So-net無料ブログ作成
検索選択

「警視庁ゼロ係」と「警視庁いきものがかり」♪ [テレビ]

7月29日(土)暑いので近場のお散歩(8:35発)15.22km
 
とは言え、流石に自宅周辺周回コースでは飽きるので、多布施川遊(散)歩道コース。
舗装はされていない、凸凹で、足元を木の根が横切ったり、頭近くを木の枝が横切ったり、ある程度の注意、緊張が要求されます。
そこそこ大きい小石も落ちており、踏むと相当に痛いし、バランスも崩します。
 
マムシではないと思いますが、蛇も横切ります。
ハブはいない筈なので、上から落ちてくるものはないと思いますが、油断は禁物です。
また、対向する散歩者等があれば擦れ違うのは厳しいので、避ける必要があります。
 
すぐ横に、車の離合は難しい「狭い道」(車も人も通行できる道)もあるので、柵を越えてそちらに退避する手もあります。
およそ数百m毎に横切る普通の車道にぶつかります。
所々では、普通の車道にぶつかる手前で、径が、車道を横切るものと、車道の下をくぐるものに分かれるところもあります。
 
交差する場合は、その手前で、遊歩道は狭い道に合流します。
で、狭い車道が普通の車道の下をくぐることは有りません。
JR長崎本線や国道34号線は、歩道は狭い車道と合流せずに下をくぐります。
   
昨夜は、小泉孝太郎さん主演の「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜」(金曜日20時~ テレビ東京)。 割と面白く、欠かさず観ることにしました。
刑事ものは、陰謀物か、コメディ仕立てに限ります(?)。
小泉孝太郎さんの、仕立ては普通だが色合いが(公務員としては)尋常ではない衣装も良い。
単なる警察コメディではなくて、裏がありそうで、楽しみです☆☆☆
  
日曜夜は、渡辺篤郎さんと橋本環奈さんW主演の「警視庁いきものがかり」(日曜日21時~ フジテレビ)を楽しみにしています。
癒しと安定感のある(可愛らしいという意味です[たらーっ(汗)])橋本環奈さんの演技も素晴らしいし、渡辺篤郎さんの味のあるベテランの演技とダジャレも楽しみです。
こちらも色々と裏の事情がありそうで、単なるドタバタコメディではありません。
  
この二つ、敢えて1、2を付ける(優劣、甲乙ではなく)ならば、いきものがかりです。
俳優力として、渡辺篤郎さんと橋本環奈さんは超強力です。

コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

斉藤清六さん登場っ!!! [テレビ]

5月28日(日)重い脚(!)の午前のお散歩(9:42発)14.42km

3時半頃起きて4時半頃から脚筋系の自重筋トレをやったので、案の定、重い脚のお散歩となりました。

今日は、コンビニだけでなく大型薬局にも立ち寄ったので帰還までに2時間ほどかかってしまいました。

12時直前に帰宅して速攻(特攻?)シャワーで汗を流していたら、「前川清の笑顔まんてんタビ好キ」のオープニングの数秒を見逃してしまいました[がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

今日の旅好きのコンパニオンは、えとう窓口 さんではなく、斎藤清六 さんです。

欽ちゃんファンには懐かしい、欽ちゃんファミリーの一員で、前川清さんとは旧友・盟友とも言える方です。

前川清さんは、独特のボケで良い味を出していましたが、斉藤清六さんは強烈なる真正の天然ボケで多くのファンに愛されていました。

番組で観る限り、今も人としての本質は全然変わられていないようです。

内気なので、TV出演のオファーは断っている(「まんてんタビ好キ」の出演は、前川さんへの友情出演ですね。気心の知れた相手で、気が楽、ということでもあるでしょう。)ということでしたが、勿体無い気もします。

ご健康であるならば、時々はテレビ番組に出演していただきたいですね。

言語中枢は、最近の日本語が変な女性タレント(モデル?)と共通するものがあるようにも思えますが。

コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

TBS日曜劇場「小さな巨人」は何故面白いのか? [テレビ]

4月23日(日) 連日、爽やかな朝の気持ちの良いお散歩(6:52発)11.71km


今日は、出だしから足裏が痛かったです。


右足小指付け根辺りの肉刺(まめ:馬刺し、ではない。)も痛かったです。


そういう事情で、足裏にかかる負担を軽減する走り(歩き)を心がけた結果、大腿筋(前、後)や腓腹筋(脹脛)が疲れました。


しかし、今日も、特に攣る箇所も無く帰還できました。


帰宅後は「六人の超音波科学者」を読み進め、お昼は、前川清さんの「まんてんタビ好き」を視て、北朝鮮情報を視て、週一の買い出しに出かけました。


その後は、ちょっと腹筋をして・・・。


さて、夜は、「サザエさん」から「モヤさま」を視て、「世界の果てまでイッテQ!」を視て、止めに、TBS日曜劇場「小さな巨人」を視ました。


この「小さな巨人」は今夜が2回目の放送ですが、極めて面白いですね。


話の設定並びにプロット自体はそれほど凝ったものでは無いように思います(失礼)。


矢張り、役者さんの力量と気合と、台本・演出が素晴らしいのでしょう。


ほぼ同時期に始まったフジテレビ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」もそこそこ面白いのですが、2回目は視ながら寝てしまいました。


「小さな巨人」の場合、ウツラウツラしていたのが、番組開始と同時に眠気が吹き飛んでしまいます。


これは、主役の長谷川さんの深みのある演技(浅そうで深い?)は勿論ですが、脇の、安田さん、岡田さん、香川さんの演技も素晴らしく、視る者をグイグイと引き込んでしまうからでしょう。


特に私は、岡田さんの演技には非常に注目しています。


幅の広い役者さんということを認識しました。


今回からは、吉田羊さんも出演されていて、ますます面白くなりそうで、次回がさらに楽しみです。


欲を言えば(切りがないが)、悪徳弁護士さんが、若干人が好さそうで・・・。

コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

マラソンや駅伝のテレビ中継 [テレビ]

年末から春先にかけては、徒競走の長距離競技が沢山開催され、其の幾つかはテレビで生中継放送されます。

レース其の物の出来不出来は別として、撮影各局の撮影の仕方には不満もあります。

1 撮影バイクが選手に近づき過ぎる。

  観る私としては、バイクが選手の邪魔にならないか、気を散らさないか、気になります。
  また、選手の直前に位置すると、中継バスの映像に、バイクからの大きなアンテナが入って、邪魔です。
  あまり選手近くをうろつかないで欲しいと思います。

2 バイクからの映像だけではないのかもしれませんが(殆どはバイクからですが)、選手の全身を映さないで、一部分だけを拡大して映し過ぎる。

 1)多いのは、顔のアップ。
   そんなにアップにしなくても全身撮影レベルで、うちの19型テレビでも選手の表情はわかります。
 2)次いで、上半身のアップ。
 3)それから、下半身のアップ。盗撮みたいなことはやめて欲しい。
 兎も角、走り・フォームが見たいので、靴先と路面まで入れた全体像を流してもらいたい。

3 選手間を急加速や急減速で移動するのはやめて欲しい。

  主にバイクだと思いますが、上位選手を近接撮影していて急減速して下位選手に接近し撮影する(これはまだいいかな)と、今度は急加速して、其の前の選手に近づき並走、すぐまた急加速して其の前の選手に近づき並走近接撮影のようなことを繰り返す。
  観る側として面白くないことも無いのだが、選手の気持ちを考えると煩わしいだろうなと思ってしまいます。

NHKは、割と良いなと思います。

受信料を払っている価値があるのかなと思います。

ちなみに、払っているのは地上波の受信料です。

NHKからは、衛星放送の受信契約を促す郵便物が届きますが、受信できる機器がないので、受信契約をしても視聴ができません。

ベランダにアンテナなんか置きたくありませんし(鳩と台風が問題)、機器を購入するお金もありません。

ケーブルテレビに加入すれば、アンテナや機器無しに視聴できるのかな?

NHKも、契約だけを強要要請するのではなく、その前提となる「衛星放送を受信できるするためのサポート」もやってほしいですね。

年寄りは無知だし、手続きを調べるのも面倒くさいのです。 


コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

名古屋ウィメンズマラソンを観た♪ [テレビ]

3月12日(日) 身体慣らしのお散歩(15:18発)15.55km

昨日の階段上り(荷物を背負って自宅マンションの階段上り:1階から14階の上の屋上出口(15階相当)までの上り下りを5回:75階相当)の影響(後遺症)が右膝に辛厳に残っているにも関わらず、天気が好いのでお散歩に出かけました。

佐賀さくらマラソンの丁度一週間前なので、沢山の練習ランナーと出逢うかと思っていましたが、意外に少なく、公道では、佐賀大学東の佐大通りで数名見かけた程度でした。

しかし、佐賀城のお堀周回コース(遊歩路)には、沢山のランナーやジョガーやウォーカーの方々が回っておられました。

決して陸上コースとかクロカンコースではないのですが、全員左回り(反時計回り)です。

さて、一年以上穿いていた ゲル フェザー グライド 2 は、外底がだいぶん擦り減り、其れを中敷で誤魔化していましたが、遂に底がフニャフニャになってしまったので、新しい運動靴を下ろしました。

減り底.jpg

SPACE1.jpg

 左右どちらもフォアフットのみが擦り減っていますが、右のほうがより深く、より前部が擦り減っています。

右脚を傷めやすい理由がわかるような気がします。左右均等の重心、蹴りとなるよう注意する必要があります。

それと、走る場所の選択も重要です。左右傾斜の無い歩道や路肩って、あまりないので。SPACE1.jpg

で、下ろしたのは、同じアシックスの スカイセンサー グライド 2 です(3~4年前の旧製品なので安い)。

スカイ センサー グライド 2-0.jpg 

2世代前の旧々型とは言え、やはり新品、底が薄くなってペラペラしていないだけでなく、カッチリと、しっかりとしています。

地面のトゲトゲを外底が遮断して、足を護ってくれます。

そして、自分で地面を蹴らなくても、外底自体がパンパンパンと反発してくれます。

新品の運動靴は歩き難いが走り易いです。

いやあ、新品は良い[わーい(嬉しい顔)][グッド(上向き矢印)]

SPACE1.jpg

さて、今朝は、観ていた番組のCM中に幾つか他の放送を覘いてみたら、名古屋ウィメンズマラソンをやっていました。

最近のマラソンはやたらとペースメーカーがいて、何が何だかわかりませんが、30kmを過ぎた辺りでちょっとわかって来ました(実況・解説等をよく聴いていればその前に理解することも可能だったと思われます。)。

日本選手がトップの外国人選手の傍を走っているのです。

走り方を見てみると、トコトコと遅そうな感じでなのですが、ダイナミックなフォームでいかにも速そうに走る外国人選手に遅れることなく走っているので、違和感が半端ではありません。

実況・解説を聴くと、相当良いペースだそうで、観ている私も段々と気持ちが入って来ました。

度重なる外国人選手の揺さぶりにも能く対応し終盤まで粘ったのは見事です。

最終的には引き離されて2位になりましたが、それでも失速することなく、私たちが想像し得るベストに近い形でゴールしたのは驚きでした。

日本選手は、途中まで良くても、最後には失速して大きく引き離され、日本人一位という言葉が空しく響くのがここ数年のレースという印象を持っていたから。

しかも、初マラソン。

男子マラソンでは、初マラソンの若手選手が頑張って食い付き、最後には力尽きるが、そのチャレンジスピリットは評価される、というレースが続きました。

私も、そういう選手は好きです。

しかし、今日の、初マラソンで22歳の安藤選手は、最後まで崩れることなく、闘志を失わず走り抜き、日本歴代4位という好い記録で二位に入賞したのです。

だから、ビックリです。

それはそれとして、これを以て日本女子マラソンが世界に肩を並べたと見のは一寸早計かと思いま。

とは言え、男子と比べると、世界との距離が近いのは確かで、他の選手の皆さんも含め、明るい希望を持って精進していただきたいですね。

男子マラソンと言えば、私は、ザトペック選手、いや、アベベ選手を観た(街の電気屋さんのテレビ)世代なので、君原選手や円谷選手(ご冥福をお祈りします。)のような気迫の選手の再来を期待してしまいます。


コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

気になるCM好きなCM「こども篇」♪ [テレビ]

最近、気になっているというか、好きなCMがあります。

それは

高山質店の100周年「商店街篇」と「河川敷篇」です。

高山質店は福岡県で事業展開する、地元では可成り名の知れた質屋さんです(福岡県出身のテレビタレントのカンニング竹山さんもCMをされています。)。

このCMはほのぼのして好きです。

高山質店は利用したことがありませんが、健全で温かく信頼できるイメージが半端ではありません。

2016会計年度の 国際CM大賞 は、世界中から2000万票を満票獲得して決まったも同然です!!

 

それから、次点が、野球少年4人組が出てくるミニバン屋台パン屋さんのCM

これは、商品名が思い出せない。パッフィン? 違う。

それから、女優さんは知っているが、名前が思い出せない。

女優さんは、人気の刑事ものTVドラマに出ていた。同名で何本か映画も作成された。

その刑事ドラマの名前が思い出せない。よく観ていたのに。

主演俳優はヨレヨレのコートを着ていた。主演俳優の名前は思い出せない。

刑事ドラマは、特捜最前線、大江戸捜査網とかそんな感じだった。

主人公の名前は、「青」が付いていた。

舞台はお台場の警察署であった。

ここで、コーヒーブレイクをして心を落ち着けた。そしたら、俳優の名前を思い出した。

織田裕二 さんですな。

僅差の遅れで、主人公の名前を思い出した。青島君

併せて、警察署の名前を思い出した。湾岸署

ちょっと遅れてドラマの名を思い出した。踊る大走査線

これでネット検索すれば、女優名は出てくると思うが、もうちょっと努力しよう。

努力・・・・

女優の名前は、・・・ 津が付いていた? 得津、高津、深津? そんな感じ。

そうだ、賦活とか不活を連送した記憶が蘇った。 深津 です。

下の名前は思い出せない。 二文字? りえ?ゆみ?

で、深津りえ でネット検索した。

深津絵里 がヒットした。 りえ ではなく、えり ですね。

では、深津絵里 CM こども で検索。

敷島製パン Pasco イングリッシュマフィンCM こんがり篇
「出張 パンの料理人」。がヒットしました。

観てみると・・・ これです。子どもは矢張り4人でした[ドコモポイント]

 
コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「三匹のおっさん3」 [テレビ]

12月22日(木) 雨の夕方のお散歩(16時15頃発)10.19km

今日は受診日。

今日の採血も難なく無痛で無事に終わったのですが、抗血液凝固剤リクシアナを今日も真面目に飲んでいたので、止血したように見えつつちょっと遅れて、緩い浸出出血が止まらない。

診察を待つ間も(血液検査結果が出てから診察ですから)止まらない。

ま、大量出血でもないので、シャツが汚れなければ良いかと割り切ります(笑)。

で、今日も、採血は2本だけだったので、日常活動には支障なし。

支障と言えば、雨。

好天時でも、薬品類の持ち帰りは大変なのですが、雨となると大変です。

風も強いし。

院内薬局ではなく、院外の保険薬局で処方箋の薬を購入するのですが、リクシアナ、プレドニン、パリエットは特に問題ありません。

大変なのは、経腸栄養成分エレンタールです。

ボトルで貰っているので、これを48本持ち帰らないといけない。

嵩張(かさば)る。

手指10本のうち9本が第一関節が欠損しているので、好天時でも大変ですが、雨天では尚更に(極めて)困難です。

で、病院から自宅近くの薬局に処方箋をFAXしたうえで、いったん帰宅し、体制を整えて薬局に向かいます。

その薬局には駐車場がないので、徒歩で、薬局に向かいます。

今日は雨が強いので、薬品(容積の99%はエレンタール:段ボール箱2箱)を濡らさないように、それに掛ける大きなビニール袋を持参しました。

これで、大丈夫と思っていましたが、傘は無い(そもそも差せない)ので、自分は濡れるのです。

ずぶ濡れ。

それと、風が強くてビニールが捲(めく)れ上がるので、顔で抑えるのですが捲れたビニールが顔を覆い、前が見えない。

帰り着いても、両手が塞がった状態で扉を開錠するのに一苦労(これは天気と関係ないが)。

といいつつも、薬品を服用する予定の患者さん(私)はずぶ濡れになりましたが、薬品類はなんとかあまり濡らさずに帰還することができました。

何とか、行動目標は達成されたのです。

夕方には、そんなこんなの心身のダメージも可成り回復し、また、採血孔からの血液浸出も収まったので、小雨の中ですが、お散歩に出かけました。

こんなお天気の、平日の、こんな時間にお散歩(ウォーキング、ジョギング、ランニング)している人には遭いませんね。

途中、納豆と年賀葉書を買って帰宅する頃は既に夜、でも、雨は上がっていたような。

今夜は「ドクターⅩ~外科医・大門未知子」の最終回でしたが、最後のシーンでは、ピコ太郎さんが「I have a pen♪」を御披露なさっていましたね。

「レディ・ダ・ヴィンチの診断」も先に終わったし、つまらないなぁ・・・。

あ、昼間何とは無しに観ていたTVで、「三匹のおっさん2」の再放送をまとめてやっていて、見逃した放送分だったので、これはLuckyでした。

新年早々、「三匹のおっさん3」の放送が始まるらしいので、これは楽しみです。

テレビ東京、金曜日20時。

三匹のおっさん20.JPG三匹のおっさん30.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

レディ・ダ・ヴィンチの診断 と ドクターⅩ~外科医・大門未知子 [テレビ]

今夜の「レディ・ダ・ヴィンチの診断 第7話」の予告編で、最終回に近づいたかのようなメッセージが流れたのが気に食わない、否、残念[ふらふら][たらーっ(汗)]

女医もののTV番組と言えば、ここ数年来「ドクターⅩ~外科医・大門未知子」なのですが、今は、「レディ・ダ・ヴィンチの診断」に嵌り切っています。

主演の 吉田羊 さんが好きだ(演技はうまいし、久留米出身だし)というのもありますが、矢張り、脚本(設定)、演出の妙は見逃せません。

共演者も良い。

設定と言えば、黄門様の印籠ではありませんが、主人公の窮境(どん詰まり)に出現して解決の糸口を示す、亡き愛娘のヴィジョン。

この子のセリフと表情(決して表情豊かということではない抑えた演技)には、癒しを感じます。

胸が痛むとともに、温かさを感じる場面でもあります。この設定が最終回に向けどう転ぶのかはわかりませんが、良い味を醸しています。

また、女医だけの中央診療部門という設定も面白い。もう、火曜日の夜の楽しみ(期待)となっているのです。

短期で終わらないで欲しいですね。

「ドクターⅩ~外科医・大門未知子」が外科系のドラマであるのに対し、「レディ・ダ・ヴィンチの診断」は内科系と言っていいでしょうか?

主人公が、天才と言われた脳神経外科医であり、他の女医も救命救急医や心臓血管外科医などがいて、タイトルが遠隔手術システムの名前だけど、部門は解析診断部。

草創期の総合診療部の雰囲気もある新奇な部門。

自分たちで手術もしないし、内科系でしょう?

スタッフを見ると、脚本・演出が「チーム・バチスタ」チームなんですね。 

「チーム・バチスタ」も面白いので、納得がいきます。

余談ですが、当ブログでは既報のこと、昔、海堂尊さんのAi(オートプシー イメージング)に関するご講演を聴いたことがあります。

講演後に座長(座長さんも医師)が海堂氏の本職(放医研医師 当時は国家公務員? 本名も?だったか?)を紹介してしまいました。

今はご自身のHPで本職を明かされていますが、当時は建前上、正体不詳ということになっていたので、会場は爆笑となった記憶があります(海堂氏ご本人が突っ込んだ。)。

脈絡の無い話になりますが、木曜日の夜は、20時開始22時前終了の他局の番組を観ていて、21時に「ドクターⅩ~外科医・大門未知子」の放送局に切り替えるのが若干遅れてしまいます。

困ったものです。


コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

前川清 の 笑顔 まんてん タビ好キ [テレビ]

10月2日(日) 10月になったけど結構暑い晴れのお散歩(11:15発)12.07km

今日の前川清 の 笑顔 まんてん タビ好キ」は、一回限りの全国放送ということで、
放送時間も、いつもの12:00~12:55 から 13:55~15: 25に変更になりました。

主役の 前川 清 さんと、道連れの えとう窓口 さんは当然変わりませんが、応援ゲストとして、チャンカワイ さん(Wエンジン)が、スペシャルゲストとして、加藤茶 さんがご出演なされました。

今回の旅先は、沖縄県の離島、慶良間諸島は慶留間島(ゲルマじま)でした。

本島であろうが離島であろうが、沖縄は良い(そもそも、私は2年の滞在中、離島を訪問したことがない。)。

そう言やぁ、前夜(正確には今日の朝0時)放送の さまぁ~ず の「世界さまぁ~リゾート」でも沖縄を取り上げていましたが、良い♪

そして、改めて思いましたが、前川清 さんが一般の人相手に攻撃的なボケをかました時に、それを和らげ、最大限に生かすのが、えとう窓口さんのユルい突っ込み♪ 

決して びふぉあ・あふた だけの人ではないと再認識した次第です。

この番組の時間変更・拡大に伴い、13:00から2話ずつ連続放送の HAWAII FIVE-O は録画をばさせていただきました。

次回放送までに、忘れずに観とかんといかん(観とかんばならん?)。

HAWAII と OKINAWA は、人口規模も似ていますね。

HAWAII には行ったことがありませんが、テレビで観る分には好きです。

ま、実際に行きたいかというと、あれだけ毎週毎週、様々な凶悪犯罪が発生するところは怖いので・・・。

その点、OKINAWAは、米軍犯罪と、米軍航空機墜落と、台風(米軍台風情報にはお世話になっています。)と、ハブにだけ注意しておけば、だいたい安全。 

OKINAWAは、日本語が通じる地域も多いし。

知事さんは、HAWAII のほうが見目がよろしい。

と、テレビ番組と実際を混注したHAWAII:OKINAWA 比べ(笑)。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

桑田佳祐さんの新曲「悪戯されて」  [テレビ]

2016/8/21(日)     11.77km  10:10発  感染予防のため、マスクをかけてのジョギング、ウォーキング。

8月26日(金)の夜、テレビを観ていたら、歌手の桑田佳祐さんが、東京砂漠などのカバーを歌われていました(桑田佳祐『偉大なる歌謡曲に感謝 ~東京の唄~』)。

とてもしっくりくる歌声で、びっくりしました。

最後に、氏の新曲、「悪戯されて」が御披露されましたが、これまた良い感じで、桑田佳祐節でありながら、前川清 的な節回し、立ち振る舞いのところもあり、聞き惚れました。 

之は、現代歌謡曲の王道を征く良い楽曲です♪


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

前川清の 笑顔まんてん タビ好キ [テレビ]

そういうふうにして、社宅会計担当の引継ぎを、3月13日(日)12時30分頃にいたしました。

引継ぎをするというと、ちょっと仰々しいのですが、実際のところは。

お昼ご飯を摂りながら「前川清の 笑顔まんてん タビ好キ」を見ていたら、後任の方がご訪問され、玄関から入られることもなく、ちょこっと三分ほどお話をして。

通帳・印鑑、出納簿等帳簿類や請求書・領収書、通知・掲示書類、ゴム印等雑品類、回覧板台紙等がぎっしり詰まった段ボール箱一箱と、蛍光管・グローランプ・埋め込みスイッチ等消耗品の詰まったケースをお引渡しした。

そんな感じであります。

おかげさまで、「前川清の 笑顔まんてん タビ好キ」の続きを堪能することができました♪

前川清の 笑顔まんてん タビ好キ」とは、九州、山口、沖縄限定ローカルの人気旅番組です。

NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」のように、どこかの町(市、村)を突然訪れて、ぶらぶらと巡り、地元の人々と絡んで楽しむ展開です。

メインの旅人(ゲストを設定しないので、メイン=オール)は、歌手の 前川 清 さんと、Wエンジンの えとう窓口 さん。

前川 清 さんは、あの 言わずと知れた大御所・大歌手の 前川 清 さんです。

えとう窓口 さんは、江頭 2:50 さんとは無関係で、お笑いコンビ Wエンジン の チャンカワイさん でないほうの方です。

前川 清 さんとのコンビネーションは抜群で、チャンカワイさん ほど大げさではない、ほっこりした いい味を出されています。

とても好きなタレントさんです。

売れて欲しいという思いはありますが、全国区は、相方の チャンカワイさん にお任せして、九州メインでご活躍されていただきたいと思います。

NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」も観ていますが、この「前川清の 笑顔まんてん タビ好キは、それをだいぶん超える面白さがあります。

何と言うか、欽ドン以来の、前川さんのおトボケを超えたマイペースにやんわりと、しかしすかさず突っ込む、しかし、それがまた微妙にボケているという絶妙のコンビネーション。

ある意味、適当、成り行き任せな空気感がよい。

二人のしっかりとした(?)人間性ゆえに、適当、成り行き任せが大変良い味を生むのです。

緊張感が全くない(プラス評価です。)この番組、まったく肩が凝らずに土日のお昼を愉しめる、うれしい番組であります♪

長崎から佐賀に引っ越しても、同様に愉しめる、ありがたいことです。


コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

大阪国際女子マラソンは福士加代子選手が優勝♪ [テレビ]

1月31日(日)晴れたり曇ったりの午前のお散歩(10:35発)20.39km

奇しくも、出発時間が前日と同じ♪

帰還時間が数分早かったのですが、急坂度の違いのためです。

さて、今日は、大阪国際女子マラソンをテレビ観戦しました。

20km過ぎでトップに立った福士加代子選手が、その後失速することなく快調に飛ばし、見事優勝。

五輪標準記録も突破したとのことで、リオ五輪決定かな?


コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

今年も箱根駅伝♪ [テレビ]

1月2日(土)曇りのお散歩(12:55発)20.32km

今日も二度寝してしまいました。

お休みが5日も続くと、こんな自堕落な過ごし方になってしまいがちで、困ります。

そして遅起きしてなお動き出さず、のんびりとテレビ番組の鑑賞です。

録画してはいたのですが、外出もせず居るので、箱根駅伝を観戦しました。

いやはや、青山は強い=速いです。

一人一人が高いレベルに仕上がっています。

1区からず~っと1位ですものね。

それに、昨年の往路5区、驚異の神野選手は、その後、2回も骨折というのに、今年の5区でも、区間新や区間賞には届かないものの素晴らしい走りをみせてくれました。

今年は出場しないと思っていたので、これには驚きました。

大したものです。

箱根駅伝と言えば、かつての箱根の勇士が、昨日のニューイヤー駅伝に沢山出場されていました。

矢張り社会人のレベルは高く、なかなか新卒ですぐに抜きんでた活躍をするのは、さすがに難しいようです。

でも、観て面白いのは箱根かな、と思ってしまいます。

100kmを、1人20km、5人で走るのもなかなかのものです。

しかし、これだけ長距離走が盛んなのに、ちっとも世界に通用しないのは何故なんだろう?


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コナン君だけでなく、掟上今日子の備忘録 :土曜の夜のテレビの愉しみ♪ [テレビ]

11月7日(土) 晴れのお散歩(9:48発)19.12km

朝、目覚めたら6時30分でした。

遅刻はしないが、始業2時間前の出勤は絶望的!と焦ってしまいました。

よく考えると、今日は、特別のイベントもない普通の土曜日でした。

最近、目覚めた時の曜日感覚がおかしい。

平日なのに休日のような感覚に襲われることもあったり。

まあ6時半起きでも、普通に準備すれば、8時前にはお散歩に出発できます。

しかし、朝のうちに社宅役員としてやっておくべき仕事があったため、9時半過ぎの出発となりました。

きょうは、短時間ながら頑張った感があったのですが、思ったよりは随分と短いお散歩でありました。

疲れもそこそこあって、ゴール直前の上りは歩きました。

というわけで、今日は読書はせず、テレビなどを鑑賞してしまいました。

夕方は、定番『名探偵 コナン』

そして、夜は、『掟上今日子の備忘録』です。

そもそも、新垣結衣さんは好きな女優さんです。

声も、容貌も、雰囲気も好きです。

脇を固める岡田将生さんも、及川光博さんもいい感じで、キャスト全体に好感が持てます。

一睡で記憶を無くすという設定はかなり無理がある気もしますが、お話自体もなかなか面白く、全回観ています。

日本テレビの土曜9時は、ちょっと前の『ドS刑事』と言い、この『掟上今日子の備忘録』と言い、大変面白い。

土曜日の夜を楽しみなものにしてくれています。


コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

磯野フネさん、若過ぎ? サザエさん♪ [テレビ]

10月4日(日) 今日も晴れた、のお散歩(10:5発)24.82km

2代目“フネ”の声に「若い」 ネット上で盛り上がる  という話があります。

テレビの人気アニメ 「サザエさん」の声優さんが、また交代されました。

今回(平成27年10月4日)は、サザエさんのお母さんである 磯野フネ さんの声優さんです。

番組スタートの昭和44年10月5日から(46年間)担当されてきたのが 麻生美代子 さん(89)ということで、本日10月4日から 寺内よりえ(62)さんに交代されたものです。

しかし、若くなって違和感がある、と言っても、初代の麻生さんは、43歳の時にフネさんを担当なっさっているわけですから、二代目の寺内さん62歳は決して若くはないのです。

そもそも、フネさんの設定年齢は、50歳~54歳 ですから、62歳は若過ぎることはありません。

公式HPによれば、波平さん 54歳、 フネさん 5?歳、 サザエさん 24歳、
マスオさん 28歳。

これに対して、声優さんは

波平さん → 茶風 林 1961年12月生まれ、現在53歳。
フネさん → 寺内よりえ 1953年1月生まれ、現在62歳。
サザエさん → 加藤みどり 1939年11月生まれ、現在75歳。
マスオさん → 増岡 弘 1936年8月生まれ、現在79歳。

と、波平さんの適齢(54歳:53歳)を除き、けっこうご高齢なのであります。

ほか、

カツオ 冨永み~な 1966年4月生まれ、現在49歳。
ワカメ 津村まこと 1965年7月生まれ、現在50歳。
タラオ 貴家堂子  1941年2月生まれ、現在74歳。

ノリスケ 松本保典 1960年2月生まれ、現在55歳。
タイコ 小林さやか 1970年10月生まれ、現在44歳。
イクラ 桂玲子 1940年2月生まれ、現在75歳。
伊佐坂難物 中村浩太郎1963年5月生まれ、現在52歳。
伊佐坂お軽 山田礼子 1948年12月生まれ、現在66歳。
伊佐坂うきえ 川崎恵理子1973年2月生まれ、現在42歳。
伊佐坂甚六さん 竹村拓 1953年10月生まれ、現在61歳。
早川さん 川崎恵理子1973年2月生まれ、現在42歳。
花沢さん(花子) 山本圭子 1943年8月生まれ、現在72歳。
かおりちゃん  桂玲子1940年2月生まれ、現在75歳。
堀川くん 塚田恵美子 1949年8月生まれ、現在66歳。
中島くん  白川澄子 1935年6月生まれ、現在80歳。
三河屋さん 沢木郁也 1951年8月生まれ、現在64歳。
三郎さん 二又一成1955年3月生まれ、現在60歳。

伊佐坂先生が、息子の甚六さん より随分と若い珍現象もあり、実に面白い。

これを、アニメの設定どおりの年齢の声優さんに変えてみたらどんなになるでしょう?

サザエさんのキャラクターは年を取らないので、声優さんを年々変えないといけません。

忙しないです。


コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

小泉元総理大臣の弔辞 [テレビ]

塩川正十郎さん葬儀での小泉元総理大臣の弔辞、報道ステーションの字幕テロップで、「大きく問題になる」と出ましたが、私には、「尾を引く問題になる」と聞こえました。

翌日、ネットで確認すると、他のメディアでも、『あるとき、(国会で)野党質問者が塩川財務大臣の官房長官時代にこういうことがあったと発言していた新聞記事をもとに「問題発言だ」と追及してきました。私はそのとき内心「まずいことになったな。これは大きく問題になるのではないか」と心配していました。』と記載されておりました。

皆さんがそう聞くのであればそうかもしれませんが、「大きく問題になる。」は、語感、用法として違和感が残ります。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ヤメゴク」と「ドS刑事」♪ [テレビ]

5月16日(土) なかなか晴れないお昼のお散歩(12:30発)26.70km 

朝方は雨でした。

そして、ここに書いても詮無いことですが、社宅のことでちょっと野暮用が発生して、遅い出発となりました。

にもかかわらず、天気はあまり好くなっていない。

でもまあ、雨は上がり、薄曇り、から薄晴れ(?)になってきたので、気を取り直して出かけたわけです。

まあ、問題は、土曜日のお出かけはあまり遅くないほうが良いということ。

土日でお散歩するので、土曜日の帰還が遅いと、翌朝日曜日のお散歩出発までに疲れが取りきれない、ということです。

ジョギング通勤していた頃は、毎日のことなので、土日の連続お散歩も平気だったのですが、車通勤に変えてからは平日の運動が無くなり、土日の連運が堪(こた)えるようになってしまいました。

心肺的な疲れは全くないのですが(遅いので)、筋・腱・関節・皮膚の疲れがあるのです。


 

さて、ドクターX もだいぶん前に終わってしまって、面白いテレビドラマが無くなったと嘆いていた私ですが、ここに来て、二本の女刑事ドラマに嵌っております。

ドラマ 其の壱が、『ドS刑事』(主演:多部未華子、副演:大倉忠義・吉田 羊、毎週土曜 後9:00)です。

ドS刑事1.PNG多部さん自体が好きなのですが、ドラマの設定も演出も好きです。

人の弱みを徹底的に突いて甚振(イタブ)り倒すのが好きな女刑事さん。

犯罪者を甚振るのが好き、ということですが、相手構わず甚振っている感もあります。

判り易い演技部分もありますが、小さなところでも多部さんは味のある演技をなさっています。

名優さんです。

部下役の大倉さんの甚振られ方もなかなか素敵です。

虐められやすいが、回復力が強力で、かつ軽い、あ軽い。

拘らない。宗教的悟りでも開いたかのような割り切り方も凄まじい。

俳優さんではないのでしょうが、名脇役です。

課長役の 吉田 羊 さんが、これまた素敵♪

厳しさや ねちねち感 も半端ではないが、部下全体をうまく掌握しながら、健全な正義感と適切なバランス感覚を以て真摯に事態に立ち向かう管理者像は、この種のドラマでは新境地を切り開いているのではなかろうか?

課長には、伊武雅刀 が絶妙に絡んでおられます。

また、勝村政信さん、石井正則さん、ミッツ・マングローブさんなど、味わい深い面々が脇を固めておられ、魅力あるドラマに仕上がっています。

しかし、多部さんは、ますます可愛くなっていく[揺れるハート]

ドラマ 其の弐が、『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』(主演:大島優子、副演:北村一輝 毎週木曜 後9:00)です。

ヤメゴク1.PNG人気アイドルの 大島優子 さんが主演を務めているということより、ドラマの設定と申しますか、徹底ぶりが楽しいです。

コ主演の、北村一輝さんの絡み方も面白い。

この刑事さんも、主役の女刑事さんにだいぶん虐められているように感じます。

北村さんのコテコテ振りを見るのも楽しみの一つです。

オープニングの終わり付近のあの表情は特に面白い♪

こちらの女刑事さんも、どうやら ドS のようです。

そして、ヤクザを憎む、その徹底ぶりも、今までの娯楽ドラマにはない迫力。

アイドルには全く関心のない私ですが、ここで、大島さんはいい演技をなさっていると思います。

世間からももっと評価されるべきと思います。

  

両者とも、視聴率は今一つ伸び悩んでいるとのことですが、不思議でなりません。

少なくとも私は、とても楽しみにして放送日を待っていますし、期待に違わず放送を満喫・堪能させていただいております。         


コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

愉快な伊勢ヶ濱部屋♪ [テレビ]

テレビで「ネプリーグSP~草ナギ剛&大島優子vs日馬富士率いる横綱軍団~」を観ていますが、ゲストチームの伊勢ヶ濱部屋は楽しい人々☆

伊勢ヶ濱親方(元横綱・旭富士)のお人柄でしょうか?

いい感じです。

箱根駅伝で優勝した青山学院大学の原晋監督といい、

日本一に輝いたソフトバンクホークスの秋山監督といい、

なでしこジャパンの佐々木監督といい、

監督のお人柄はチームによい影響を及ぼすのでしょうね。


コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ドクターX、 シリーズ、完全終了? [テレビ]

米倉涼子さん主演のテレビ番組「ドクターX~外科医・大門未知子~」が、去る12月18日(木)に終了してしまいました。

医療物は重くて辛くなるのであまり視(観)ないのですが、『田口・白鳥シリーズ』(海堂尊)と、この「ドクターX」は、視ます。

特に「ドクターX」は欠かさず視ています。

昨年同時期に放送された「ドクターX シリーズ2」は、肺血栓で死にかけて入院中の病床でも視ていました(今年の年頭に放送されたチーム・バチスタ4 螺鈿迷宮も、今度は別の奇病で入院中の病床で視ていましたが、欠かさず、ではなかったかもしれない。)。

大きな流れはあるものの、基本的に、毎回1話完結式なので、ダレ(飽き と マンネリ)がなく、1時間全部目が離せません。

この秋私の中では、木曜日は「ドクターX」の日、という認識が強く定着していました。

「ドクターX」の何が好いのかと言うと、

1 (既述のように)毎回読み切りバッサリ の ノンストレス ノンフラスト

2 大門の 術中の「瞬きしない 鋭く美しい 無敵で不屈で叡智の眼」

3 大門の 術後の首元に掌を当てるしぐさと「凛たる慈愛の眼」

4 雇主 晶、麻酔医 城之内 とのコンビネーションの妙

5 名脇役と毎回の個性的ゲスト(今回はゲストから脇役のパターンも多く)

6 毎回の先進的(先鋭過激的?)術式   などなど

男性視線で物を言えば、米倉涼子さん & 内田有紀さん の同学年コンビ 成熟女優 の凛々しい手術着姿と所作(立ち振る舞い)は、老人も惚れてしまいそうです。

ほかのキャストも素晴らしく、準主役の 岸部一徳さん、北大路欣也さん、脇役の 遠藤憲一さん、渡辺いっけいさん、勝村政信さん、高畑淳子さんほか、みなんな好きですよー![揺れるハート] 

ちなみに、内田有紀さんは、川澄奈穂美さんに似ている(ということに、今気付きました。)。

ところで、テレビ番組評価の一つの指標となる「視聴率」は、

最終回27・4% 全11話20%超  全11話の平均は22・9% だそうです。

50%を超えていないのが不思議ですが、他の番組と比べると良い数字だそうです。

こんな良い番組が、このシリーズ3を以て終了するらしいのですが、極めて残念です。

製作者は、是非、改心・悔悛し、続編を作りましょう!!

一方、とっても残念なのが、「すべてがFになる」。

森先生の原作は、入院中に読み、すっかりハマってしまいました。

私は、邪道にも、S&Mシリーズの最終作である「有限と微小のパン」を最初に読んでしまいました。

昨年から長崎県で勤務しており、長崎の巨大テーマパークを舞台としたこの作品は、入院中の無聊(死にかけがそんなことを言っている場合ではなかったのですが)を一時でも慰めてくれると即断したのです。

一番厚かったからかも知れませんが。

どうも「有限と微小のパン」はシリーズの最高傑作のようで、だからこそ、全作を読もうという気になったのでありまして、逆読みは怪我の功名。

そんな大好きなシリーズです。

TVシリーズにも期待したのですが。

先ず以て、配役が好くない。

このシリーズ、西之園萌絵と犀川創平に尽きると言っても過言ではない。

のですが・・・・

すべてがF.JPG 咲 さんの 西之園萌絵 は1000歩譲るとして・・・・

綾野 剛 さんの 犀川創平 は、いくらなんでも・・・・ イメージが違いすぎる・・・・

犀川准教授は。

私の中のイメージでは、幾ら何でも、もう少し顔立ちがピリッとしていて、もう少し整っていて・・・・ と。

残念・・・・

それで、このテレビ番組は、全く視ていません(チラッと覗いてしまうことは偶にありますが。)

原作は、ハマるほどに好きなのですが、気に入らない点がただ一つだけありまして。

それは、「喫煙」。

犀川先生は、10000歩譲るとして・・・・

西之園萌絵は、イカン・・・。

男女差の問題ではなく、西之園萌絵の出自・育ちを考えると・・・・

悲しい・・・・

 

  

ということで、

「ドクターX」は、是非とも続編を!

「すべF(S&Mシリーズ)」は、是非とも再制作を!

12月20日(土) 夕方のちょっとしたお散歩 12.61km

寒いのと朝から雨が降っていたのとで、お散歩はやめておこうと思ったのですが、午後、ちょっと晴れ間が見えました。

お昼ご飯を食べてすぐの運動はよくないので、2時間ほどテレビを観たりなどして過ごし、さてと、思った頃合いには、太陽が翳ってしまいました。

雨が降っているわけでないので、出かけない理由にはならない、と15時頃に出発。

今日はサロモンの靴で出かけました。

この靴は、歩く分には快適なのですが、走るとちょっとぎこちなくなります。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏の終わり [テレビ]

8月30日(土) 晴れた朝のお散歩(6:35発)16.09km 

緑ヶ丘団地~長与町民文化ホール界隈を中心に細かくジョグウォクってみました。時間がかかって、かつ疲れましたが、その割に短距離でした。

心ならずも、お昼前と夕方に2時間ずつのお昼寝をしてしまいまして、夕方もう一回出かける気力が湧かず、というより時間が無く、お買い物は自動車で。

8月31日(日) 好天朝のお散歩(5:01発)27.21km

3時半に起きたので、4時半にはスタートできたはずなのですが、早ければそれなりにダラダラしてしまいます。

大反省です。

5時を1分過ぎてしまったのが情けなくも悔しくも。

今日は南に向かったのです。

浦上天主堂横を通って、長崎駅へ。

長崎駅前の歩道橋広場で、軽く栄養補給。

それから、鉄道線路沿いに北上。

道ノ尾で線路と別れ、北上。

時津警察署前からイオン前を通って長与町へ。

陽光サンサンでしたが、あまり日焼けした気がしません。

矢張り、沖縄の太陽光線とは違うようです。


それにしても、城島リーダーの101kmチャレンジは見事でしたね。

101kmって距離は、マラソン ✕ 2.5回とは全然違うだろうってことは想像がつきますが、どれくらい厳しいかっていうことは見当がつきません。

少なくとも、20km程度の距離で足裏が痛いと言って音を上げる私には到底踏破不可能な距離であります。

それを、満身創痍的疲労困憊の最後の最後を、歩かず走ってゴールするというのは、見上げたもの、天晴れな43歳です。

これが夏の終わりのセレモニーになります。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

沖縄のうぷぷなバンド「7!!」がエンデイングテーマ♪ [テレビ]

夕刻、腹筋運動をしながらTVを視聴しておりましたら、「金田一君物語」という感じの動画番組が放送されておりあした。

何かにつけて、「ぢっちゃんの名にかけて」と言うのがちょっと耳障りに感じますが、そこを堪(こら)えると、まあ、ぼちぼちと愉快な漫画です。

番組の終わりのエンディングテーマが、なんかいい感じの曲だなと思って聴いておりました。

それで、最後に演者名確認したところ、おろろっ!!7!!」となっ!?

そうですたい、あの、沖縄の変なグループ 「うぷぷ」 な与三郎バンド ” セブンウップス(seven oops)” ですたい。

なんか、何時の間にかこんなにメジャーな場所に現れるようになっておられて、沖縄に二年いた私としては少しく嬉しさをも感じる処であります。

ボーカルの人の、綺麗な声はもちろんですが、あのボーっとした(キリッとしていない、と言うのか)ちょっと冴えない普通っぽいカジュアルな顔立ち[ドコモ提供]が面白いです[わーい(嬉しい顔)]し、親近感が湧きます。

沖縄出身の歌い手さんは、派手な押し出しが特徴的なので、そういう意味で「異色」な感じもしまして、いっそう面白い。

沖縄に所縁のある人間は、ここぞとばかり、気合を入れて応援なさいましよ[ドコモポイント][手(グー)]

今の時間帯、沖縄でライブばしよんなさるごたる。

沖縄ん話題ば、なし、ちっご弁ですったいね(ちきっとおかしかちっご弁)?

                                                                             

付記

 もうちょっと書きますと、ボーカルさんを含め、バンド全体が穏やかで、真面目で、誠実な感じがします。

動きが地味で、歌声とともに、癒し感と爽やか感を与えてくれます。

メンバー全員が高校の同級生であるということよりも、血液型がO型と言うことが興味深い。

                                                                                    

7!!のうぷぷなツアー2014~夏やっさー、はじまいんどー!!~

8月30日(土)長崎 DRUM Be-7(オールスタンディング:\3,500)


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「なるほどザ・ワールド」「世界ふしぎ発見」 [テレビ]

6月28日(土) 小雨後薄曇り後晴れのお散歩(6:12発) 17.91km

遅く起きて出発が遅れたことと、後に出勤する予定であったことから、このような情けない距離のお散歩となりました。

このくらいの距離だと、お散歩後の残存ダメージが少ないのが魅力です。

自制したものの、出勤したのはお昼過ぎでした。

仕事を始めるのが遅かったためか、仕事を舐めていたのか、夜の8時になっても出口が見えず、今日はいったん切り上げ、明日また頑張ろうということになりました(自分ひとりの話ですが)。

病状の関係で、時間外勤務、休日勤務は禁止されているのですが、この状況では連日の休日出勤と夜間勤務もいたしかたありません。

給料は労働(成果)の対価ですから。

命が惜しいから労働制限を盾に身を守ろうなんざぁ、成果主義の世の中で許されてよいはずがありません(あくまで、「自分」に関しては、ということです。)。

帰宅して、「世界ふしぎ発見」を観ました。

黒柳さんのお召しになっていた紅型の着物はとても素敵でしたね。

綺麗なうえに品があり、かつ、なんか愉快♪

ゲストの婦女子1 光浦さんは冴えていましたね。惚れてしまいますね。

ゲストの婦女子2 名前忘れたけど、おじいさんが種子島出身のアイドルの子は、沖縄出身のような可愛さがありましたね。

この番組には欠かせない、黒柳さんと並び立つ双璧の野々村君も、もう50歳になったのですね。

という感じで、楽しく観聴しましたが、ふと気づきました。

頭に、「なるほどザ・ワールド」とは付かないのですね?

嗚呼、驚いた。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乗り過ごす? [テレビ]

6月8日(日) 好天お散歩 22.58km

昨日は、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」遅れ放送(太川陽介さんと蛭子能収さんたちのヤツ)を観ました。

タイムトライアル的な要素があり、そこに絡む人間関係(ドラマ)が非常に面白い。

蛭子さんの存在は大きいですね(いい意味で言っています。)。

太川さんの目標を見定めた緊張感と、蛭子さんのマイペースなノンビリ感(わがまま?)との微妙な齟齬感(乖離ではないのですね)はこの番組の醍醐味ではないでせうか?

面白くて、心の底から笑える番組です[ドコモポイント]                                                       

                                                             

さて、今日は、「路線バスで寄り道の旅」時宜放送(徳光和夫さんと田中律子さんたちのヤツ)を観ています。

こちらは、最終目標設定がなく、自由感(バスの時刻は気にします。)と護られ感があり、ゆったり安心してかったるく観ることができます。

行程も短いし。

どちらかと言えば、徳光さんは蛭子さん気質なので、リーダーのマネジメントはここにはない(笑)。

この「路線バスで寄り道の旅⑧ 三浦~横須賀~横浜」中、最初のほう、バスが発車するのに危うく乗り遅れそうになった場面で、「乗り過ごすところだった。」のナレーションが流れました。

「乗り過ごす」というのは、「降りるべき処で降り損なって、乗り越す」ことですから、変なナレーションです。

もっとも番組の中盤では、「バスに、乗り遅れないでくださいね。」というナレーションも流れていました。

番組自体、緊張感がない「のんびり旅」ですね♪(いい意味で言っています。)


コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ライブ所感♪ [テレビ]

テレビの「シューイチ」で、先週から2回に亘って KAT-TUN カウントダウンLIVE が放送されました。

番組は、始まりの企画会議からライブ当日まで舞台裏を中心に取材されたもので、私は別に KAT-TUN のファンというわけではありませんが、楽しく観覧させていただきました。

会場は京セラドームということで、とても広く沢山のお客さんが入りますから、ステージの様子が肉眼ではつぶさに見えない方も多いと思います。

しかし、やはり、見える見えないではなく、一つの空間で体験を共有する感覚(単なる一体感といったものでもないような?)は、そこに居ないと味わえないもので、それこそがライブの醍醐味かと。

 

私は全然ライブに行きませんが、こういったテレビ番組での紹介を拝観しておりますと、男性アイドルグループの活動が今は魅力的に思えます。

この KAT-TUN のライブもそうですが、先般テレビ紹介された 関ジャニ∞ のライブなども、ファンならぬ私ですら、観覧したいなと思ってしまいました。

 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

八千代松陰の羽生:全国高校駅伝♪ [テレビ]

1年生で身長156cmの、八千代松陰の羽生君が頑張りましたね♪

広島世羅高校のカマイシ君は、同じ1年生ながら身長175cmの外国人留学生(助っ人)です。

その、突出した実力のカマイシ君に最後まで食らいついた羽生君は立派です。

日本人も頑張れるな、という希望が湧きます。

駅伝はチーム戦ですから、計算通りの展開を図って、総合で良い順位を得るということは大事と思いますが、過渡期・成長過程の高校生ですし、局面局面を全力で戦うという意地と情熱も捨てないでほしいものです。

マラソン界では、いつ、だれが2時間を切るかという話題で盛り上がっていますが、高校生の皆さんには、5年後あたりをめどに、2時間切りを達成していただきたいものです。

大牟田、僅差の2位。惜しい。あと一歩でしたね☆

小林 6位、 鳥栖 9位、 諫早 14位、 九州学院 15位、 鹿児島実業 16位 と、九州勢はなんとなく拮抗している感じ(笑)。

あ。

コザ、頑張れっ![ドコモポイント][手(グー)]

スプリント勝負を制して優勝した山梨学院大付属のアンカーの選手のインタビューはよかったですね。

シンプルな言葉ですが、作って言っているのではなく、素直に素朴に思った通りを言っている感じが凄く爽やかでよかったです♪


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

HOME 愛しの座敷わらし 久々に泣く(笑) [テレビ]

今夜、日曜洋画劇場を観ました。

水谷豊さん主演の「HOME 愛しの座敷わらし」です。

こういうのに弱いです。

泣きます。

涙もろいのは年のせいではなく、心が荒んでいるからでしょう。

危ないぞ、我が精神☆

 

4月の長崎はとてつもなく寒かったが、8月の長崎は沖縄と比べると異常に暑いです。

昨日は、17時前頃、職場から帰宅中、頭痛に襲われるわ、心臓は止まりそうになるわで、途中で休んで給水してしまいました。

夜も暑くて、沖縄では必要なかった扇風機を、長崎では買おうかと思案しています。


コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

宇野重吉さんを [テレビ]

昨日かな? 寺尾聰さん主演の探偵ものが放送されていましたね。

寺尾さん、カッコいいですね。

ジーンズが似合いますよね。

宇野重吉さんの息子という固定認識から離れたのは、寺尾さんがルビーの指環をカッ飛ばしてからです。

なぜか、異様にこの歌が気に入って。

 『Reflections』は、どれも好き♪

出航SASURAI歌いながら、お偉方の執務室を毎朝掃除していましたもの。

みんなから、浪曲みたいだと馬鹿にされながら。

無礼なっ!! 

どっちかと言えば、祭文語りさんみたいでしょ?

このさいもんは、何に捧げられる?

 

いやぁ、宇野重吉さんも好きだったんですよ。

寺尾さんが驚ヒットした時、照れ隠しなのか本気なのか、あれは児戯、みたいなコメントされていましたね、お父さん

 

 

ところで、今夜は、草彅さん主演の刑事ものが放映されていました。

かなり強引な筋立てに見えなくもありませんが、面白いし、味があっていいです。

役者さんたちのコンビネーションも好きですよ。

草彅さんの演技には、笑いと涙と謎があります。

さらにそのうえ、なぜ翳が出せるのだろう?

好きな役者さんです。

 

さて、今朝は、久々の強烈な頭痛で3時に目覚めました。

早めに休日出勤するつもりだったのですが、頭痛のため、しばし静養。

これは、脳血管が詰まった系ではなく、脳内出血した系かな、と思います。

前任者は脳梗塞、後任の私は脳溢血か?

脳溢血といっても、動脈硬化&高血圧性のものではなく、難凝固&過運動&超薄膜性のものですね。

昨夜の帰り道、延々と続く上り坂を死にそうになって駆け上り(ヨタヨタと)、その後のこれまた長い下り坂を全速力で駆け降りたあと、コンビニに立ち寄った辺りで軽い眩暈と頭痛を覚えました。

この時少し出血していたのでしょうね。

でも、頑張ってあと1.5kmの上りに挑みました。

そして帰宅後、シャワーより先に食事を摂り、そのまま意識を無くす・・・(眠った、とも言う。)。

とまれ、脳内出血が止まり破れた血管がふさがるまで無理はできません。

ということで、少し遅めにバス出勤。

頭痛は残るものの、また難しい仕事であったものの、本日の到達点には辿り着けたと考えます。

無理をせず、19時30分過ぎには職場を出ました。

ということで、きょうは全く運動はしていません。

心肺と脚も休ませましょう。

明日になれば脳内は快癒しているはずです。

 

 

5月12日(日) 好天お散歩 19.48km


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

川内選手 今日の別府大分毎日マラソンには感動しました! [テレビ]

今日の別府大分毎日マラソン、久々に、感動、興奮しました。

優勝インタビューで、優勝した川口選手は、

消極的な日本人トップ争いはしたくないと思った。

と語ってくれました。

2位の中本選手との競り合い、と言いますか、何度も何度もスパートを仕掛けたのは、互いに頑張ることでよい結果を出そうという大所高所からのアグレッシブさゆえ。

これが素晴らしい。

単に優勝、あるいは日本人最高ということであれば、中本選手に抜き返された時点から淡々と後ろに付き、ラスト2kmでスパートをかければ、爆発力に勝る川内選手が割と楽に勝つ公算が極めて高かったわけですが、そうはしないで競りに競って苦しんだ。

単に自分の勝利ということだけでなく、日本男子マラソン界に活を入れ、質的レベルアップ・意識革新をもたらしてくれた大きなレースでした。

川内の、実力や勝負強さにも増して、その意識の高さ、人間性の素晴らしさに脱帽です!!

 

 

昨年から、男子マラソンは本当につまらなかった。

気迫が感じられなかった。

世界には負けてもいい、という暗黙の了解が、暗黙どころかあからさまなレースが続いた。

川口選手も、自戒も含めて、痛切にそれを感じていたのでしょう。

そこそこまとめる、といったことはしない。最善のレースをするために全力でがんばる。

それが本当にはっきりと見えました。

【追記   今、全記録を見てみましたが、1位・2位と、3位以下では、なんと4分近くも離れていました。川内選手、中本選手、驚異の・未曽有の大複走だったのですね!】

 

  

25/ 2/ 2(土)  通勤(終日お仕事でした ) 12.00km
(間違って荷物を詰め込み過ぎ、重くて大変でした[たらーっ(汗)]

25/ 2/ 3(日)  お天気お散歩(暑い[あせあせ(飛び散る汗)] [晴れ]) 26.86km

お仕事も大変なので・・・


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

平成24年度NHK新人演芸大賞 落語部門 [テレビ]

平成24年度NHK新人演芸大賞 落語部門を観ています。

春風亭ぴっかり「反対俥」、桂二乗「癪の合薬」、桂宮治「元犬」、春風亭昇吉「たがや」、春風亭喬若「長短」の五エントリーですが、皆さん素晴らしい出来でした。

春風亭ぴっかりさんは、女流ですが、激しい動きのパワフルな落語で、とっても新境地。よく見ると可愛いのが意外です(笑)。

桂二乗さんは、京住いの噺家さんで、おっとりふうにしゃべりつつ、巧みな喋りと動作、醸す雰囲気で情景が彷彿とする可笑しみ。品のいい話しっぷりなのに、笑える♪ 素晴らしいと思いました。

桂宮治さんは、恰幅のよい36歳の噺家さんで、謙虚さ(笑顔)の中にも風格を感じる(体型?)話しぶり。一番笑えましたが、古典落語風の〆にも感服。

春風亭昇吉さんと、春風亭喬若さんもよかったと思いますが、私の感性とは合わない感じで、あまり面白いとは思いませんでした。真打さんの落語っぽく大人びて、笑うこともなかったようです。

私が大賞を選ぶなら、うーむ、桂二乗、いや、桂宮治?

うん、僅差で桂宮治さん。

と打ったところで、発表がありましたが(実は5秒ほど待ちましたが)、奇しくもNHK審査員さんが選ばれたのも、桂宮治さんでした。

妙なことに、私の評価と識者の評価が一致してしまったようです。

私は、次点は僅差で、桂二乗さんなのですが、NHK審査員さんの次点はどなただったのでしょうか?


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

2012実業団女子駅伝西日本大会 [テレビ]

頭痛悪寒がやや収まり、熱も危険状態を脱したようです。

しかし、放置しておくと風邪はなかなか完治しません。

したがって、血の巡りをよくするため、筋トレのあと、職場まで着替え等運搬(置き換え)のジョグウォークをいたしました。

遠回り通勤ではなく、単なる遠回り運搬ということになります。

但し、多少軽快したとはいえ、まだ頭痛も熱もあり、眩暈ふらつきは収まっていませんので、睡眠程度の運動に留めるよう努めました。

とは言え、アップダウンの激しい道路を往復15㎞ほどを、荷物を背負って往き来するわけですから、寝ているのとまったく同じ運動量というわけにもいきません。

ちょっと疲れてしまいました。

考えてみると、歌手の倉木麻衣さん同様、この老爺も今日でまた一つ年を取ったわけであります。

倉木さんはまだやっと30歳になられたところぢゃが、儂なんて晩年中の晩年、7割5分は墓の中ですから(笑)。

さて、行ってQのあと、2012実業団女子駅伝西日本大会を観ました。

結果は、福士選手の怒涛のと言うか、軽快かつ迫力の走りもありワコールが圧勝しました。

この、3区の福士加代子選手の走りは本当に素晴らしく、顔だちも体型もスーパーアスリートそのもの。

以前は根性の人みたいな感じだったのが、顔だちも体型も精悍、スーパーアスリートの迫力と魅力を感じました。

それから、福士選手から襷を引き継いだワコールの4区の選手も素晴らしかった。

筑紫女学園出身の入社3年目という若い選手で、名前は 高藤千紘 さん(違うかも?)。

全力以上のように見える渾身の走り(人間は、あんなに頑張れるんだっ!!)で大いなる感動を与えてくれた「モストインプレッシブランナー」でした。

また、野口みずき選手も大いに活躍され、復活の兆し。その活躍の成果で所属チームも3位入賞でした。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ