川登SAです。

急いで駆け付けたので、ここはまだ大村湾ほどの混雑はなく、少しは並んで待ちましたが、ほどなく土産物を獲得!

びわゼリーです。

これなら、SAで買ったとしても許される筈♪

さて、高速が混むので、武雄北方ICで降りました。

そして、知っている筈なのに、何故かここでも逆方向、つまり、長崎方向に向けて走ってしまいました。

かつて、日帰り鹿児島ドライブでは、市来に向かっているつもりで枕崎に向かったり、日帰り山陰ドライブでは、太田に向かっているつもりで出雲に向かっていたのでした。

いずれも、海が反対側にあったので気付きました。

今日は、JR軌道が反対側にあるのと、影が逆っぽいので疑問を持ちました。気が付くから偉いっ!と言ってよいのか、そもそも何で間違えるかと呆れるべきか。

そして、牛津から諸冨までの道程が、私の記憶ではとても短いショートカットルートとして記憶されていたのですが、それは、20数年の歳月が仕組んだ記憶の幻惑。

実際久々に走ってみると、ああ、あの分岐点に至るにはこういう行程もあったなぁ、と言うところが多々あり、実際は記憶の3倍くらいの距離がありました。

さらにまた、下道(したみち)も高速と変わらぬ程度に混んでおり、結局、相当に時間がかかり、到着は予定より30分以上遅れてしまいました。

実家に着いて暫くして落ち着いてみると、過去、所々で顔を出していた野性的で精悍な猫の姿が見えません。

訊いてみると、流行(はや)り病で呆気(あっけ)無く逝ってしまったとのこと。

病死するとは思えない態の猫でしたが、いきものの命とは実(げ)に儚(はかな)いものでございますね。

家人はさぞや悲嘆に暮れたことでありましょう。

淡々と話してはいましたが。

猫は、よく、身代わりに成って呉れると言われます。

私の生死と関わりのあることであったのでしょうか。

否、時期がずれております。

否、宇宙の裏はわかりません。

また、今日は敬老の日だったので、欠席した母の手元に本日の式典の資料等が届きました。

凄いもので、この町の最年長者は100歳を何歳か超えておられます。

そして100歳以上はお一人ではない。

90代に至っては数え切れないほどいらっしゃいます。

そういう資料を見ながら、母と、老人ホーム四方山話で盛り上がりました。

△△さんは、月〇〇万円払って入所しておられる。

お一人そんなに払って、職員の給料は※※万円で、入所者と職員の数を考えると、相当(莫大)の金額乖離があり、それはどこに行っているのでせう?

帰りは、中原交差点から諸冨橋まで大渋滞でした。

諸冨橋を渡り切ると、渋滞は終わっています。両県警所轄署の信号機合調が交通ダム効果を発揮しているのです。

県境が信号機の調整により大渋滞(移動速度を抑える)することで、両県隣接市街地の渋滞は防がれているのです。

と言いたいんですが、南向きの流れにとっては適切な信号タイミングで、北向きの流れにとっては堰き止め効果のタイミングでした。

午前は逆の渋滞が発生するのでしょう。

帰りの高速は、ほとんど混んでいませんでした。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

歩きの回復へ♪ [散歩]

既述のとおり、昨日は御用があったので、歩きのお散歩さえもいたしませんでした。

ただ、職場から講演会場まではちょっとした距離があって、坂もあるので、そこそこ歩いた勘定にはなります。

さて、きょうは、お天気は良かったのですが、久々の重い頭痛で午前中は動きが取れませんでした。

ま、脳血管障害のような痛みです、経験はありませんが。

脳梗塞なのか、脳出血なのか。

まるで逆のことのようですが、私の体内には深部静脈血栓が在るので、脳に飛べば詰まって脳血栓。

多量の抗血液凝固剤を服用しているので、出血しやすく止まりにくくなっており、脳で起これば脳出血。

ただ、クモ膜下出血ではないように思います。

勘です。

濃い珈琲(キリマン)を2杯淹れて飲んで、その途中では、缶珈琲(BOSS BLACK)も1杯飲んでいて、軽い腹筋をじわじわやって血行をよくして、首筋をほぐして、徐々に頭痛を緩和して、16時頃、軽いお散歩に出発。

さて、2週間振り、久々のジョグ(非歩き)なので、膝がちょっと不安。

案の定、というタイミングで、始めの下りで右膝内側が割れ始めました(という感覚)。

そこで、意識して、足と股関節・臀部に負荷をかけ、膝の負担を軽減させるとともに、ピッチを緩めました。

それで、なんとか耐えられるレベルの痛みに軽減。

出発前は5、6kmに留めるつもりだったのですが、ゆっくりだと意外に大丈夫なので、少し予定より長くなりました。

それでも、9月20日(日)13.09km と、極短(笑)

でも、このくらいの距離をきちんと走り、疲れを残さないことも大切です。

発病前は、毎日通勤で17km走り、土日には20km~30km走り、という暮らしでしたが、これは、高齢でかつ日々の仕事もあんまり楽ではない私にとっては、過重だったかも知れません。

いや、

そうでもなかったなぁ・・・。

やはり、発病後は、二つの疾患の病状と複数の治療薬の副作用もあって、衰弱しているのでしょうね。

これからは、身の丈にあったレベルで愉しみましょう♪


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピーコさんのご講演「片目を失って見えてきたもの」 頭髪のこと♪ [地域情報]

昨日、ファション評論家でシャンソン歌手の ピーコさん の講演を聴講してきました。

県と大学の共催の講演会ですので、入場料無料です。

会場は、10年前に 倉木麻衣 さんが ライブ(Mai Kuraki Live Tour 2005 LIKE A FUSE OF LOVEを催行なさり、私も当時の居地 山口は宇部 から駆け付けた ブリックホール でございます。

あのライブからもう10年、感慨深いものがあります(宇部への帰り道は、寂しかった・・・。)。

今の私は、諸般の事情により心ならずも、先週のシンフォニックライブの参加が叶わず、また、10月28日のファンクラブイベント(バースデーライブ)の申し込みも「うっかり」間に合わず、でありました。

      

そのような状況ですが、今回、近所で ピーコさんの講演が行われたので、お散歩がてらに行ってまいりました。

会場に到着されて楽屋に向かわれる途中、と、楽屋から講演会場控室に向かわれるところに、偶然遭遇いたしました。

後で、御年70歳とお聞きしてビックリしましたが、近くで見ると、どう見ても50代にしか見えません(後で、会場で、座長の先生もそのようなご感想を表明されていました。)。

スタイルがいいというか、テレビで拝見するより、スリム、適度にほっそりされているのも意外でした。

いずれも、真剣なご表情をなされていたので、通り過ぎられるまで、黙して深々とお辞儀をしたままでおりました。

芸能人と言うより、文化人ですので、こういう対応が適切と思ったのです。一階席は予約席ですので、当日入場の私は2階席に行きました。

上から見ると、1階席は満席。

2階席は、3分の2強の入りですが、中途を空けたりされているので、座れる席で言うと、満席に近い状態でしたので、立ち見(聴)の方もいらっしゃいました。

1階席の座席数分だけで先着順で予約を締め切り、当日客は、これも先着順により1階の欠席座席、次いで2階席と言うことであったようです。

つまり2階席は全部当日客です。

講演内容は、基本的には全部が漏出禁止でありましょうが(県・大学)、ご本人が、「これは無しネ[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]」とコメントされた部分のみがオフレコと理解 ♪

さて、その中で、ピーコさんが左目を摘出なさった後、大変落ち込まれたというお話。

一時は、死 すらも意識なさったとか。

その理由は、片目を無くしたことではなく、再発防止のため(と、当時は信じられ、現在はその効果はないと判明した)術後の抗がん剤治療(化学療法)による  脱毛 であったそうです。

私も、ガンではないが、今夏やっと指定を受けた特定疾患(指定難病)で、脱毛がありました。

最初は別疾患の対症薬ワーファリンの副作用と思っていましたが、その後の他の強烈な諸症状で瀕死となり、即入院、3週間後、三途の川の手前で病気の正体らしきものが見えてきて、峠を越えたというか、河原から引き返すことができましたが。

そう、脱毛は副作用ではなく、当症候群の主症状でありました。

入院前の期間は、髪が抜ける、抜ける。

まず、側頭部がスカスカになる。

そこから徐々に前頭部へ。

芸人の小杉さんのようになったわけです。

長いと余計に見苦しく思い、とうとう丸坊主にしたわけです。

大腸出血のほか、両手両足の爪も落ち、味も超絶的に変になり、これらは全て生活に重大な支障を来しますが、生活には何の支障も来さない脱毛は、精神的には同等の衝撃と落胆を生じます。

爪(形状が変ですが)とともに髪も生えた今でも、不安感は残り、髪はいまだ丸坊主です。

ピーコさんがその精神状態から復活されたきっかけは、毛髪が生え始めたことだそうです。

今はとてもふさふさとした見事な御髪をなさっておられます。

ピーコさんのお話し、全く身につまされるものがありました。

当然、これはご講演の主旨ではありませんので、念のため申し添えます。

さて、私事ですが、発症から入院中、ヒゲも生えず、髭剃りが不要でした。

ステロイド剤が奏功し、爪と髪が生え始め、大腸の出血が軽快するとともに、ヒゲも生えて、1週間に1回、2~3日に1回と髭剃りもやるようになったわけです。

以前は、手の甲などの体毛は余り好きではなかったのですが、この頃は、手の甲の毛が太く濃ゆく長くなるのが嬉しかった思いがあります。

そういうことで、新しい電気髭剃りが欲しいのですが、高いです。

4万8千円とは何事かっ!!!


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

歩きへの回帰 [散歩]

上り坂ダッシュのやり過ぎ(まずかったのは回数なのか、傾斜なのか?)で膝を傷め、ジョギング程度の衝撃にも耐えられなくなったので、最近、歩きのお散歩に変えました。

もともと、歩きのお散歩だったのが、ちょっと駆けてみたくなってジョグウォクになっていたので、歩きに変える、というのは、いわば回帰なのです。

しかも、病気以来、土日休日しか歩いてなかった(走ってなかった)ものを、短時間でも毎日歩く、という初心にも戻りました。

一時間も歩く時間は取れないので、30分~50分程度です。

テレビで、一日10000歩、そのうちの30分以上が中~強の運動、を推奨していました。

これで、いろんな病気の発生率を激減させるらしいのです。

夜のお散歩で、7000歩、半分は上りを速足なので、通勤や仕事中の動きをプラスすれば、歩数も中強運動の時間もほぼ達成できていそうです。

3年前は、平日は通勤だけで毎日上り下りで17km2時間の運動をしていましたが、今さらそれを言ってもしようがありません。

今は、毎日、疲れない運動をやっていると割り切り、再度健康体を目指しましょう。

ところで、「たった4分で腹筋100回分!?腹筋エクササイズ コアビーンズ」という宣伝メッセージが届きました。

4分あれば、腹筋は少なくとも200回は行けそうですが、このキャッチコピーの狙いは如何に?


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

膝のリハビリ中♪ [その他]

9月12日(土) 右膝を傷めた状態でのお散歩(10:10発)10.94km

距離を控えて膝の回復に専念したわけです。

それでは回復しませんでした。

9月13日(日) 歩き主体の本当のお散歩(10:10発)12.73km

とても清々しく爽やかな晴天でした。

ジョグを控えて膝の回復に専念したわけです。

走らないので、その分、急坂を選びました。

歩きの上りは、膝関節に衝撃を与えず、筋肉には強い負荷をかけられます。

おかげで、だいぶん回復したように思います。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

社宅のお仕事 [暮らし]

9月5日(土) お散歩ではない(11:40発)10.45km

きょうは、社宅の排水管洗浄デイ。

各戸占有部分(各戸室内に入って薬液洗浄、物理洗浄)と、共通部分の洗浄があります。

共通部分は、いつでもできて、結構容易いのですが、各戸の室内部分が大変なのです。

各戸の居住者が居て、立ち会わないといけません。

それと、今年は何故か空室の洗浄もやるということで(退去時に会社が室内と合わせ全面清掃、洗浄するので、不要だと私は反対したのですが、いつの間にか全部やると決まっていました。無駄な作業であるとともに、その分の料金を入居者で分担負担することになります。)。

空室は居住者がおられません(当たり前)ので、会社から鍵を預かって、誰かが開閉・立ち合いをする必要があります。

棟長さんから、各班長が自班内の空室を担当するという提案があり、異議なく了承されました。

私の担当する班には空室がないので安心していましたら、今朝早くに副棟長さんがいらっしゃって、「よろしく」といって空室全4戸分の鍵を渡されました。

空室全4戸の内訳は、棟長さんの班に2戸、副棟長さんの班に2戸、私の班に0戸です。何故全部私に託されるのか、疑問かつ不満ですが、人の良い私は、不審顔ながら鍵を受け取ってしまいました。

洗浄は私の部屋からSTARTします。

居室の関係で、巧まずして偶々、第一班の班長の私が最初で、第三班の班長である棟長さんのお宅が最後になります。

非常に、都合は良いのです。

定刻の5分前に、社宅街に洗浄業者さんが来られました。

20分前に来ていただくと、空室を一戸くらい事前に処理できていたのに・・・。

私の居宅の洗浄:約12分で処理終了。

余った時間で、空室対応の相談。

空室は割り当て時間がないので、在居各戸で割り当て時間に不在の部屋があった場合に、その時間を使って行う。

したがって、今はわからない。空室をできる時に私に立ち合いを依頼する(私の部屋を訪れる)、ということでした。

なんだか、いつのまにか常駐管理人にされている。

で、暫くの後に訪鈴が鳴り、出てみると、洗浄業者さん。

15分空いたので、空室をやりたい、と。

まずは隣の副棟長さんの班の空室へ行きます。

空室は、退居時に洗浄が済んでいるので、ほぼ点検のみで終了。

15分で2戸の空室が完了しました。

あとの2室は幸いにも棟長さんの直近戸。

もし在居なれば、棟長のお部屋の次と次々のお部屋なのです。

つまり、棟長さんのお部屋が済んだら、そのまま2室に立ち会っていただければよいのです。

しかも、この棟のラスト部分なので、ここが終われば全戸終了となります。出来過ぎています。

長さんからは、各班長が自班内の空室を担当するという提案もなされていたので、この空室2戸は棟長さんに託するということで、外出中の棟長さんにメール。

そして返事も待たずに、終了の2戸の分も含め空室4戸の鍵をお手紙付きで、棟長さんのドアポケットに投入。

こうして、お昼近くの11時40分に非お散歩的なお散歩に出かけるに至ったのでありました。

前週土曜日に引き続き、今日も短時間ダッシュで、早々に切り上げることにしました。時間も遅いし。

距離が130m、標高差10mの坂を、上りダッシュ(少なくとも自分の全力)と下りウォーク。

10往復で、休憩と補水。自販機までは歩きの往復です。

10往復を2回やって、3回目の4往復を終えた時点で、右膝の痛み、右足(レッグではなくフット)の攣りがでたので、終了。

丘を降りて軽くジョギングをと思ったのですが、右膝がかなり厳しくなってきたので、すぐにUターン。

戻ってから、遅い昼食。

休憩していたら、ちょっと眠ってしまったようで、17時[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]

急いで買い物に出掛けるのです。

取り敢えず急場を凌ぐ飲食物はあるので、大したものを買うわけではなく、主目的はクリーニング店。

帰宅後にメールを確認すると、棟長さんから、残りの空室の分も含め、排水管洗浄が終了し、空室鍵も管理人さんに返却した旨のメールが届いていました。

よかったのですが、在居者の無連絡不在により3室が未実施とのこと。

共益費・自治会費の不払い宣言をされているお一方はよいとして、共益費を払われているお二方には、再度実施のご連絡をし、在室都合の確認をしたほうが良いかもしれません。

もっとも、3室とも不実施のほうが、社宅の会計担当の私としては助かるところではあります。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感