So-net無料ブログ作成
検索選択

病気療養中♪ [残念な結果]

6/ 4   10.87km

6/ 5     9.70km

6/ 9     8.58km 

6/11  11.85km 

6/12   コース忘れたが、だいたい10kmちょいくらいかと・・・。

ところで、現病悪化により、

5/26 上部消化管内視鏡検査、

6/  9  全身CT検査(造影剤)、

6/16 下部消化管内視鏡検査 を受けました。

循環器内科主治医の所見:肺血栓は小さくなり、下肢静脈は静脈瘤はあるが血栓は消失している。通常なら抗血液凝固剤服用を終了するが、別疾患現病とその対症薬剤プレドニンはいずれも血液凝固因子と見られるため、当該別疾患現病の状況とプレドニンの服用量を勘案してリクシアナ服用の継続・減量・終了を判断する必要がある。

消化器内科主治医の所見:平成26年の退院後の検査結果に比べ、胃は幾分の悪化、十二指腸は顕著な悪化、大腸は全ての部分において著しい悪化(腫瘤の大きさと数)が見られる。今後の治療として ① ステロイド剤を現在の2mg/dから30mg/dに増量する。これに伴う胃の負担増加を考慮し胃薬を処方する。② 補助的に易吸収性の経腸的成分栄養剤エレンタールを900kcal/d処方する。③ 現病状増悪(ぞうあく)とステロイドの大幅増量のため、抗血液凝固剤リクシアナ30mg/dの服用を継続する。

ということになりました。

2年前は、プレドニン30g/d服用中は入院:個室管理でマスク着用、所用により個室を出る時も時間は最短で万全の注意を払うよう管理されていました。また、消化器が滅茶苦茶で、味も無茶苦茶なため、食事は点滴を併用していたような。

お薬手帳を失くしたので正確ではありませんが、2年前は、プレドニンが10g/dとなったところで退院、5mg/dとなったところで職場復帰(更迭or分限異動?)をいたしましたので、今回の30mg/d通院・勤務継続はちょっと冒険的です(笑)。

他の副作用は安静にしていてもやってくるので入院だろうが自宅待機だろうが勤務継続だろうが関係ありませんが、感染の危険性に関しては大きな違いがあります。

仕事としては、常時不特定多数の社内外の人々が出入りする部屋に常駐して執務するほか、定期的に不潔箇所(廃棄物保管所、准汚水槽等)の巡回点検もあるので、マスクとグローブに関しては細心の注意が必要となります。

職場からは、大丈夫か?と問われますが、私にはわからないので、注意します、と答えるほかありません。


コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

水鉄砲:害獣駆除 [暮らし]

昔(14~15年前)、自宅(街中マンションの10F)に害鳥が沢山やってきてベランダに大量の糞(フン)をして、それが厚く堆積して乾燥して粉末となり各種重篤感染症の発生源として風に舞い、窓を開けられなくなって困っていた時期がありました。

追い払い策として、

先ず、「窓を勢いよく開ける」 
これは、その都度には逃げますが、直ぐまたやって来て、追い払いはできるが駆除的効果は、「×」

それから、「硝子をバンバン叩く」
これは、「開ける」と同等、若しくは一寸弱い(叩いても逃げなくなる。)。

その次、「懐中電灯で頭を照らす」
これは全く効果無し。全く気にもしない。

さらに、「レーザーポインターで目を照らす」
もし失明でもしたらどうしようと臆し乍らやってみましたが、なんと、迷惑そうな雰囲気を醸しつつも、逃げもしない。飽きたら、普通に飛んで行く。
この時、この害獣の心身の強靭さを思い知らされました。大枚600円をはたいた買い物が無駄になりました。

そこで、ついに、禁断の・・・エアガンです。

今話題の凶器(?)エアガンで射的する。

エアガンというのは、シュポシュポと人力ポンプで空気を圧縮し、その圧力で非金属の丸い玉を飛ばすおもちゃです。所謂(いわゆる)豆鉄砲です。
しかしながら、これも、最初は驚いて逃げてくれたのですが、痛くはないらしく、慣れると、当たっても驚かないし、逃げなくなりました。
この害獣の心身の強靭さをまたしても思い知らされるのです。

思い余ってマンションの住民の皆さんにご相談したところ、毒ガス、火炎放射機(ハンディガスバーナー)、投網などのご意見をいただきましたが、前者二つは鳥獣保護に違反する以前に、近隣住民にとっても危険過ぎます。

後者は、技の習得に手間暇がかかり過ぎます。

このように、有効な駆除策も講じ得ぬまま・・・。

しかし、そんなこんなの日々が続く中、お隣に、より高層のマンションが建って、棲み処(アジト)により近い其の建物に移ったのか、害獣が寄り付かなくなり、平和な日々が訪れておりました。

ところが、この居を離れ、暫く振りに戻ってみると、或る環境事情により、またまた害獣の巣窟となっていました。

大量の糞。

累々たる。

再び、害獣駆除策を講ずる必要が生じたわけです。

先日お隣さんと被害状況等の情報交換をいたしたのですが、お隣さんは1週間おきくらいにベランダに殺虫剤を噴射されているということでした。それで寄り付きが少なくなる筈、と。

呼吸器の弱い隣戸の私としては、拡散的空気汚染の可能性が高い殺虫剤噴霧には若干の恐怖を憶えましたが、そうとも言えず、「へえ、そうなんですか・・・」と言葉を濁すに留めました。

あと、さっき思いついたのですが、水鉄砲はいいかもしれません。

害獣を傷付けないし、騒音の害もない。

害獣はヒヤッとして逃げると思いますが、直ぐ乾くので実害はありません(暑い夏は涼を求めて、逆に殺到する懸念も無いではありませんが。)。

屋外階下は人が入り込めない場所なので、他人を濡らす心配もありません。

よし、今紀はこれで行こう。

柄杓で水をかけるという、より風流な手も考えられますが、命中率の問題のほか、室内を濡らしそうなので却下です。

さっそくAmazonでお買い物。

柄杓も買っとく?


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感