So-net無料ブログ作成
国際文化交流 ブログトップ

バベルの塔♪ [国際文化交流]

女優の鈴木砂羽さんが主演で初演出なされる舞台において、出演予定の女優さんお2人が公演直前に降板される事態が有り、世間が愉しみ騒ぐことがありました。

関係者の情報共有の不足、行程(工程)等の確認不足等が原因のようです。

私は舞台のことはわかりませんが、昔々、学童で同級生の知人(友人とも言う。)が中学生の時に文化祭の際、二年連続でテンポラルで強制的に演劇部に嵌められたことがありました。

暇な学童は、文化祭時、人手の足りないところ(かつ、部長先生が有力教師)から強制収監されてしまうのです(成績優秀者や生徒会幹部で文科系クラブに所属していない学童はだいたい演劇部に収監された。)。

拒否することはできない(学童間では刃物で示威する喧嘩は稀ではなかった中学だが、教師による殴る、蹴るは少なく、ここでも暴力による強制は無かったと言う。しかし、逆らうことは考えられなかったそうな。)。

因みに、私は文科系クラブに入っていないどころか体育系クラブにも入らず(校則上許されないが)放課後は数人の仲間と連れだって校内を見回っていた暇人だったが、どこからもお呼びがかかることは決してなかった。

そんな文科系クラブに所属せず暇な学童の一人で、演劇部に強制収監された知人からの(昔である当時の)伝聞の話ですが(そもそも嘘か真か)、ほほう、学芸会でもこんなふうに進めて本番に持っていくのか、と感心した記憶があります。

部長である先生が製作と演出を兼ねられるので、学童は気楽ですが、最初に工程表が示されということであります。

知力高い学童たちなので、台本の理解と記憶は何の問題もなかったようですが、観客を愉しませる全体的総合性の確立、舞台装置や宣伝も含めた仕事は簡単ではなかったようです。

大規模建設工事の建築・電気・設備のような各部門(各部門といっても、人間は幾つも兼務)の工程が階段表(鉄道のダイヤふう?)で記載され、節目節目では、それぞれ各部門が要求水準に達している必要があるということのようでした。

一月の作成期間中、いつ誰がどこまで進むのか日単位で示されており、かつ定期的に全員で進捗会議をやるので、進捗が悪い或は稽古日の都合が悪い等はそこで申告すれば全員が共有でき、補完対応策が検討されます(「都合が悪い。」はほぼ却下のようでした。)。

そして、稽古において、殴る蹴るはなかったそうで、和やかなものであったらしい(そう言うしかないが、学童たちに生傷や怪我はあまりなかった。ダイナミックな芝居なので、稽古の自然なプロセスでの不覚の怪我は有ったらしい・)。

学芸会レベルの場合、そこまでガラス張りでやらないと完成には持って行けないので、先生が自分の業務のやり方を持ち来んだのでしょうが、学童は、それが一般的なやり方だと思っていました。

暇で低能な私からすれば、無償でそんな面倒なことに取り組む学童たちが不思議でしようがなかったのですが、嵌められた学童たちは、何故だかすっかりハマってしまったようで、脱落者はいなかったと聞きます(もっとも、稽古時間に来ない学童は、収監隊(これも学童ですが)に急襲され拉致されて稽古場に連れていかれるので、逃げることはできない。しかし、殴る蹴るは無かったそうな。)。

大勢が関わる大きな仕事は、到達点を含む情報共有の徹底、不断の意思疎通と点検、役割の自覚がないと成し遂げられないので、状況把握、人心掌握を含め、指揮官は大変だと思います。

テレビのワイドショーで今回の事案を聞いた時、すぐさま、小学校の時に学んだ「バベルの塔」(「バブルの塔」ではない。)の話を想い出しました。意思疎通の破壊による混乱。

しかし、さすがにプロの演劇は、匠と阿吽の世界、文化祭の演劇ような稚拙でくどいやり方:工程表や進捗会議はないのですね。

今回の件、誰が悪いということではなく、情報共有の徹底、不断の意思疎通に不足があったことが原因でしょうね。

後は、一気に事態転乱の勢いです。

とは言え、開演の二日前の降板決定は、最悪の事態を回避することを可能にしました。

代役を立てて、公演は無事催行され、千秋楽を迎えることができたわけですから。

もしこれが、舞台初日のスタッフ集合時間に当該女優さんお二人が来なかった場合は、大変なことになっていました。

ということで、今回のこのケース、少なくとも悪意はどなたにもなかったようです。

結果的には、雨降って地固まる の好例になることでしょう。

コメント(0) 
共通テーマ:演劇

陸上大会五輪篇♪ [国際文化交流]

2016/8/13   8.54km  感染予防のため、マスクをかけてのジョギング、ウォーキング。

今日はお盆参りの関係でお散歩は自重しようかとも思ったのですが、何分にも肩凝り性の頭痛が酷くて、之を軽減するためにはお散歩しかない、ということになった次第です。

10時に出発しましたが、既に暖かく、良い汗をかかせていただきました(合掌)。

さて、オリムピクも陸上競技系が始まりました。

陸上の花は、やはりマラソンよりは男子100mでしょう。

100mの競技者はもともと無酸素系筋骨隆々児の極致でしたが、最近は所謂細マッチョ系の人も見受けられます。

日本の100m3選手も、見事な体型をされていますが、類型的には中距離的。

もっと筋肉を瞬発系に鍛え上げれば、更なる記録向上が見込めそうで、2020東京大会での活躍が期待できそうです。

女子マラソンも観ましたが、総体として、あまり面白くはありませんでした。

周回コースはつまらないです。

観戦マナーと警備の緩さが、ちょっと面白かったです。

日本の3選手が入賞できなくて、陸連ともども大分叩かれているようですが、3選手は全く悪くないと思います。

特に、福士選手と田中選手は実力以上の結果を出すことができたと思います。

持ち記録とモチベーションからして、レース前から20位以内の成績は想定されていなかったのではないでしょうか。

それで、14位、19位というのは気力・気合以外の何物でもありません。

健闘を称えるべきでありましょう。

陸運のことはよくわかりませんが、選考の他はあまり関与されていないようなので、基本的には責任も称賛も対象外かと思います。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハロウィーン今昔♪ [国際文化交流]

10月31日(土) 何とか晴れ、といった日のお散歩(10:30発)24.19km

やっぱ足指に来ていますね、欠損と筋肉障害・・・。

痛いもの・・・

これからは、足指にはあまり荷重がかからない走り方を考えないといけません。

ところで、昔、私は不思議なものやちょっと怖い話が好きでした。

11月になってしまいましたが。

レイ・ブラッドベリのお話に、「10月は黄昏の国」というのがあって、自分の誕生月が10月ということもあって、楽しく読みました。

私の誕生日は10月28日で、数日後に万聖節があって、その前夜たる 万聖節の夜があって、レイ・ブラッドベリのお話に、「ハロウィーンがやって来た」というものがあります。

当時、ハロウィーンは、日本の一般社会においては、知る人ぞ知る、というところでした。

ほかに好きな作家に、チャールズ・ウィリアムズという人がいて、英圀の古本屋から、Novel Box Set を1セット購入しました

骨董的価値のある古書ではなく、「白っぽい本」なので、学生でもボックスセットが買えたのです。

そのボックスセットには、Descent into Hellや、Many Dimensionsや、War in Heavenや、Shadows of Ecstasyなどとともに、All Hallows' Eveという一冊が入っています。

All Hallows' Eveは、その後、「万霊節の夜」というタイトルで翻訳されています。

「万聖節の夜」ではないのかな?という気もします。

ところで、私は長いこと、Halloween とは All Hallows' Eve のことだと思っていました。

厳密には違うのですね。

誤解と言えば、もっと大きな誤解をしていて、バルティナ(ケートハブン)とヴァルプルギスの夜 は、万聖節と、万聖節の夜の別系だと思っていました。

趣旨が似ているでしょう?

後に知ったのですが、時期的に全く逆で、丁度六ヶ月違いますね。

もう一つ、ところで、ですが、昔、ハロウィーンと言えば、①子どもが ②お化けの仮装をして ③近所を回って「いたずらされるか、おもてなしするか、どっちだ?」 とやる騒ぎで、日本ではやっていませんでした。

ところが、昨今では、①大人が ②あらゆる仮装をして ③大都市で暴れる という大騒ぎで、日本だけで(韓国でも?)やっているようです。

これはもう、季節違いの「ヴァルプルギスナハト」と言っても過言ではない。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ワールドカップ2010! [国際文化交流]

放送中のNHKスペシャル「FIFA ワールドカップ 第2回 日本代表いざ戦いの舞台へ」を観ながら、ワールドカップへの想いを振り返る。

日本代表は、ドーハ辺り(第15回)からワールドカップ出場に現実味が出て、次の第16回の初出場から今回第19回まで連続出場を果たすわけである。

日本国民の多くは、そのような状況の中でワールドカップ、日本サッカーというものを見ておられることであろう。

ワールドカップの出場枠が、地域平等性を考慮した現状。

ワールドカップ出場国より遥かに高い実力を持つ国が数多(あまた)存在し、歯噛みする。

私は第8回イングランドワールドカップ大会(1966年)、第9回メキシコワールドカップ大会(1970年)、第10回西ドイツワールドカップ大会(1974年)くらいしか知らない。

西ドイツ大会は、テレビ放送はなかったものの、新聞報道などで大いに盛り上がったもの。

メキシコ大会の、イングランドvs西ドイツ→西ドイツvsイタリア→イタリアvsブラジルの死闘のトーナメントは壮絶凄惨のトーナメントであった。

第6回スウェーデンワールドカップ大会(1958年)はさすがに認識できておらず、世界サッカーの史上最高の名手、キングペレの17歳の世界デヴューを見逃している。

今でも、

アジア、アフリカから出場することも大変なことであるし、出場権を得た国が素晴らしい実力を持つことは確か。

しかし、特別枠のようなものではある。

そういう意味での北朝鮮の奇跡であった。

2002年の日韓共催大会で、地の利「等」を生かし、日本が一次リーグ突破を果たし、韓国がベスト4となったことで、韓国、日本を始めとするアジア人の感覚は麻痺する。

韓国も日本も、ワールドカップスタンダードのレベルではない。

諦めることはないが、驕ることもない。

 

今般、アフリカ。

また、面白い風が吹き、運が味方し、偶然も続けば、いい結果を残せる可能性もある。

しかし、そのことで、進歩が止まったり、アジアのサポーターがサッカーの底の深さを誤解したり、驕ったりするようになるのであれば逆効果。

心を鬼にして、ここはひとつ、全力を挙げて実力を発揮するが実力どおりの結果で終わり、明日からのさらなる精進の大きな原動力となることを期待する。

 

かつては、「ワールドカップ」に「FIFA」は付けていなかった。

「ワールドカップ」はアソシエーションフットボールの世界大会以外にないから。

他の競技の世界大会は、ワールドカップ◎◎とワールドカップの後に競技名が付く。

ジ・オープンは、ゴルフ。

 

頑張れっ、サガン鳥栖っ!!!


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

旅するネパール語♪ [国際文化交流]

NHKの語学番組「アジア語楽紀行」。

8月、9月は、「旅するネパール語」の放送であります。

そして、現地メイン実演者は、ネパールの高校3年生のクシュブ・オリ師。

ネパールの「ミス・ティーン2006」だそうで(中学3年生の時か?)、なかなかキュートで凛々しい女性でありまして、でも物腰が大変しっかりなされておって、高校生とは思いませなんだ。

手前が観ておりましても、ネパール語はからきし覚えませんけども、観てて楽しい番組でありますな。

ちゅーのが、クシュブ・オリ師のファッションがこれまた秀逸でありんして、そのへんを、キュートで凛々しいと評しますのだ。

そのへんは、NHKのテクストの表紙ぢゃ、わからん。

放送ば観らんと、わからん、わからん。

タイトなジーンズにワイルドなトレッキングシューズが似合っておって、ドブのどツボ☆

もし手前が女性に生まれておったないば、こういう服装を好んでおったぢゃろうと擬想する。

次回、「旅するネパール語」トレッキング篇が実に楽しみな、そのような語「楽」番組でありんすな。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

盆、 跳べっ 奮えっ!! [国際文化交流]

眠りながら、ふと思った。

[かわいい][晴れ][かわいい][晴れ][雷]盆、 跳べっ 奮えっ!![雷][晴れ][かわいい][晴れ][かわいい]

妄眠谷の住民なので、妄想が浮かぶ。

まさしく盂蘭盆に開催に五輪会の日本応援歌に相応しい響きです。

 

意味はわからないけど、おおまかに発音が似ている。

"Born to be Free"

 

あ。

ぼん というより、伸ばして、ぼぉーん か?


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

korea ism ではなかったのだ・・・ [国際文化交流]

聞くところによれば、国民的歌手の倉木麻衣さん周辺では、コリアズムの話題で盛り上がっているとのこと。

ん?

コリアズム?

コリアイズムの間違いですね♪

昨年から、中国、台湾、そして韓国で演唱活動をなさっておられ、最前からは韓国語の猛勉強をなされておられる倉木麻衣さんでござりますれば、そして何より、キムチ、チゲ鍋、唐辛子と来れば、今年のまいけーは韓国流(山笠風に、「ながれ」と)。

korea ism で盛り上がるのも当然でございましょう。

もし、続きを読むとすれば、後悔・・・


コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
国際文化交流 ブログトップ