So-net無料ブログ作成
検索選択
地域情報 ブログトップ
前の30件 | -

体育の6月♪ 高校野球と高校総体 [地域情報]

6月4日(日)ギリギリ「朝」出発のお散歩(10:17発)19.05km

6時に目覚め、ダラダラと起き出したら、ベッドを降りた時点で何時の間にか8時だったという時間漏出事故の朝。

その辺に「2時間」が落ちている筈。

或は(落ちていなかった場合のこと)、そんな「漏出」ふうに収集された時間は中央時間処に集積され、稲垣足穂界に使用される。

薄~い時の時間を貯めて置き、濃~い時に活用できるといいですね♪

 

さて、今日は国道34号線まで北上し、左折西行し、三日月町五条で左折南下して、西から回り込む形で森林公園まで行きました。

距離で言えば、往きが7割、還りが3割の行程です。

三日月町交差点経由のコースも6年数か月振りでした。

今日は、出発も遅く、また連続三日目ということもあり、太陽の光が、暖かい陽光が若干堪えた感じです。

摂取水分&ミネラル量が足りないのかもしれませんが、筋肉系より、脳神経&心肺系が危ない感じで、帰宅後も眩暈(めまい:昨日の偏頭痛性発作とは違う。)・頭のふらつきが止まりません(頭がふらつけば、伴って体もふらつきます。)。

熱中症の一歩手前だったのかもしれません。

 

森林公園の県営球場では高校野球の県大会が行われており賑わっておりました。

また、今日は訪れていませんが、県営陸上競技場では佐賀県高等学校総合体育大会が行われており、ケーブルテレビで全競技が生放送されています。

 

野球は観ませんが、高校総体の陸上競技中継は観ます。

ざっとした印象ですが、若者は頑張っている。

予想以上にレベルが高い(選手間の実力差も大きい。)。

鳥栖工業が目立つ、といった感じです。

女子では、佐賀北がそれなりに頑張っている印象を受けました。

男女とも、佐賀東の名前が目につかなかったのが気になります。

 

高校野球も高校総体も、参加&応援の皆様、熱中症などには十分注意されて、スポーツを存分にお楽しみください。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

7年ぶりに筑後川昇開橋を渡る! [地域情報]

6月3日(土)眩暈(偏頭痛性視覚障害)発作のため遅い朝のお散歩(10:00発)19.63km

朝から眩暈ですが、血圧が下がり過ぎて脳血管が弛緩したようです。

今日は、諸富橋、大川橋を渡って筑後川県境を越え、すぐさま南下し、昇開橋を渡って再び筑後川県境を越えて戻るコースを取りました。

諸冨橋も大川橋も、自動車橋とは分離して自転車・歩行者橋(並行する、別の小さな橋)があります。

※過去の記事の記述 この橋の自転車道兼歩道は上流側にのみ設置されております。長くて頑丈な橋ですが、自転車道兼歩道は、自動車道とは独立して懸架され、それを自動車道と数箇所のバーで繋いだような作りで、走ると軽く上下に揺れます。これが、着地のショックアブソーバー&トランポリンの反動のような感じで心地よく、かつ反発力で速度を維持向上させてくれます。
橋上を走る自転車は、揺れが怖いかもしれませんが。

という記事から6年後の今日、諸冨橋の舗道は、揺れは昔と一緒(ユッサユッサ)なれど、路面の裏の支材の接合or劣化の関係からか、着地すると、ズズッと沈み込みの衝撃がありました。
これは怖い。

大川橋は、揺れは大きいものの、着地による路面の衝撃は感じられませんでした。いずれにしても、復路にはこの歩道橋は渡りたくない。
復路は昇開橋を渡らねば。

昇開の時間を調べていなかったのですが、下流側(右手)に見える橋は、中央の昇開部は上がっていませんでした。
急がねば。

着いてみると、運よく、まだ渡ることができました。
修復後ということもあるのでしょうか、非常に安定しており、大変走り易いです。
まるで陸上競技場の専用トラックを走っているかのよう(走ったことはありませんが[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)])。580mほど、実に気持ちよく走れます。


で、中央の昇開部分を渡り切った途端に警報が鳴り、振り返ると、其の部分がゆっくりと上がり始めました。


これは、偶々(たまたま)間一髪、ということではなく、私のほか、4~5名の人が渡り切るまで昇開の起動を待ってくれたようです。

ま、その部分に入れてくれた以上は、出してくれるわけですね(笑)。


因みに、過去の記事を調べてみたら、この昇開橋を最後に渡ったのは、2009年の9月頃のようです。

2009年10月から昇開橋の保存修復工事に入り、2011年3月には私が沖縄に飛ばされてしまったので。

諸冨橋と大川橋を走って渡ったのは6年振りですが、昇開橋を渡ったのは7年振りということになります(他人にはどうでもいいことですが[わーい(嬉しい顔)])。


このエリア、まさに佐賀と福岡の両県共有のインターフェイスウォーターフロントです。

特に佐賀県側は、橋の駅ドロンパがあり、大河に視界が開け、特に今日は好天青空も相俟って、実に爽快、快適、開放的!

福岡県側は、九州貨幣博物館やら大川昇開橋温泉があったりなど、昭和風の観光ムードが濃厚です。


楽しいお散歩でした。

なお、往路の7割と復路の2割程度を、効率的直線路の徐福サイクルロードを利用したので20kmには達していません。

コメント(0) 
共通テーマ:地域

平坦なり、佐賀♪ [地域情報]

5月27日(土) やや早朝の金立SA経由の山方面お散歩(7:20発)23.25km
 
山「方面」ではありますが、金立SAからは、北ではなく高速道路に沿って西に進みますので、山「そのもの」ではありません。
このルート、標高はたったの海抜61mまでしか上がりません。
長崎では、ちょっと走れば海抜100mに達したのですが、佐賀市周辺はず~っと平地なので、此処まで来てもこの程度(金立SAから北に向かえば山?否、相当:あと10kmくらい北に行かないと海抜100mには達しません。)

しかも、上り下りがあっての海抜61mではなく、海抜4m地点から10kmかけて緩やかに緩やかに標高が上がってきているのです。

但し、こと、この高速道路横(下)の小径に関しては、10m~30m程度の急な上り下りが連続する楽しいルートになっています。

沖縄2年、長崎3年の在勤で急坂路に馴染んでいた私ですが、佐賀に戻って早や1年2か月、すっかり平坦路に慣れてしまっているので、程よく足腰、心肺に堪(こた)えます。

きついけど楽しい[るんるん]

路面が荒れていて足裏も痛い[るんるん]

足裏は痛いが、足や脹脛が攣ることはありませんでした。

金立SAは、今日も朝から賑やかでした(今日「も」と言いつつ、昨秋10月29日のお昼はやや閑散としていましたが)。

さて、今日は、市街地ではジョギング人(じょぎんぐびと)が何人かいらっしゃいました。

若い人は見かけませんで、中年以上の方々です。

高齢男性は大変地味な服装でした。

概して、佐賀では中年までの男性は膝下短パンと半袖Tシャツが多いですが、中高年は茶系の普段着が多いようです(但し、速そうな高齢者は、相当短い膝上短パンとランニングシャツが多いようです。)。

女性は、そんなに若くなくても華やかな色彩の服装の人が多いようです。

仕事ではないので、若やいだ服装を愉しむということもあるのかもしれません。

斯く言う私は、仕事着は白シャツに濃紺ズボンで固定ですが、お散歩となるとキャップ、サングラス、バックパックからシューズまで青系です(「緑衣の鬼」ならぬ「青衣の隠」)。

ジーンズとポロシャツという不思議な服装ですが、遠目からは実齢より50歳は若く見えるかと(爆笑)。

若者、と言えば、ジョギンではありませんが、部活の高校生が市街地をランニンしていました。

彼らは、白シャツに紺パンです。

一人、歩いているのがいて、後ろから来た仲間に何か言われていましたが、「俺はこれでいいのだ」ふうな返事を返していました。

スピードは、私のジョグウォクや、おじさんおばさんのジョギングと同じくらいですが、鍛錬目的を持って頑張っているので、これはジョギンではなく、立派なランニンかと思います。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

晩秋の佐賀平野 歩行者事情☆ [地域情報]

11月20日(日) やや晴れた 乃至 うす曇りの午前散歩(9:35発)17.88km

今朝も、朝食を摂りゆっくりしていたら、ふと転寝してしまいました。

朝は5時に起きたのですが、昨夜も転寝から本寝となってしまって寝具が十分でなかったことから(幸いスェット上下は装着)、目覚めた時点で頭痛と悪寒、頻回の嚔(くしゃみ)など具合がよくありませんでした。

そして、朝食摂っても回復しない、珈琲(ハワイモカブレンド)淹れて飲んでも回復しない。

で、ちょっと休憩とベッドで横になったらまたまた寝入ってしまったのです。

印象深い夢(若いころの同僚が複数名登場)を見て、よく寝た感で目覚めたので、嗚呼、今日も! 
と思って時計を見たら、邯鄲の夢(枕はいつもの枕ですが)ではありませんが、10分位しか経っていなくて一寸ビックリ。

着衣は朝食時から着込んでいたので、この転寝からの目覚めは不快感が取れていました。

そこから今日のお出かけ(散歩)決行を決意するまでには時間はかかりませんでしたが、来年のカレンダーのネット発注(選定)に時間がかかり、矢張り出発は9時を過ぎてしまいました。

因みに、カレンダーは2017も、空、南の海辺、夜景、実用の4種。

カレンダーは月変りの風景写真と捉えつつ、一つは文字重視版。


さて、今日のお散歩、結構頑張ったつもりですが、2時間以上かかっています。

ほとんどがジョグなのですが、そして頑張ってジョグったのですが、それなのに2時間以上かかっています。

時速にして8km強、正直、お爺さんお婆さんのウォーキングより遅い速度です。

ま、補水休憩、排水休憩もありますが、市街地を含むので、信号待ちも可成りあります。

死を覚悟して赤信号を突っ切れば、相当の時短にはなるでせう。

そういう視点ではありませんが、普通の歩行者はほぼ100%信号遵守と見えますが、運動のウォーカーやジョガー装束の方々は、半数以上は(安全確認の上)信号無視です。

これは、佐賀に特化したことではなくて、那覇や長崎でも同じように感じました。

車が来ない赤信号を真面目に待つのは日本人だけだと国際的に揶揄されるということを聞いたことがあるような気がしないでもありませんが、「車が来ない」は絶対的判断が難しい事象です。

確かに、青信号で渡っても、赤信号で待機しても、どっちにしても信号無視の車や暴走車に轢き殺される昨今の交通事情ではありますが、確率的に見れば赤信号で止まったほうが死ににくいかと思われます。

信号は守りませう。

そんな中、昨日今日と開催されている 「佐賀さいこうフェス2016」 の会場へ繋がる佐賀中央郵便局・県庁前交差点での出来事。

その帰りかも?と思しき家族連れ御一行(お父さん、お母さん、お子様二人)。

交差点へ私の直後ろに到着の御一行、点滅の始まった歩行者信号にどう対応するのかな?と観ていたら、お父さんが、御一行の先頭の坊や(4~5歳?)に、STOP!と号令!

坊やは、号令に合わせてピタッと停止、「気を付け」をして不動の姿勢。

やがて、信号が青に変わりましたが、坊やは直ぐには動きません。

今度はお母さんが、GO!ではなく、日本語で進めの号令(正確な言葉は忘れました。)! 

楽しい家族、交通ルール順守の頼もしい御家族でした。

交通事故防止で何が肝要かと云うと、信号遵守一時停止・一旦停止の峻厳実行不確定性意識の恒常保持(予測は必要だが予断は禁物)弱者保護の徹底(法規に優先する:こちらが優先道路でも止まって待つ 等)で、これを交通安全四天王と称します。

勤務先の構内での話ですが、車は歩行者を考慮しません。

駐車場からは歩行者を止めて出ますし、制限速度20kmの構内道路を60kmで疾走します。しかし、よくよく見てみると、車同士でも無法状態なので、とりわけ歩行者だけが虐げられているのではないのかもしれません。

あ、話はちょっと違いますが、晩秋の歩道は落ち葉が多くて、トリッキー リスキー(特に雨上がり。今日?)なので、滑らないよう要注意![わーい(嬉しい顔)]


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016佐賀熱気球世界選手権大会 たけなわ♪ [地域情報]

11月3日(木・祝) 綺麗に晴れたお散歩(11:15発)18.71km

思ったより疲れてしまったので、この日の筋トレ(脚)は軽めにしました。

無理して壊しては元も子もありません。

11月5日(土) 晴れたお散歩(11:50発)12.99km

出発が遅いのは、朝食後、眠ってしまったからです。

休日は、眠い時は眠りを優先するのです(と、インテンショナルな入眠ではなかったのですが)。

それと、4月の引っ越し時の片付けが中途半端で(8年前の引っ越しの時の荷解きが済んでいない段ボール箱やら何やら)取り散らかっていた玄関ホールを片付けました。

傘立てが無いので、傘が三本フローリングに残りました。

ホールと書きましたが、単なる上り口の廊下であって広く取る必要性がないので、そこに何らかの収納家具を置きたいなと思います。

幅1400mm、奥行380mm、高さは1800mmくらいがいいかな。

何を入れよう?

ティッシュペーパー、トイレットペーパー、帽子、サングラス、インソール、リュック、カー用品類 等々。

今日の筋トレ(脚)は普通にやりたいので、あまり筋肉疲労が残らないよう、お散歩は可成り短めにしました。

短くした分、ちょっと駆け足になりました(ジョグウォク→ジョグ&ラン)。

しかし、時間が短かった分、疲労感が少ないようです。⇒ 攣らない、だるくない、痛みもない。

どうも私の体(筋肉)は、長距離型ではなく短距離型らしい(決して速いという意味ではなく。)。

装束に関しては、今日は陽射しが強く、暖かく風も穏かだったので、薄手の半袖シャツ1枚でしたが、それでも大汗です。

ボトムは、ニッセン通販で買った「すごく伸びるルーズフィット夏デニム9分丈テーパードパンツ」です。

ウエストはそんなに太くない(ウエストヌードサイズ70用)のに、渡り(太腿部分の寸法)が62cmありますので、頗る快適。

靴は、ニューバランスのM1090ですが、底が平坦で履きやすいです。

靴は、やっぱりアシックスとニューバランスに限りますねぇ。

これが摩耗して来たら、一度M1040も履いてみたいです。

夕方、車で買い物に出たら、北の空に沢山の熱気球が浮かんでいました。

佐賀では毎秋バルーンフェスタが開催されていて、この時期にバルーンを目にするのは珍しくありませんが、今年は、2016佐賀熱気球世界選手権大会なのです。

数年間佐賀を離れていたこともあり、新鮮な感じです。

人混みが苦手なので嘉瀬川河川敷の会場に行くことはしませんが。嫌いではありません。

ここ1週間、市内の渋滞が酷いのはこのせいかもしれませんが(自宅マンション前の道路が超渋滞で詰まり、帰宅時なかなかこの道路に右折できない。)、賑わうのは良いこと、と達観し、それほど嫌ではありません。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今は、もう秋・・・♪ [地域情報]

2016/8/27(土)     12.43km  感染予防のため、マスクをかけてのジョギング、ウォーキング。

今日は10時前に出かけることはできませんでした。

筋トレとのタイミングで、ジョグウォクは今日ではなく明日がいいかなと思って一寸躊躇(=hesitate)したためです。

でも、明日は雨っぽいので、今日、強行しました。

出発時の室温がなんと29℃で、室外も爽やかな風がありました。

そして、熱中症の恐怖が軽減したことから、ほんのちょこっとですが、距離を伸ばしました。

今日は、ジョギングしている人と何回か遭遇しました。

人々は気温の変化に敏感ですね。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エアコン点けても室温32℃☆ 独居老人の愉悦♪ [地域情報]

昨日、今日と佐賀市は気温が上がるということで、エアコンを稼働させています。

これまで、鹿屋、宇部、鹿児島、佐賀、那覇、長崎と、赴任地でエアコンを使ってこなかった私ですが、実は、佐賀にはエアコンがありました。

6・7年前に住んだ時は、省エネもありますが、実は壊れていると思っていて、使いませんでした(体も元気だった。)。

それが、4月に自宅に戻ってきて、ゴミ屋敷再生計画を遂行するに際し、エアコンが動くことを知ってしまいました。

爾来、室温が32℃を超えるようなときには、稼働させるようになりました。

今(17:13)、エアコンを稼働させて、居間の室温が31.6℃です。

洋間のエアコンで、居間もカバーしているので、こんなものです。

室温が32℃を超える夜は、さらに、居間の隣の寝室までカバーします。

夜は、気象庁観測上は28度くらいの筈ですが、何故か温度計が32℃より下がらない夜があります。

ここしばらく30℃以下になったことはありません。

もっとも、暑さに慣れたせいか、室温が30度以下に下がると頭痛がします。

職場では23.5℃くらいに設定されるので、冬用の上着を着ても震えが止まらないし、頭痛が来ます(本来居室ではないスペースに間借りして仕事をしているので不満は言えません。)。

さっき(16:00頃)、給油と買い物に車で外出した際には外気温が37℃でした(意外に低くてビックリ!)。

車だと、窓を全開させれば風が入るので、エアコンは使わなくても大丈夫です。

ちなみに、運転前の始業点検に際し(久々)、冷却水と窓洗浄水が減っていたので、持参の水道水で緊急補充しました。

しかし、全然足りていないので、インタークーラーウォータースプレー水も含め、後でちゃんと補充したいと思います。

さて、給油ですが、4月来行きつけの(6年前にも行きつけだった:一番近所だから)店人給油GSがついに自販機式に変更されることになり、改修工事が始まりました。

したがって、今日はもう使えない、かつ改修オープン後は自販機式で営業ということです。

仕方がない、今日から自販機式GSで給油することにしました。

生涯2度目です。

機械に高額の支払いをするのが嫌な感じだったのですが、考えてみれば、ほかの商取引では相当の部分で機械にお金を任せることが増えています。

2年前の入院時には、100万円近い診療費を機械に支払っていますし、本日この給油の次の次に立ち寄ったスーパーでは、バーコード読み取りは店員さんが行いますが、お金は機械に支払っています。

う~ん、昔から、床屋とクリーニング屋さんとGSは、私のふれあいの場(孤老のコミュニケーションの場)だったのです・・・。

相手にとってはいい迷惑ですが。

収入の激減(三分の一)により、全品自分洗濯化してクリーニング店の利用をやめ、散髪もバリカン買って自分でやり床屋行きをやめたので、GSでの給油が最後の砦でした。

まあ、これが時代の流れで、孤老(身寄りのない独居老人)は孤立化を深めるのでありますな。


あれ?

今(18:03)、やや暑いなと思って室温を見たら、居間の室温が32℃に上がっていました。

エアコンは点けているのに、この時間に室温が上がるのは不思議です(窓は閉めています。エアコン入れる以上は当然ですが)。

気象は不思議です。

あ、32.1℃ に上がった!

不思議過ぎる(笑)。

33℃まで上がったら、洋間に逃げ込もう。

テレビが無いので、読書三昧です。

職場には盆休みは無いので、明日は出勤、夜更かしは禁物です。

もっとも、盆休みはありませんが、業務単位で仕事に支障がないよう調整して交代で休暇を取ることは可能な場合があるようです。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「セーラー服と機関銃」に期待する。郷土の英雄♪ [地域情報]

2月28日(日)きちんと晴れましたのお散歩(10:45発)21.19km

きちんと起きているのに、この時刻!

と、今日も、ひいこら言いながら、ちょこっとお散歩をいたしたわけです。

ときに、もう一週間もすると、「セーラー服と機関銃」という映画(活動写真のことです。)が封切りになるというお話があります。

観に行く筈は無いと確信しつつ言うのもなんですが、この映画は観に行きたいですね。かつて、薬師丸ひろ子さんが主演されたこの映画を私は観ていません。

当時は硬派だったので、マッドマックスとかポールポジションしか観なかったし、本当に他の種の映画には興味がなかった。

アメリカンジゴロの主題歌コールミーは好きで、これを流しながら深夜爆走などを愉しんでいましたが、映画は観ていない。

で、今頃、あの頃の薬師丸ひろ子さんの短時間動画を観て、可愛いなと思ったりしているわけです。

年を取って幼児化しているのか(退行)、ナボコフ化しているのか?

そんな状況で、維新の英雄、勝海舟?

いいや、郷土の英雄、大川栄策、古賀政男、内山田洋、藤井フミヤ、松田聖子、森田一義、井上陽水、財津和夫、高倉健、壇一雄、北原白秋、武田鉄矢、中尾ミエといった錚々たる系譜の上に在るのが、橋本環奈という若い女優さんです。

まだまだ無名ですが、すでに地元では未来の内山田洋、いや、大川栄策以上の大器と囁かれるほどの期待の新鋭です。

そのような女優さんが、21世紀リメイクの「セーラー服と機関銃」の主役を演じられるというのだから、黒田、有馬、立花の里は大変なものです。

3月5日封切りということなので、是非ご近所さんお誘いあわせの上で上映館に足を運び、大いに盛り上げようではありませぬか!

ちなみに、最近使われている「かっど」という言葉は、「活動写真」のこと、「シネマトグラフ」のことです。 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雪で交通途絶! [地域情報]

長崎でこんなに雪が積もるとはね・・・という朝です。

昨日は急なお仕事でほぼ一日職場でした。

天気予報で、日曜日は雪が凄いから不要の外出は控え事前に備えをしておくようにというアドバイスがあったのを思い出し、帰りにスーパーに立ち寄りましたが、パンが払底していました。

何で無いの?

と近くにいた店員さんにお尋ねしたら、午前中に売り切れたとのことでした。

日曜日に備えてのことでせう。

でも、仕事帰りの労働者としては、夕方前の売り切れは・・・・、困るっ!!

でも、その後コンビニにも寄って二個買うことができました。

斯様にして日曜日を迎えることができたのですが、予報通り大雪だったという訳です。

目覚めた時、子供たちの遊ぶ声が聞こえたので、大した雪ではないのかと思ったのですが、カーテンを開けて外を覗いてみるとみると、10㎝以上は積もっているようで(山なので)、しかも吹雪いていました。

要するに、子供は元気で寒さをものともしない、しかも雪好き、ということが改めてわかったということです。

ということで、今日も、昨日に引き続き、お散歩は休止いたします。

これまで何度も、大雨や台風や積雪の中で走って脚(足)を傷め、長期に亘り歩行にも難渋した経験があるので、それよりも、運動不足・肥満・糖尿病のほうを選ぶことにいたしました。

今日は冬籠りで良いのですが、問題は明日の出勤です。

平常は6時前に車で出発し6時半前に出勤(入室)して、始業までの2時間、お掃除をしたり、お仕事をしたりして有意義に過ごしています。

明日は、8時半から午前中一杯会議が続きます。

午後は、また、かなり厄介な業務が入っています。

したがって、遅くとも8時頃までには出勤していないといけません。

しかし、明朝は雪の残る中、氷点下4度まで気温が下がる見込みで、車では行けません(チェーンは、クリアランスが無いため巻けません。かといって、あるかないかの可能性に向けスタッドレスタイヤ4本は買いたくありませんでした。)。

今日もバス、軌道が運休している状況、明朝にバスやJRが動くとも思えません。

病気の前は丘越で走って通っていましたが、晴天でも1時間かかっていましたので、雪中歩けば3時間はかかります。 

大雪と氷点下4度の中で山道を歩けば、遭難・凍死の危険性もあります。

雪中倒れていても、車は通らないので、暫くは発見されません。

寒さのため、発見された時点では腐乱死体に成っていない筈、というのが不幸中の幸いと言うか、唯一の明るい希望です。

そういうことなので、後日激しく非難されるのを覚悟で、歩きでの出勤はしないつもりでおります。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

セルフ給油記念日 28年も元日は日帰り帰省♪ [地域情報]

昨年は、前年末に車がパンクして交換品が無く、JRで帰省しましたが、今年は車での帰省です。

自宅には帰らず、実家に帰って墓参(正確には、寺と納骨堂です。)。

朝はなんやかや時間を食ってしまい、9時の出発になってしまいました。

9時だというのに陽は無く、車はガチガチに凍っていました。

部屋に戻り、ペットボトルに熱いお湯を満たしてきます。

解凍して出発、高速に乗ると、霧が酷い。

私は、長崎道がとても苦手でよく分岐路をミスってしまうのですが、本日も濃霧で標識を読み切れず、早々と諫早で高速を降りてしまいました。

直進すると高速を降りてしまうのです。

仕方ないので、大村までは一般路を走りました。

一般路は、ガラガラで、信号も少なく、濃霧で速度規制の出ている高速本線とそんなには時間差は生じなかったようです。

手ぶらで帰るのも何なので、大村SAでお土産を二つ購いました。

一個は実家用で、もう一戸は実家が世話になっている地元の私の友人用です。

嬉の辺りかな?突如大渋滞が発生しました。途中から片側通行になり、その先に、路肩側に派手に横転しているワゴン車がありました。

路面は凍ってもいないのに何で横転したのだろう?

私は、超高性能車を(速度規制に法っ)チンタラ走らせていますが、何割かは、超低性能車で速度規制の50km/hくらいでカっ飛ばしている方をお見かけします。

とても勇気ある行為で、ある意味敬服しますが、他者を危険に巻き込む愚行でもあるため、憎みもします。

その勇気は、スポーツライセンスを取って、クローズドコースで行動化すべきでしょう。

今日は、街中を抜けないで済むよう、いつもより一戸先のICで高速を降りました。

なんとか午前中に実家に到着。

お茶を一杯飲むと、私の車を弟が運転して、寺社参りに出発。

まず、日吉神社。30数年ぶりかな?

田舎の小さな神社ですが、二組の参拝者がありました。

だいたい、皆知り合いの筈なので、丁寧にご挨拶をいたします。

ちっちゃな境内ですが、本社のほか、側面のお社二か所にもお参りをいたします。

そこから少し歩いてお稲荷さんへ。

こちらのお賽銭は五円玉をということでしたが、生憎無いので壱拾円玉にさせていただきました。

こちらにも「宇宙の安寧、世界の平和」というのは違和感もありましたが、他に思いつかないので、これに「日本の繁栄」を付け加えるに止めさせていただきました。

壱拾円でこれは欲張り過ぎかも知れませんし、お稲荷様の守備範囲ではないのかもしれませんが、金目ではなく気持ちですし、神様も気持ちで。

そこからお寺へ移動。

先ず、本堂で焼香、礼拝。

ここでは、先の祈念事項に、冒頭に「御仏の慈悲が全世界に満ちますように」を加えます。

私は多神教というか、平和的に多くの宗教と共存できるかもしれませんが、仏教が基本ではあります。

それから納骨堂。

ここで事件が起きました。

弟が火の付いたお線香の一本をお賽銭箱に落としてしまいました。

拾おうとして拾えるものではありません。

ここにお札を入れる人はまずいないので発火、火災の危険性は無いと思いますが、皆無では有りません。

数分経つとお線香の臭いもしなくなり、火はとうに消えてものとは思いますが、O型の弟は慎重です。

A型の母は、もう完全に消えてるからほっといていいのでは?と言います。

私はA型ですが、安全管理偽善者で大規模事業所の防火管理者も経験しているので、弟の言うとおり、寺の管理者に連絡することを主張しました。

ということで、管理棟(住職の本邸と棟続き)の呼び鈴を押しました。

そうすると、住職本邸の玄関が開き、住職本人が姿を現しました。

弟が事件の顛末を説明するのを聞き入っていた住職は、それよりもなによりも、私に、「ドブちゃん、体は大丈夫な?大病したと聞いたが?」と気遣ってくれます。

彼は、私の小・中・高の同級生で、古くからの友人です。

近況を説明しながら、納骨堂に向かいます。

賽銭箱の中にお線香はありましたが、確かに火は消えていました。

しかし、この種のことは、常に100%の検証が必要なので、これでいいのです。

99%でよいということは無いのです。

住職は(仲間内では、「坊主」とよんでいますが、私は「〇〇ちゃん」と呼びます。)しきりに私の病気を心配してくれます。

案外に大丈夫そうなのを見て安心してくれたようです。

弟がお線香を賽銭箱に落としてしまったのも、彼と会うための御仏のお導きではありませぬでせうか?

そして次は、本家へのご挨拶。

普段から母と親しくしていただいているお家です。

私の記憶では小学生以来の訪問なので、何十年ぶりでせうか?

と思って話していたら、若奥さんも私と会われているということで、もしかしたら、結婚の時、披露宴でのことか、結婚後の挨拶回りで訪問したか、です。

本当に久々に本家の皆様にお会いできてよかったです。

掘りたての大根をいただいてかえりました。

母は、昔から、とてもおねだり上手なのです。

その後実家に戻り、母親のご近所・親類四方山話をまったりと聞いてから、明るいうちに実家を後にしました。

滞在が短すぎると感じる方があるかも知れませんが、顔を見せて互いの安否や人間が変わらぬことを確認できればいいのです。

それと、今回は、家族以外の地元の人たちと会えたのは望外の喜びでした。

帰りは、自宅には立ち寄らぬものの、佐賀大和ICから高速に乗ることにしました。

その途中、ガソリンスタンドに寄ったら、セルフ給油のスタンドでした。

自慢ではありませんが、やくみつる さんと同様、私はセルフ給油のガソリンスタンドを利用したことがありません。

昔は、20リットルのガソリン携行缶2缶をトランクに積み、途中で路上給油していましたが、セルフ給油は苦手で毛嫌いしていました。

しかし、今回、必要に駆られ使ってみると、意外にシンプルなので拍子抜けしました。

しかも、番号合わせゲームで3つが揃い、ハイオクを118円で給油できて大満足です。

本日は、GSセルフ記念日と言っても過言ではありません。

そうやって、気持ちよく高速に乗り、気持ちよく走って長崎に戻ってまいりましたが、いつものように、料金口を間違えて、出島道路に乗ってしまい、長崎市街地経由の遠回りコースで帰還いたしました。

料金ゲートに入る前には表示が認識できて間違いと気付くのですが、もう、列を換えるには遅すぎます。

覚悟を決めてゲートを通過するのです。

この潔さ、まさに武士道なのです。

カレンダーの取り換えは明日にしよう

Mai-K.net online fanclub宛の年賀状(パターン化しています。)

28nenga.PNG


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏が頑張る☆ [地域情報]

9月27日(日) 秋晴れの好いお天気のお散歩(10:16発)22.07km

きょうは、朝シャンならぬ朝サン(散髪)をしましたので、やっぱり出発が遅れました。

きょうは、海抜139m地点を通りました。

標高差120mを1.1kmで上るので、汗をかきます。

でも、その後の下りを力任せに駆け下りないようにセーブしないと、筋肉や足裏がガタガタになって後半に大きく影響するので、気を付けないといけません。

でも、下りの速度を抑えると、筋肉はとてもダメージを受けます。

どっちにしても、急な下り坂は要注意です。

きょうは、秋ですが昨日と同様にとても暑くて、まるで、夏が最後の力を振り絞って私たちにリゾート気分をプレゼントしているかのよう。

ということで、今日も、ボトム丈の短いお嬢さんを沢山お見かけしました。

一方、老爺の私は年中踝(くるぶし)が隠れる丈のジーンズを着用してジョグウォクっています。

ここでふと気付きましたが、そんな格好でも、ここ長崎では、ジーンズが汗でビショビショになったことはありません。

佐賀や沖縄では、カンカン照りの日に、ジーンズが本当に絞れるくらい汗で濡れていました。

職場で着替えてジーンズを吊るすと、汗が滴り、床に水溜まりができるほどでした。

沖縄は兎も角、長崎は佐賀より涼しいようです。少し南なのに。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピーコさんのご講演「片目を失って見えてきたもの」 頭髪のこと♪ [地域情報]

昨日、ファション評論家でシャンソン歌手の ピーコさん の講演を聴講してきました。

県と大学の共催の講演会ですので、入場料無料です。

会場は、10年前に 倉木麻衣 さんが ライブ(Mai Kuraki Live Tour 2005 LIKE A FUSE OF LOVEを催行なさり、私も当時の居地 山口は宇部 から駆け付けた ブリックホール でございます。

あのライブからもう10年、感慨深いものがあります(宇部への帰り道は、寂しかった・・・。)。

今の私は、諸般の事情により心ならずも、先週のシンフォニックライブの参加が叶わず、また、10月28日のファンクラブイベント(バースデーライブ)の申し込みも「うっかり」間に合わず、でありました。

      

そのような状況ですが、今回、近所で ピーコさんの講演が行われたので、お散歩がてらに行ってまいりました。

会場に到着されて楽屋に向かわれる途中、と、楽屋から講演会場控室に向かわれるところに、偶然遭遇いたしました。

後で、御年70歳とお聞きしてビックリしましたが、近くで見ると、どう見ても50代にしか見えません(後で、会場で、座長の先生もそのようなご感想を表明されていました。)。

スタイルがいいというか、テレビで拝見するより、スリム、適度にほっそりされているのも意外でした。

いずれも、真剣なご表情をなされていたので、通り過ぎられるまで、黙して深々とお辞儀をしたままでおりました。

芸能人と言うより、文化人ですので、こういう対応が適切と思ったのです。一階席は予約席ですので、当日入場の私は2階席に行きました。

上から見ると、1階席は満席。

2階席は、3分の2強の入りですが、中途を空けたりされているので、座れる席で言うと、満席に近い状態でしたので、立ち見(聴)の方もいらっしゃいました。

1階席の座席数分だけで先着順で予約を締め切り、当日客は、これも先着順により1階の欠席座席、次いで2階席と言うことであったようです。

つまり2階席は全部当日客です。

講演内容は、基本的には全部が漏出禁止でありましょうが(県・大学)、ご本人が、「これは無しネ[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]」とコメントされた部分のみがオフレコと理解 ♪

さて、その中で、ピーコさんが左目を摘出なさった後、大変落ち込まれたというお話。

一時は、死 すらも意識なさったとか。

その理由は、片目を無くしたことではなく、再発防止のため(と、当時は信じられ、現在はその効果はないと判明した)術後の抗がん剤治療(化学療法)による  脱毛 であったそうです。

私も、ガンではないが、今夏やっと指定を受けた特定疾患(指定難病)で、脱毛がありました。

最初は別疾患の対症薬ワーファリンの副作用と思っていましたが、その後の他の強烈な諸症状で瀕死となり、即入院、3週間後、三途の川の手前で病気の正体らしきものが見えてきて、峠を越えたというか、河原から引き返すことができましたが。

そう、脱毛は副作用ではなく、当症候群の主症状でありました。

入院前の期間は、髪が抜ける、抜ける。

まず、側頭部がスカスカになる。

そこから徐々に前頭部へ。

芸人の小杉さんのようになったわけです。

長いと余計に見苦しく思い、とうとう丸坊主にしたわけです。

大腸出血のほか、両手両足の爪も落ち、味も超絶的に変になり、これらは全て生活に重大な支障を来しますが、生活には何の支障も来さない脱毛は、精神的には同等の衝撃と落胆を生じます。

爪(形状が変ですが)とともに髪も生えた今でも、不安感は残り、髪はいまだ丸坊主です。

ピーコさんがその精神状態から復活されたきっかけは、毛髪が生え始めたことだそうです。

今はとてもふさふさとした見事な御髪をなさっておられます。

ピーコさんのお話し、全く身につまされるものがありました。

当然、これはご講演の主旨ではありませんので、念のため申し添えます。

さて、私事ですが、発症から入院中、ヒゲも生えず、髭剃りが不要でした。

ステロイド剤が奏功し、爪と髪が生え始め、大腸の出血が軽快するとともに、ヒゲも生えて、1週間に1回、2~3日に1回と髭剃りもやるようになったわけです。

以前は、手の甲などの体毛は余り好きではなかったのですが、この頃は、手の甲の毛が太く濃ゆく長くなるのが嬉しかった思いがあります。

そういうことで、新しい電気髭剃りが欲しいのですが、高いです。

4万8千円とは何事かっ!!!


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長崎の 原爆犠牲者慰霊式 と 平和祈念式典 [地域情報]

8月9日(日) 夕方のちょこっとお散歩(16:30発)8.62km(短い・・・)

きょうは夕方の短いお散歩です。

しかし、夕陽を舐めてはいけません(舐めてました・・・。)。

この距離でも汗をかきました。

疲れました。

身体が燃えそうになりました。

嘘偽りなく、体表は発火点を超えているように体感しました。

熱中症なんてものではなく、熱炎症ってな感じ。

これは危ない、と、途中のトイレで、水道水を頭から体中にかぶりました。

焼入れの真っ赤な鉄のように、ジュッ と。


 

午前から昼跨ぎで、「原爆犠牲者慰霊式」参列してきました。

途中、安倍首相、ケネディ大使など世界中の要人が参列する平和祈念式典が開催される平和公園の裏側(浦上天主堂横)を通るのですが、それ以前の浦上トンネル入り口辺りから警備警察の方が沢山お仕事をなさっておられました。

暑い中のあの服装は過酷です。

日本の警察は、警備に当たり軽機関銃などをお持ちでないのが、凄いです。

腰には拳銃も無いように見えます。

これで熟練のテロリストの襲撃を受けたらどのように応戦されるのでしょうか?

基本は要人を守護することとて、人体を以て楯となす?

過酷な服装と言えば、平和祈念式典に出席なされる方々も、黒セビロにネクタイと、大変なことです。

屋外ですから。

私たち、原爆犠牲者慰霊式のほうは、服装は一緒ですが、室内なので、多少の冷房が働いています。

これで1時間半は辛くはありません。

駐車場がちょっと離れた坂の上なので、その往復には大量の汗をかきますが。

私たちも、11時2分には黙祷です。

原爆犠牲者慰霊式なので、慰霊の黙祷ではありますが、宇宙の安寧、地球の平和を忘れて手はいけません。

帰りは13時30分頃になりました(職場に戻り、一人で持参の昼食を摂りました)が、文教通りに向かうアンジェラス通りは大渋滞でした。

貸し切りバスが沢山いました。

ともあれ、今日が、一年で一番長崎が注目される日なのではないでしょうか?


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長崎市 禁煙地帯 [地域情報]

8月8日(土) 晴れの正午跨ぎのお散歩(10:45発)23.83km

この時期のこんな時間にお散歩したらイカンのですが、3回も寝直してしまっては仕様がない。

長崎は周りが海で、海洋性気候なので、お隣の佐賀県や向こうの熊本県の内陸性気候より涼しいのですが、日光はそこそこ強いです。

したがって、直射日光を浴びてのお散歩は、皮膚が痛いのです。

発汗量もそこそこあって、既述のように、失われる水分・塩分量と、摂取できる量に、若干の乖離が感じられ・・・。

そうすると、手足(脚)が攣り始め、意識は朦朧と・・・。

そげなこって、時々、途中で寝たふりをせんとイカンわけです。

でも、頭に直射日光を浴びているので、あんまり回復しない。

てな感じで、平和公園の横の天主公園で頭を垂れていたら、煙草を燻らすお父さんを観てしまいました。

参ったなぁ、観た以上は、ここが喫煙禁止地区であることを教えてあげないといけない。

でも、お父さんは子供連れ(小学校低学年の男子)。

子供の前でお父さんに恥をかかせてはいけない。

女の子をトイレに連れて行ったお母さんにそっと伝えようかなとも思いましたが、嫌味爺ぃっぽい行為と思い直し、直接お父さんに話しかけました。

(笑顔で接近)「こんにちはぁ・・・。」

「すみません、判り難くて申し訳ないですが、このあたり、禁煙地区になっておりまして・・・。」

「ああ、子供を遊ばせてはいけない?」

(えっ?)「いえいえ、子供さんはおおいに遊んでいただいて結構ですよ。そうではなくて、このあたりは、煙草を吸ってはいけない禁煙地区なんです。」

「ええ? そうなんですか、すみません・・・。」

「いえいえ、そういうことではなくて、私はご注意しているのではなく、ご説明しているだけですので・・・。これからはよろしくお願いします、ということで・・・。」

「はい、わかりました。」

「どうもすみませーん」(女の子を連れて戻ってきたお母さん)

「いえいえいえ、どーも・・・。」

ということで、変な雰囲気になることなく、割と和やかに(自己満足か?)。

やっぱ、喫煙注意歴10余年。その間、刃傷沙汰もなくやって来た実績は伊達ではない?

いや、当初は、見つけたその場で煙草の火を消してもらっていましたが、今は、そこまではやっていません。

「北風と太陽」をちょこっと意識しています。

後半、岩屋橋三角広場(浦上街道から文教通りが分岐する場所)の木陰で、意識を戻すために頭を垂れていたら、インドからの方と思しき中年男性二人連れに道を尋ねられました。

英語っぽくない英語で、※☆#◇と言う名のショッピングモールを知りませんか?と尋ねられ、名前は度忘れしたけど、この先500m位先になんかあるよ、と日本語っぽくない日本語で答えてあげました。

OK♪と言って笑顔でそっちの方角に歩いていきました。セビロを着て炎天下を歩き、汗ひとつかいていないのは、流石です☆

少し経ってから「チトセピア」と言う名を思い出しました。

私もそっちのほうに向かう予定だったのですが、そっち行ってて(実は月3ペース)名前を忘れたんかい?と思われるのもなんとなくばつが悪いので、コースを変えた小心な私でした。

さて、明日は、職場の「原爆犠牲者慰霊式」に参列です。

平和祈念式典が同時刻に開催される平和公園の近くなので、警備に伴う渋滞が予想されます。

早目に出ることが肝要です。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長与ぺーロン大会 [地域情報]

8月2日(日) 好く晴れたお散歩(9:27発)22.03km

今日は、やや早目に出たので、バテバテにはなりませんでした。

あのあたりの海傍の公園では(長与総合公園)、ペーロン騒ぎ(長与町ペーロン大会)♪

グランドでは、一方の面で中学生の野球の試合、こっちの面では大人たち(女性を含む)のソフトボールの練習が行われていました。

暑い中、全くご苦労なことです(好きなんですねー♪)。

さて、トコトコ駆けて、橋を渡って長与港へ行きますと、こちらが長与町ペーロン大会のメーン会場。露店が出ていて、人が沢山集まっていて、とっても賑やかです。

いいですねぇ、長崎の夏ですねぇ。

こんな時写真でも撮れば雰囲気が伝わるのですが、ここ数年、カメラを持ち歩いていません。

完全なる「歩き」のお散歩の頃は、「ぶらぶらする」のが目的だったので、よく寄道して写真を撮っていたのですが、「駆ける」を含むようになってからは、「移動する」、「頑張る」が目的のようになって、写真を撮る余裕が持てなくなりました。

ならば、と、持ち歩くのもやめてしまったわけです。

まあ、そのような長与ぺーロン大会の会場を迷惑裡に駆け抜け、次は、時津港、時津公園に向かいました。

こちらはアリーナっぽい港ですが、真夏の好天の公園に人はまばらです。

スタンドアローンの親子が3組くらい。

ここから滑石公園に向かいます。

滑石公園では、兄妹らしき二人の子供たちが公園から出てきて、園内には誰もいなくなりました。

そろそろお昼も近いので、早目におうちに帰るのでしょう♪

私もおうちに帰ってお昼ご飯をいただかなくては。

と、帰途に就いた次第です。

補水、補塩(ソルティーライチ飴)には十分気を付けていたので、熱中症にはなりかけなかったと思うのですが、ラスト近くの上り坂でちょっと力が入ったのか、左脹脛が気合い系の攣りの寸前に。

これ以上頑張ると攣る→肉離れ、というよくないパターンが脳裏に浮かぶ。

最後の1kmちょいは、歩きです。

歩きに変えると、接地時間が長くなるためか、足裏が痛くなる。まぁ、これが季節感というか、日本の夏、長崎の夏、海洋性の夏の醍醐味(?)。

話は変わりますが、先週の「27時間テレビ」で、漫才師の  吉村 崇 さんがご自分の愛車 BMW i8 を自ら壊された、というニュースを見ました。

よくよく読むと、前面窓ガラスにひびが入った程度らしいです。

動画ニュースを観ても、被害は小さいようです。

そんな程度であっても、愛車を傷つけるというのは悲しいことです。

自ら傷つけた、と言われますが、シナリオ通りのプレイでないとすれば、状況イジメといったところに見えます。

今後の漫才師活動を続けるためなら、状況の流れ(圧力)に流されるしかない、と判断せざるをえない空気感。

これがいじめの構図です。これを否定する人がいる組織はイジメ容認組織であり、いじめはなくなりません。

一気飲み然り、集団万引き然り、集団暴行然り。

こういう空気は、テレビ番組が醸成しています。

とんねるずの、芸能人に高価なものを無理に買わせる番組がありますが、予定調和であっても、見る子どもたちには、いじめに向かう空気感を醸成させます。

ああいった番組で、はめられた芸人が、メイン進行者や取り巻きに牙を剥いて襲い掛かるという企画があっても面白いかもしれません。

それはそれで、テロに流れる空気感を醸成することになるのかもしれません。    


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

普通のペプシコーラが飲みたいっ!! [地域情報]

6月21日(日) ちょっと晴れなお散歩(9:05発)32.12km 

きょうは、25kmを超えた辺りから、いつもと違う変調。いつもは、右足の裏、ちょっと頻度が落ちて、第2位が右脹脛の攣り と 右足小指付け根付近の胝、第3位が左右の膝 と 左右のハムストリングス(腿二頭筋類)でした。

今日は、なんとそのいずれも傷めることなく進捗!これはイケる、と思っていたら、先ず、右脚の脹脛の真横の筋肉(外側踝横から膝外側まで伸びる)の違和感(無感覚→攣り、肉離れの前兆感)が。

ちょっと休憩して走り出すと、今度は、左膝内側上部の筋肉(内側広筋?)が攣る感じ(肉離れ前兆?)。

これは、痛みと塊感が。

この筋肉がこんな風になったのは初めてです。

ウエイトをかけたトレーニングで、トレーニング効果として筋肉痛が出ることはありましたが。

ということで、折角主故障部分が快調だったのに、大事をとって、あとは歩きとしました。

あとでわかったのですが、常々、「歩くより遅いジョグウォク♪」と言っていたのですが、いつのまにか、私の「歩く速度」は、私の「ジョグウォク速度」よりも遅くなっていたのです。

右脚長指伸筋と内側広筋が傷んでいるとは言え、時速5kmは有り得ない遅さでしょう。

7年前、佐賀で歩いていた頃の速度は時速8kmだったので、有意に遅くなっています。

これが老化というものですね。

厳しいですが、これが現実です。

    

きょう、お散歩の終わり近くに、コンビニで「ペプシストロング ゼロ」を買いました。

「ペプシストロング」が無かったからです(帰宅後に調べたら、こちらは7月14日の発売でした (^ 。^)ゞ )

私は、もともとコーラが好きでした。

最初はコカ・コーラを飲んでいましたが、味の嗜好から、成人後はペプシコーラを飲むようになりました。

しかし、近年、普通のペプシコーラが小売店頭から姿を消してしまいました。

ペプシはゼロカロリー製品しか見なくなりました。

いっぽう、コカ・コーラは、不味いゼロ製品のほかに、昔ながらの普通のコーラが店頭に残りました。

私としては、コカ・コーラよりペプシコーラが好きですが、ペプシのゼロ製品よりは、まだコカ・コーラの普通製品がいいので、ここ数年は心ならずもコカ・コーラを飲んでいるのです。

ゼロではない、普通のペプシコーラも作られているのに、なぜ店頭に並ばないのでしょう?

こうなったらAmazonさんから大量に購入しますからね!

品揃えが悪いから現場小売店舗の販売実績が落ちるということもよくあるのです。

でも、取り敢えず、7月14日の店頭状況を見てみましょう。

pepsi022.jpgpepsi031.jpgpepsi011.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング

春の町内一斉清掃♪ [地域情報]

6月7日(日) 薄曇りのお散歩(8:18発)29.77km 

朝はちゃんと起きたのですが、先ずは、5時50分から草取りです。

今日は町内一斉清掃日なのです。

実は、我が社宅は、これを見越して、外注委託により敷地内除草を一足先に敢行しておりました。

しかし、昨日、つらつら考えますに、町内一斉清掃というのは、我が庭を綺麗にしようということではなく、公の場所、皆の場所、つまり敷地外の公道や公園、それらの境界領域等なのでありましょうぞ。

さすれば、我らが社宅敷地内の除草を外注委託で実施したとしても安閑として居るわけにもゆきませぬ。

故に、今朝は、社宅敷地と公道路肩に群生する雑草の除草に踏み切ることに致した次第であります。

但し、時間は私の都合(お散歩との時間的兼ね合い)により5時50分開始、7時終了と致した。

等社宅からの独自参加は我独りなれば、よかろう?

さて、致してみますれば、存外に絶対量が多い。

1時間では終わらないと思われました。

そして、雑草は猛々しく、地中に強く根を張っている。

引き抜けば、根とともに土塊も付いてくる。

したがって、抜いた草の根に付着する土は、地面に叩き付けて根と分離し、一定量集まったところで、草の根を抜いた後にできた陥没をこの土で埋める。

この手順が加わることで、一層時間がかかることになったわけです。

藪蚊が多いので、寄り付かないよう、顔や首や腕など体の露出部分にオロナイン軟膏を塗りたくりました。

抜かったのは、ゴーグルを着用していなかったことです。

草の跳ね返り(反動)や、手強い草が急に抜けた時に飛んでくる土が目を襲うのです。

草の葉の攻撃は眼を瞑って避ける余裕がありましたが、小さな土塊の奇襲は全てを避けることができませなんだ。

犬の尿(しと)する路傍の草土 跳んで眼に入り目が沁みる ハブが居ずとも難は有る ドブ蔵こころの短詩

さて、8時20分頃にお散歩に出発いたしたのですが、これから一斉清掃に取り掛かるという風情の皆さんが、それぞれのご自宅から出参なすっておられるところでした。

また、その後2時間程度、町内どこを通っても善良な町民の皆様が草取り・ゴミ拾いの清掃をなすっておいででありました。

ええ、あたくし、方々にて、皆さまにちゃんとご挨拶しておりまするとも。

朝の除草で無理な姿勢を取ったりもしており、足腰がかなりダメージを受けておるようで、お散歩はけっこうきつうございました。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地図情報の正確さ♪ [地域情報]

6月6日(土) よく晴れた朝のお散歩(7:18発)14.82km

久しぶりに、そこそこ早い時間にでかけました。

今日はお仕事(イベント開催)なので、早目にちょっとだけ、といったところです。 

帰還後、Google Map で距離測定を行うのですが、時津の内陸部は地図情報が更新されていないようで、実踏と地図の路が一致しません。

ヤフー地図やマピオンでも確認しましたが、最新ではありませんでした。

あの辺りは三菱系の企業の工場が多いので、地図会社は情報が取りにくいのでしょう。

しかし、地図情報を取得する手段としては実踏だけでなく、空撮もあるかと思いますので、熱意の問題でしょうか?

ですので、距離が若干不正確です。

さて、仕事は地域会議、講演会、さらに地域会議というところで、20時には退社できました。

よって、『ドS刑事』は、現時鑑賞できたのでした。

5月の月間お散歩距離は、322.23kmでした。

休日しかお散歩していないのに距離が伸びているのは、5月初旬に大型連休があったためです。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年のクールビズ:夏の寒さへの挑戦 [地域情報]

5月2日(土) 5月のやや晴れお散歩(9:30発)22.16km 

もう夏だから、汗びっしょりです。

もし、梅雨が無くて、このまま真夏へ突っ走れば、なかなかの暖夏が期待されるところです。

現実には、長い梅雨がヒートアイランドをクールダウンさせてくれるのですが。

日本は、まだ、東北や関東の一部で30℃をちょこっと超えた程度ですが、早くもクールビズ期間が始まったところがあります。

私の会社もその一つで、10日前から来訪者への予告ポスターを掲示し、昨日から、セビロの上着を脱ぎ、ネクタイを外して、シャツのボタンを上から二つ外す「夏季軽装」がスタートしました。

セビロの上着を脱ぐのはいいのですが、セビロのズボンは上着といいコンビですから、ちょっと へんてこりん です。

ワイシャツ着ててネクタイが無いのも変です。

ワイシャツのボタンを外すのも変です。

ワイシャツの下にインナーを着ていないのに胸をはだけるのは醜悪です。

このような変梃な装束なのに、たかが30℃の室温に対し、26℃設定でエアコンを入れるのは 信義誠実の原則 違反です。

クールビズ=だらしない服装 という理解はしようがないとしても、何故クールビズなのかの理由を忘却乃至黙殺するのは・・・。

私の居る部屋は、二つの課と、関係の3つのセンターが同居しており、150人のスタッフがいますが、窓は一つの壁面の一部分にちょこっとあるだけで、その窓の外側は屋外の通路であり、基本的に開けておくのが難しい窓です。

また、この大勢がひしめき合う大きな部屋にドアは三つしかなく、私の課のドアは開け放しておくのですが、あと二つの私の権限の及ばないドアはとざされているので、空気が流れません。

おまけに、なんとこの大部屋には換気設備がないため、本格的に空気が澱みます。

この部屋で、昨日5月1日に、30.5℃を記録しました。

課員の エアコンを入れたい 目線を痛切に感じつつ、今日(昨日5月1日)から軽装が認められているのだから、私はエアコンを入れさせません。

夕方、パーティション(天井まである固定壁タイプ)で空間の3分の2を仕切った向こう側に行ったら、妙に爽やかだったので、隙を見てエアコンの操作盤を確認したら、設定温度26℃のしてエアコンが作動していました。

この部門は調査・研究も行っており、長袖の白衣を着て仕事をしているので、仕方ないかなとも思います。

化学物質や生物・細菌を扱っているわけでもない、どちらかと言えば文系(非実験系)の研究部門なのに、なぜ白衣なのかはよくわかりませんが。

自分自身は気温38℃くらいまで大丈夫で、湿度も80%程度は大丈夫です。

というよりも、じっとりとぬめった温(ぬく)い空気は大好きです。

私の場合、これから怖いのは、過剰な冷房です。

節約節約、軽装軽装とか謳いながら、会議の際の冷房は異常です。

私は用心のためジャケットを手放しませんが、ジャケットを着てさえなお凍えそうな冷房が入っていることがあります。

夏場には、ジャケットに加え、外套の準備が必要かも知れません。

月の月間お散歩距離は、196.27kmでした。    


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

喫煙室 出張先のホテルで♪ [地域情報]

4月18日(土) 夕方、ちょっと駆けてきました。7.55km

昨日から神戸に出張で、お昼に一旦職場に戻り、午後に宿舎に帰りました。

お散歩する時間はなかったので、久々にランニングをしました。

ここ暫く、ほとんど長時間のジョグウォクしかしていなかったので、ランニングは脚に負担が来ました。

脚の筋肉や心肺にはあまり負担を感じませんでしたが、足裏の皮膚が推進力に耐え切れず、また肉刺を作ってしまいました。

脚筋は、ジョグウォクよりランニングのほうが負担が小さいように感じます。

7kmと短いですが、ジョグより疲れが少ない。

何故なんだろう?

ジョグウォクはゆっくりしすぎて、脚に体重がかかる時間が長すぎるのかな?

ドス、ドス、ドス、意外に重い足音。

ランニングは、タンッ、タンッ、タンッと、軽い足音になります。

しかし、足裏の皮は疲弊している。

しかし、足指は攣らない。

今、平日は、5時前起きの関係で時間が取れず筋トレしかやっていませんが、短時間で済むランニングを週の中途で1回やったほうがいいかもしれません。

足裏の皮膚をなまらさないためには、土日のジョグウォクだけでは駄目のようです。

連日で2日やるのは、週1回やるのと一緒で、足裏の強化にはあまり意味がないようです。


さて、出張はとても体調不良で(産業医からは出張制限の指導もいただいているのですが)、懇親会は会費のみの参加とさせていただきました。

それで、18時前にはチェックインしたのですが、部屋に入ったら、煙草の猛臭に襲われました。

フロントに煙草臭いという苦情の電話を入れたら、喫煙室をご用意しました、という返事。

年を取って温厚になった私も、流石に、瞬間沸騰してしまいました。

禁煙室が用意できないなら、部屋代は払った上で退宿する(=長崎に戻る)と宣言して、回答を廊下で待ちました。

10分経っても応答がないので、フロントに下りて行きました。

この日はどこのホテルも混んでいることはわかっていたので、たぶん禁煙室は用意できないだろうとの推測です。

ですので、早くJRに行かないと、明日のチケットを今夜に変更して帰りの新幹線に乗るということができなくなるからです。

喫煙室になってしまったのは、根本的なミスとしては、会社と契約の旅行代理店の手配があります。

その次に、予約室の再確認をしなかった私の迂闊さ。

並んで、旅行代理店から喫煙・禁煙の指定がなかったから、問い返しもせず喫煙室を用意したホテル側の対応。

ということを考えると、ホテルに怒るのは間違っていることがわかります。

そのような達観、否、諦念の境地で、これ以上苦情は言わず、払い戻しも要求せず、爽やかに退宿するつもりでフロントに行ったら、禁煙室がご用意できましたという回答。

ビズネスホテルなのに、代室まで案内してくれました。

案内の途中で、誤って他の階で降りるというハプニングにも大変恐縮するので、こちらが恐縮します。

代室は臭いもなく、問題はありませんでした。担当の人は若い女性でしたが、エレベーターミスの謝罪も含め、大変好感が持てました。

何と申しますか、謝罪は単なるお詫びではなく、相手に嫌な思いをさせて申し訳ない、という、相手の気持ちを慮る優しさが有るのと無いのとでは大違いです。

私は、そんなにホテルの皆さんが対応してくれるのに逆に感動してしまいました(決して、部屋担当の彼女が清楚で可憐だったからだけではありません。)。

ただ、それはそれとして、私の体調は本当に悪く、20時前には転寝をしてしまいました。

それで、23時45分頃目覚めてしまい、その後は翌朝の5時まで眠れませんでした。

眠れませんでした、と言いつつ、変な夢は見たので、ちょっと眠ったかもしれません。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

黄砂の季節♪ [地域情報]

3月22日(日) 晴れた朝の散歩(7:12発)17.19km

太陽は出ているものの霞んでいます。

黄砂か春霞と思っていましたが、帰宅後テレビを観ると、PM2.5とのこと。

海を越えてまたやって来たか、そんな中歩き回ってしまって、道理で足が痛いわけだ(胝、肉刺)。

しかし、夕方のニュースでは黄砂と言っていました。

ウン十年の今頃を思い出す、懐かしい黄砂。

その経緯は、書き終わる直前に、たった今ノートンが消してしまったので、流石にもう一度書く気にはなりません。

このように悪質な悪さをしてオーナーを苛立たせるノートンはアンインストールしようと思います。

しかし、期限切れまであとひと月足らずなので、警戒しつつ放っておいてもよいかもしれません。


さて、回線接続・切断の不具合に関して質すべく、NTTのサポートデスクに電話をかけました。

フレッツ光回線の接続・切断の操作が、従来のフレッツADSLなどのようにネットワーク一覧のアイコンをクリックする(接続してない時にクリックすると、「接続」というボタンが、接続中にクリックすると「切断」というボタンが出てきて、懇切丁寧)ことでは対応できないこと。

当該接続のアイコンをクリックしても何も起こらない。

PCを起動すると接続し、PCを落とすと切断されるという不調法なのか不器用なのか芸の無さ。

代替策として、NTT西日本のフレッツ光のスタートアップツール(常駐)があるが、こいつも能無し。

或はどこかに設定の落とし穴があったのか?その辺を質すべく、NTTサポートセンターに電話したのです。

24時間対応と謳われていたので、起床して朝5時に電話したのですが、オペレータが対応してくれるのは午前9時~午後5時ということで、空振り。

それではと、次は11時30分頃にまた電話。

数字で用事を選択した挙句、まあ待たされること待たされること。

30秒おきくらいに、「混んでおる。ちょっと待つか、暫く経ってからかけなおすように」というメッセージが腹立たしい。

0120なので、時間がかかってもお金はかからないが、お金と同等に尊い時間が浪費されていく。

30分くらい経ったら、切れてしまいました。

諦めずにまた電話します。さらに30分くらい経ってから、やっとオペレータに繋いでもらいました。

1時間近く待たされたことや1回切られてしまったことの苦情を言っても、それはそのオペレータの責任ではないし、単に時間の無駄なので、単刀直入に先述の説明を行い、回答を求める。

いろいろ質疑、補足説明を行ってやり取りしたが、オペレータが知らないのか、ソフトが酷いのか(既存システムにも悪さをして機能低下?)、結局のところ、コントロールパネルからネットワークと共有センター → アダプターの設定の変更 → 当該接続  

この当該接続のアイコンを右クリック → 有効・無効 をクリック、と、何とも基本的な手間のかかるやり方しか出てきませんでした。

一々そういうことをやりたくないから、ソフトの常駐だろうが、と思ふ。

これなら、オリジナルのソフトは要らんだろうが、と思ふ。

結局、ソフトでは成す術無し、ということ。

仕方がないので、当該接続のあるフォルダへのショートカットをデスクトップに置きました。

ま、これがシンプルで一番良いのかもしれません。 

  


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春爛漫のちょっと手前♪ [地域情報]

3月8日(日) よく晴れた午後の買い出しお散歩(15:20発)17.27km 

きょうは、一旦3時に起きたのですが、まだ早いと思って二度寝してしまいました。

そして、次は7時頃に目を覚ましました。

でも、右膝(裏側)が痛んで、起き上がるのを躊躇しているうちにまた眠りの世界にに沈んで行きました。

そして、10時頃(都度に時計は見ています。[時計])、また同じことの繰り返し。

そして、次に目が覚めた11時58分に、やっとベッドを出ることができました。

ベッドを出る瞬間に、地域の正午メロディーが流れました。

なんだか、験がいいですな(笑)。

さて、休日半日損したとみるべきか、平日でなく休日でよかったとみるべきか、はたまた十分休養を取れてよかったとみるべきか?

寝過ぎると、私は体調が悪い(特に頭痛)ことが多いのですが、今日の13時間睡眠の後は、割と快調でした。

しかし、左が特に、ですが、両膝の裏側が重く(鈍く)痛み、今日はジョグ抜きのウォークのみかなと思わせるものでした。

しかしまぁ、吉本新喜劇を観ながらキリマンを味わっているうちに痛みも和らぎ、戸外の好いお天気にも誘われて、ジョグウォクに出掛けることにいたしてしまいました。

外に出てみると、本当に良いお天気で、風も薫風♪

春ですな[晴れ]

脚の状態は、矢張り、あまり良くなく、全くのお散歩となりました。

途中、何回か幼児の人々に追い抜かれたものです。

ごく自然に。

流るる花の如く。

私が、病気と加齢により日々衰退している、という厳しい現実もありますが。

それにしても。

いや、幼児からご老人まで、長崎のジョグウォーカーは速い。

流石、三菱重工長崎、十八銀行というマラソン・駅伝の強豪を擁する伝統の長距離土地柄(?)ですな。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お散歩とインフルエンザ♪ [地域情報]

1月10日(土)寒いが陽射しがある午前のお散歩(9時55分発)26.03km

寒いが晴れた朝でした。

今日は時津方面に出かけました。

途中でウインドブレーカーは脱いで、ヒートテックのインナーと薄手のカラーシャツ二枚になりましたが、それでも陽が射す場所では汗ばみます。

陽の当たらない場所では、それが冷えて、さらに風が吹き付けると寒く感じます。

風邪には気を付けないといけないのですが、止まって補水していたら、続けざまに2回くしゃみをしてしまいました。

今、インフルエンザが流行り始めています。

医療機関の情報を纏めた県の警報を見ると、県内では長崎市が最悪で、西彼地区の2倍になっています。

隣接しているのに、こんなにも違うのは不思議な気がします。

西彼地区に棲んで長崎市に通勤している身としては、複雑な状況にあります。

私はステロイドを服用していますので免疫力が低下しています。

主治医からは、インフルエンザの感染に注意するように言われていますが、言われなくても脅威だとは分かっていました。

手洗い、漱ぎ・嗽はマメにしないといけません。

マスクも、サージカルマスクよりN99対応マスクが良いようですが、遮断率が高いマスクはとても息苦しく、かけたまま走るのには無理があります。

さあて、どうするかい?です。   


コメント(0) 
共通テーマ:健康

台風一過(^^♪ なれど波高し [地域情報]

10月13日(月)暴風お散歩[たらーっ(汗)](15:40発) 14.44km 

風は収まらぬが雨が止んだので、きょうもお散歩に出かけました、きょうも買い物を兼ねて。

風は強かったです。

基本的風向きはあるものの、方向定まらぬ突風が頻回で、前後左右に振られます。

向かい風が嫌で追い風が良いかというと、程度ものであって、何とも言えません。

向かい風でも追い風でもいいから、微風がよい。

どちらかと言えば、緩い下り坂の緩い向かい風が好きです。

急な登りの強い向かい風は体力的には最悪かもしれませんが、急な下り坂の強い追い風は危険で恐怖で、かつ、関節ガタガタです。

ガタガタと言えば、公園、せんたくむらコインランドリー、大門サニーピア店の傍の交差点にある、△△△内科クリニックの大きな縦看板(トタン?)が、四辺のうち二辺が外れてガタガタいっていました。

看板には電話番号も載っていたので、電話して教えてあげよう(へい、上から目線ですとも)かとも思ったのですが、コインランドリーの小父さんも、ぢっと視ておられたので、信頼してお任せすることに決めました。

なんてったって、社会的信用が違いますもの。

あたしみたいな風体の爺いのさんぴんが物申すと、盗み集(たか)りと間違われます。

しかし、三船十段は何時観ても素晴らしい、清々しい技の切れでござりますなぁ。




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ガス機器点検屋さんと難病治療の話♪ [地域情報]

9月27日(土) 気持ち良い晴れの通勤的(6:40発)20.21km

午前11時に、宿舎のガス機器の点検に立ち会わないといけないのですが、職場に携帯電話機を忘れてきたので、朝、取りに行きます。

職場に来たら、少しは仕事をしたいです。

というわけで、1時間ほど滞在してしまいました。

にもかかわらず、一寸だけ遠回りをして帰ります。

十分余裕を持って戻ったのですが、点検業者さん、予定より相当早目に来ていて、待っておられました。

シャワーを浴びたかったのですが、即点検です。

15分ということでしたが、点検業者さんが意外にお話し好きで、45分くらいかかってしまいました。

お話自体は、病気とその治癒の話で、尋常ではないエピソードが複数含まれ、興味深いものではありました。

散歩汗が冷えて、具合が悪くならなかったらもっとお聴きしてもよかったのですが、業者さんが長居に気づき辞去を告げるにあたり、敢えてお引止めはいたしませんでした。

それでも時すでに遅く、風邪気味です。

明日は、午前9時から公民館の内外の掃除ですので、養生をして治しておかなくてはなりません。

早く就寝するため、早めに、散髪(横・後が0.5mm、上が2mmのショートカット)に行き、クリーニング屋さんに行き、買い物をして、それから車にガソリンを入れにGSに行きました。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

丘上の孤立集落の抜け道♪ [地域情報]

9月13日(土) 曇り後雨の朝のお散歩(7:51発)19.16km

出発は遅いは、距離は短いは、で、何をやっちょるのかっ!!

てな感じですが、ちょいと訳ありで。

ここ数日、妙な頭痛が続くとともに、心臓の鼓動がちょっと弱くなったり短くなったりしておるのです。

朝型涼しくなっておるので、寝冷えでもしたのでせうかね?

いまだに、服を着る間もなく眠ってしまっていることがあり、盛夏なら兎も角、秋ともなれば、朝の冷え込みが老体に堪えるわけです。

そういうことで、目覚めも5時半と少し遅く、起きてからも頭痛が気になってウジウジとしておったのです。

小雨も降っているようで。

でもまぁ、少し歩いたら血の巡りも良くなって頭痛も軽減するのではないかな、との思いに至り、やっと8時前に出かけることにいたしたものであります。

丘上団地(集落?)内で普段あまり通らない辺鄙な場所を歩こう、と出発。

トコトコと歩いておりましたら、公園端の草叢に石段発見!

滑り落ちないよう、恐る恐る降りて行きますと、意外に長く、何と、下道から丘上タウンへのアプローチ路の中間点に通じるショートカット石段でありました。

西部にある下道への直接ショートカット石段に続き、二つ目の短直路発見です[ひらめき]

さて、そのようにして暫く歩いていましたが、やはり血の巡りが良くなると、少しは走りたくなるものです。

丘下でも、あまり~全然、通ったことのない道を優先して行かせていただきました。当然、別の丘や峠も走ります。

その結果がこのザマです[わーい(嬉しい顔)]


話はかわりますが、昨夜、帰宅した駐車場の車内で、助手席に上から何かが落ちてきました。

拾ってよく見ると、バイザーに装着していた「安全運転励行装置」の部分でした。

前の車に付けていたものを、今の車に更新する際に付け替えていたもので、20年くらい昔のものです。

金属やプラスチックが劣化して自然分解して落ちてきたようです。

機能的にはとっくに内部崩壊していたようで、いつも映画音楽が流れていました。

どうも徒にソケット電力を消費しておったようです。

この廃物を取り外しましたら、車内がいっそう清しくなり、遵法精神もさらに向上したように思えます。

こんな類のものは販売禁止にするとよろしい。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

きょうは原爆の日☆ [地域情報]

8月9日(土) 晴・薄お散歩(5:45発)16.22km

今日は、原爆の日。

原爆犠牲者慰霊祭に参列しますので、お散歩は早目の切り上げです。

もうちょっとお散歩したかったのですが、長与町民として、否、長崎市に勤務先のある賃金労働者として、慰霊祭への参列はとても大切なことです。

私は三一(さんぴん)ですので、献花など、式典の進行には全く関わることは無く、指定された場所に立っているだけですが、気持ちは献花している人と同じになります。

ま、とは言っても、平和公園を会場とする慰霊祭ではなく、某記念講堂を会場とする慰霊祭です。

室内なので、冷房には注意する必要があります。

参列者には黒ネクタイの着用が義務付けられていますが、略礼服の着用は私のような三一には義務付けられていません。

でも、冷房対策で、黒いジャケットは着て行きたいと思います。


いやあ、きょうは、平和式典に安倍首相とケネディ大使などが参列、かな?

私も別の個別式典に参列するために道を急ぐのですが、要所要所に多くの警察官が監視配置なされており、原爆の日の緊張感を盛り上げます。

そういう場所を、魂すぺの咆哮を伴って走り抜けるのは楽しいものです。

あまり官憲の注意は惹きたくないのですが、遅刻はしたくないので仕方がありません。

私の目指す場所も、平和公園にほど近い某所。

爆心地のすぐ傍です。

一事業所ですが、1000近くが犠牲になられたようです。

11時2分に黙禱。

それから、

投下時にたまたま地下室で仕事をされていて一命を取り止めた被爆者の方が、追想をお話になりました。

84歳になられるそうです。

68年前は16歳だったのですね。

原爆爆発後、瓦礫のなかの生存者ですぐさま救護班を作り、活動をなされた。

生き埋め状態からはい出した顔面血まみれの永井博士が指揮を執られたと。

敷地内で黒焦げ状態の複数の同職同僚を発見したり、数日後に永井博士に随行して博士のご自宅を訪れ、奥様の御遺体確認(発見)にも立ち会われています。

その時の永井博士の言葉も明らかにしていただきましたが、その冷静と達観に、流石、超一流の科学者と感心しつつ、目頭が熱くなりました。

連絡の付くご遺族の数は年々減り、私のような意味不明な者の参列が増えてきているようです。

献花をさせていただきました。

式典は正午過ぎには終了し、場所を変えて、ご遺族たちとシンジケートの幹部との懇談会が行われますが、部長や私たちはこれは対象外なので、引き揚げました。

御昼どきなので、コンビニで昼食を購入して、職場の自分の部屋でいただきました。

帰りには、警察官の姿はありませんでしたが、昼過ぎなのに大渋滞でした。


 

【つづみちくわ(宇部蒲鉾)】 重量95g 

熱量87.4kcal 蛋白質14.53g 脂質0.47g 炭水化物6.27g ナトリウム741mg コンビニで184円

ね、

蛋白質がとても多くて、脂質が少ないでしょ? 

毎日5本もいただけば、もう貴女はヘラクレス☆

いやいや、宇部かま に限らず、竹輪や蒲鉾は高蛋白&低脂肪の「超絶パワー食」ですぞ。

つづみちくわz.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

朝の蝶と猫♪ [地域情報]

7月26日(土) 晴れたまま最後豪雨のお散歩(5:10発) 25.29km

今日は、上須の瀬バス停のちょっと先、「琴ノ尾岳上り口」と書かれた倒れた看板のある径(こみち)のところで折り返しました。

本当はもう少し遠くまで行きたかったのですが、病状が思わしくないこともあり、ここが今日の限界と決めてしまいました。

ところで、「琴ノ尾岳上り口」と書かれた倒れた看板のある径(こみち)は、暗くて不気味な感じの上り径でした。

余力があれば登ってみたいと思わせます。

カメラを携行すればよかった・・・。

折り返してすぐ、上須の瀬バス停の向こう(出発点からみれば手前)の自販機でアクエリアスを買って補水しました。

ここは駐車スペースがあって、駐車スペースと本道との間には植込み(厚い生垣)があり、花も咲いています。

と、揚羽蝶(ミヤマカラスアゲハ?)が一羽やってまいりまして、蜜を吸ってる模様。

と、さらに一羽の揚羽蝶。

蝶は、翅の羽ばたき方が可愛いいなぁ、と思いながら爺は眺めるのです。

と、今度は紋黄蝶が。

そして紋黄蝶も増えて来る。

何故だか判りませんが、紋白蝶は居ません。

が、なんだかんだで、揚羽蝶と紋黄蝶が沢山、舞ったり、蜜を吸ったりなさったり。

朝の7時前ですが。

DIAMOND WAVE が世に出された夏に、宇部の公園でこんなことがあったような気がする。

カメラを携行すればよかった・・・。

さらに進んだ(戻っている、ということですが)ところで、公衆トイレ休憩。

ここでは、本日これから始まる道路工事の予告看板(「この先☆☆mで△△工事中」)を立てて回っていたヘルメット小父さんが、猫と戯れていました。

朝の7時です。

小父さんに朝の挨拶をして隣のベンチに座り、束の間休養を取っていると、右脇に柔らかい感触。

茶系の猫君が頭を擦り付けてきているのでした。

儂「人に慣れてますねぇ」

小父さん「毛並みも綺麗ですよ」

ほかの二匹の猫も、毛並みが綺麗で、寛(くつろ)いでいます。

野良猫なんでしょうが、ちっとも野良猫っぽくありません。

小父さん「この辺に、あと2匹いますよ」(猫を撫でながら)

この公衆休憩所をアジトとする猫君は5匹いるらしいです。

カメラを携行すればよかった・・・。

重いので、最近はカメラは持ち歩かないのです。

もう一人の、少し若いヘルメット小父さんも戻って(?)きました。

私も長く休憩するわけにはいかないので、ヘルメット小父さんたちに罷りの挨拶をしてジョグウォクに戻ります。

ちょっと霧雨模様となってきました。

道路が全体1車線から片側1車線になった辺りくらいから、足の疲れが厳しくなってきました。

一昨夜の蛙跳びがちょっとやり過ぎだったのか、脚に来ているようです。

でも、もっとよくなかったのは、脚ではなく足、それも足裏でした。

足裏が痛い。

地面に付けたくない。

でも付けないとジョグウォクることができませぬゆえ、足尾交互に地面に付け、蹴ります。さて、

ヨタヨタと宿舎まであと1.5kmという地点で、晴れたままで、本格的な雨が降ってきました。

きょうもズブ濡れになってしまいましたが、涼やかで気持ちが良いです。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

梅雨明け宣言と気象予報区の♪ の? [地域情報]

7月21日(月・祝) 晴時々お散歩(8:30発)19.43km

今日は「体感的」には25kmか26kmくらいに感じたのですが、実際には20km

いってなかったようです。

暑さと上り下りの多さで私の感覚が「早く終わりたい」誤測に陥ったのか、拡張する宇宙が実測を減じたのか?

感覚の「早く終わりたい」誤測の素の疲労感は、老化か、疾患による体力低下か?

いず、

いずれにしても、夏場は日の出前の出発がよいようです。

それと、ジョグウォクるのは、土日だけでなく、初志の如くに、週の半ばの夜にでも1回為さねばならぬようです。

1年前は、平日往復17km、土日各20~30kmをジョグウォクっておったので、月間這行距離は約500kmであったのが、今は、月間這行距離は約160km。

体が(心も)鈍(なま)るのも無理はありません。

きっと堕落でせうね。

                                                                                                   

本日21日、九州北部と近畿、東海で梅雨明けしたとみられると発表がなされてしまったそうなのです。

私としては、「梅雨明けした」とみられるのは、近畿と東海で、九州北部は、「梅雨明けしていた」とみられる、というのが正確な表現でありませう。と考えます。

九州南部の梅雨明けは、16日午前11時、鹿児島地方気象台から「九州南部が梅雨明けしたとみられる」という発表がありました。

いっぽう、中国、四国地方については、気象庁から20日、同時梅雨明けが発表されたそうです。

日本各地方の位置関係から考えると大変面白いのです。

梅雨前線分断、梅雨飛び地ですね(笑)。                                           

                                                 

ところで、南九州と言う場合、鹿児島、宮崎の2県であり、熊本は、大分、佐賀、福岡、長崎とともに北九州に含まれます。

これが、気象上の分類になると(「気象庁予報警報規程」(昭和28年運輸省告示第63号)による)、九州北部地方というのは、山口県、福岡県、大分県、佐賀県、熊本県、長崎県の6県になるようです。

仲良しの山口県が入る。

したがって、中国地方は、鳥取県、島根県、岡山県、広島県ということになります。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

体感的梅雨明け 北部九州♪ [地域情報]

[かわいい]長崎の梅雨は明けた[かわいい] と。

一昨日から思っていたことで、それを何故今日言うのか?と。

遅延の理由はさて置き。

長崎県は、一昨日梅雨が明けました、

私の体感的には。

晴れ有り、曇り在り、時に雨あり、ですが、雨は夏のスコール態です。

私の体が梅雨明けだと言っているが、蝉もそう主張している。

気象庁のお役人より、私のほうが年長であり、梅雨明けを経験している回数も多い。

故に、政府機関は公的に認めていないが、一昨日が梅雨明けなのでした。

梅雨が明けたからと言って、特に何が変わるわけでもなく、よって、全く拘る必要も意味もない。

目に見えて湿度が下がるわけでもない。

梅雨中から台風は来ているし。

気温が上がるだけで、どうでもいいことなのです。

どうでもいいことだけど、政府機関は宣言する。

日常のメリハリとして、歳時記として世間は期待する。

                                                                  

ところで、拘りというのはとてもネガティブです。

拘りのあるお店には行きたくない。

信条や信念は良いのです。

同じ内容のことでも、自ら其れを拘りと認めた時点で、其れは良くない。

成仏はでけん。

解放されて翔ぶには重い。


コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の30件 | - 地域情報 ブログトップ