So-net無料ブログ作成
検索選択
悲惨な結果・・・ ブログトップ
前の30件 | -

血溜まりから血の池地獄に♪ [悲惨な結果・・・]

5月31日(水)帰宅後夕食前のお散歩(18:45発)10.29km 
使用靴は先週と同じくアシックスGEL-NEO33ですな。
 
右足の親指の裏は肉刺が痛い。
左足の親指の表は爪が剥がれて、出血して、血が粘着ジェルとなり爪を繋いでいるが、痛い。
要は、両足の親指が痛いジョグウォクでした。
辛いのなんのって。
それはもう。
特に左足親指の表(甲)側。
 
帰宅してから、バンテープを剥がし、免震構造的に存在する爪を捲ってみると、親指の甲の表面は赤黒いジェルと朱桃色のジェルがムンクの叫びの背景のように渦をなす、グロテスクな血の池地獄がありました[がく~(落胆した顔)]
 
これは、見た目と言い、痛さと言い、どうも腐敗が始まっているようで、バンテープでぐるぐる巻きにして数日放置したのは良くなかった。
早目に爪を分離して清潔にしないとまずいようです。
 
ということで、まず、バンテープを除去して患部を微温湯で洗浄しました。
次に剥離したと言いつつ、一点だけ爪と指甲が繋がっている部分があったので、そこを鋏で切断し、妖爪の分離に成功しました。
 
ジェル状血を溶かして洗い流すと親指の表(甲)の素顔が見えてきますが、酷いものです。
皮膚がどろどろですが、出血源となった傷口もあります。
これは流石に写真に残さねば(悍まし過ぎて公開はできないが。)。
ということで、指と、それから完全に切り離した爪を撮影しました。
悪趣味です。
爪も、見事にグロテスクな(極彩色と非極彩色が入り混じる妙)。
 
明日は散歩はお休みしようと思いますが、折悪しく、午前中は外回りを伴う肉体労働、午後は受付業務で急地涌出勤となりました。
階段も含め歩き回る午前中は親指の外傷が気になりますし、座りっ放しの午後は脚の深部静脈血栓塞栓症の進行が気になります。
 
本当は、仕事を休んで病院にかかり、腐敗・感染防止のための処置を受けたいところですが、老齢労務人(かつ、独居孤老)としては折角の仕事を断るわけにもいきません。
まぁ、サービス出勤はやめておき、きちんと週休振替の手続きをいたしますので、労基関係の問題はありません(これまでは、サービス出勤でしたが)。

コメント(0) 
共通テーマ:健康

病状、二度目の悪化。 [悲惨な結果・・・]

3月25日(土) 少しだけ薄日が射してきたお昼のお散歩(11時58分頃発)14.86km

3月26日(日) 晴れていたが徐々に曇った夕刻のお散歩(16時30分頃発)11.53km

病状悪化のため、以上を以て当面お散歩は休止となりました。


さて、3月31日は年度末のため、平常3回に分けて行っていた作業を一度にやらなくてはなりません。

転職後最初の年度末のため、初めての総合作業となります。

しかも、運の悪いことに強雨。

病状悪化に止めを刺してしまいました。


4月3日は整形外科受診の予定でしたが、当日朝、急遽、原病の診察を受けることとしたため、整形外科受診は1週間延期。

消化器内科受診の結果、昨年6月の時点と同様の状態に悪化しており(たった2~3週間で!)、ステロイド剤(プレドニゾロン)も30mg/dayに再度増量。

振り出しに戻る!!

矢張り、10mg/dayに落とした後の服用減を焦り過ぎたのか。

それまでは、ステロイドを減らす→少し病状が悪化する→それを何とか踏みとどまる→病状が停滞から改善に向きを変える→ステロイドを減らす というプロセスを根気よくたどっていたのですが、5mg/dayに減らした後は、減量・悪化後の好転が見られなかった。

にも関わらず、Dr.から、減量します?と言われた時に、「はい」と言ってしまったのがよくなかったのかな。

そこから・・・・本日に至る。

昨年の今頃、2年かけた投薬治療が元の木阿弥となりましたが、今また、その後の一年の努力が海の屑と化しました。

医師も気まぐれにステロイドを減量するわけではなく、恐ろしい副作用を少しでも抑えたいという一心で、それは患者当人である私も同じです。

ま、2回も失敗したわけですから、3回目はもっと慎重にやりたいと思います。

原病のせいか、ステロイド剤の副作用か、私の手指は左小指を除き、第一関節(内部欠損)を含む指先があちこちにひん曲がり、機能喪失しています。

危惧される副作用の骨粗鬆症については、カルシウム剤の大量摂取で自己防衛しているつもりですが、特発性大腿骨頭壊死症については予防策がありません。

ステロイド剤による大腿骨頭の血流低下が原因とされていますが、ステロイド剤の大量服用は血液凝固要因と言われているのと符合します。

少なくとも、抗血液凝固剤を処方の通り服用し、サプリでシトルリンなどを摂取して(気持ちのうえで)対応したつもりになるしかないようです。


コメント(0) 
共通テーマ:健康

久々に脚を傷める・・・ [悲惨な結果・・・]

2月16日(木) 内科受診と歯科診療の間隙のお散歩(13時48分発)14.79km

時間に追われた状態で、強風の中、頑張ってお散歩いたしましたら、帰還直前で右脚を傷めてしまいました。

脹脛が痛い。

しっかりと地に足が着けません。

2月19日(日)右脚の傷み(痛み)も回復したと錯覚したお散歩(14時頃発)約12km

始めは良かったのですが、目的地に到達する前に、また右脹脛に痛みが来ました。

即、その地点で折り返し。

完全歩き、しかも、右脚を庇っての不等長(スバルの旧ボクサーか!)歩幅・不均等重心変則歩行のため、遅い。

還りは2時間かかりました。

しかも、運動にならないから体が冷えて寒い・・・。

当分はまともに歩けません。 

 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

え、「神エクセル」が禁止? [悲惨な結果・・・]

年末のYAHOO!ニュースに、「神エクセル」が役所ではびこる理由 というものがありました。

記事の概要は、河野太郎衆議院議員が文科省に対し「神エクセル」の全廃を指示したということ。
「神エクセル」とは、紙へ印刷することを前提に、セルの結合や罫線機能等を駆使して、印刷結果を最優先して作ったExcelファイルを、「紙」をもじって呼んでいるとのことだそうで、全廃の検討が期待されていると。
(山崎潤一郎 さんの記事)

耳を(目を)疑うような問題提起です。

私たちも、出力ファイルはMicrosoft Excel で作成することが多いです。

ワープロソフトより表計算ソフトが断然自由度が高いし、データの加工転用ができて、マクロを使って落チンができる。

その場合、出力様式は(例えば)sheetCに作ります。

そして、入力フォーマットは別シート(例えば、sheetA)に作ります。

入力データを使って、他ファイルから検索照合して関係データを取得する、他ファイルデータと関連付けて所計算をさせる等の作業エリアは別シート(例えば、sheetB)に作ります。

出力命令フォーマットや検索・呼び出しフォーマット(いずれもマクロを利用)は、入力フォーマットと同じシートに置けばよいですね。

私は、市販の様式に印刷できる源泉徴収票(兼支払報告)ソフトを、ACCESSではなく、EXCELで作りました。

その理由は、先ず、100%完璧に市販用紙に合わせる出力フォーマットの作成が容易です。

市販の源泉徴収票(兼支払報告)用紙への印刷の出来栄えは、はっきりと高価な市販のシステムを凌駕する綺麗さでした。

そして、源泉徴収票(支払報告書)印刷システムに見せかけながら、「氏名」あるいは「職員番号」を入力すれば、源泉徴収票作成に必要なデータを取得or集計・計算するシステムで、実は「支給・支払」ファイルに、三つのシート(入力シート・計算シート・出力シート)をくっつけた、労の少ないファイルです。

主用途は、年末調整の実務であり、その結果の源泉徴収票の印刷でした。

「支給・支払」ファイルは、部下が給与・賃金・謝金等人件費の支払い決議を起こす都度に、自作システムで検算・チェックをする時にデータを取得し、1年かけて蓄積した支払いデータから作成するもので、そのための特別の労力は要りません。

配置換え1年目に、ベンダー系の汎用システムに乗っからない1000~1500名ほどの給与・賃金・謝金等人件費の支払い分が担当者(私)年末・年始の手作業となっており、年末・年始ほか前後の全休日返上夜中に至る痛い目に遭いました。

そういうことで、2年目にはこんな酷い目には遭いたくないとの一心で、これを克服すべく、休日を利用して数カ月がかりで作成したものです。

とても楽しい作業だったので、休日「返上」ではなく、休日「利用」でした。

今はどうなのかわかりませんが、支払い種別で違う税率の設定・計算には試行錯誤しました。当たり前ですが、一円違ってもアウトですから。

ほかにも多くの業務で、入力フォーマット等シート、データ取得・計算集計シート、出力フォーマットシート(「神エクセル」)で構成するファイルをたくさん作って、業務時間をとんでもなく短縮できました。

異動の際には、税関係を含め、メンテマニュアルまで作って後任に引き渡したのですが、何代化の交代のうちにシステム(と言っても、単に、複数の従エクセルファイルを使った主エクセルのマクロの仕事ですが)は壊されてしまったようです。

二十数年ほど昔の話です。

「紙エクセル」禁止っていうのは、何のためにエクセルに複数シートやマクロがあるのか(もっと底を言えば、何のために演算式があるのか)、あまりにも無知というか、悲しいお話です。

紙エクセルを作った方も。

それを禁止した方も。

その記事を書いた方も。


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

衝撃の熊本地震 [悲惨な結果・・・]

14日21時26分頃の最初の地震は、私は最初縦の揺れを感じました。

食卓兼PC卓で椅子に座っていましたが、携帯電話の地震発報に合わせて続く強烈な横揺れでは椅子ごと揺さぶられました。

PCを覗けばネットにはすでに速報が出ており(YAHOO!)、震源は熊本で、私が居る佐賀と実家福岡筑後は震度4ということでした。

体感としてはもっとすごい感じで、マンションが崩落する恐怖すら感じてしまいました。

自宅は10階で、マンションの中層階は揺れが増幅されるせいかもしれません。

激しいのが一旦収まってから、何度かやや弱めのものが来ました。

揺れが収まってから弟に電話しましたら、建物(築80年)の構造のダメージはわからないが、見た目には棚の上のものが落ちた程度で支障ないとのことでした。

電話を切って、各部屋を見て回ったら、洋間のカレンダーが落ちていたほかは、きちんと閉めていなかったドアが開いていたりした程度でした。

そして、翌々日16日の未明(午前1時25分頃)、「眺望の良い快適居住空間蘇生計画」の作業に疲れ、シャワーの後ベッドに入った直後、またまたユッサユッサと来ました。

携帯電話の地震発報に重なって部屋がきしむ音がしますので、今度こそマンション崩壊を覚悟しました。

崩落しない限り、室内に居たほうが安全かなとも思いました。

また、寝室は落下物や転倒物の無い部屋を充てているので、この部屋に居よう、と。

日曜日にお守り御札を戴いてきたばかりの、風浪宮さまに御守護を心中でお祈りなどもいたしました。

神様仏様です。

実家に電話したら、今度は前より大変だったようで、落下物や転倒物が沢山あったとのこと。

私も慌てて各室を点検しましたが、引き出しが出ていたくらいで、PC(本体モニタ一体式DT)もルータも転倒・転落していませんでした。

その後、何回も強い揺れがありましたが、切りがないので、PCをテーブル中央に移動させ、ルータは寝かせて就寝しました。

朝6時過ぎに、今度は実家から電話がありました。

あれから緊急持ち出しセットをを作り、脱出に備えたということでした。

そっちは?と訊かれましたが、こっちは引っ越し後の荷解きと環境浄化計画の最中であり、緊急持出し品など、どこがどうなっているのやら、です。

テレビやネットで確認すると、今回の地震は、M7.1で、佐賀と福岡筑後地方の震度は5強でした。

その後、時間の経過とともに被害状況が明らかになってきましたが、17日の正午現在で、死者41人、不明者11人、負傷者1000以上ということです。

また、熊本への鉄道や幹線道路が絶たれ、物資の補給に苦慮されている様子。

特に、熊本及び近隣の地で各地で避難されている14万人とも言われる人々、の食料や飲料水の補給が不足しているようです。

特送隊(SPTT)の編成が必要です。

そのためにはお金が必要です。

お金といえば、各種団体で募金・義援金の募集が始まっています。

代表的なものは日赤ですが、平成28年熊本地震災害義援金

です。

取り敢えず、外出しなくても拠金可能な熊本地震災害の緊急支援募金に参加しました。

ファミマで貯まっていた1900円弱のTポイントの拠出です。

取り敢えずとは言え、余りに微小の額ですが、先ず以てということで、何もしないよりはよいか、と。


コメント(0) 
共通テーマ:地域

祝、新国立競技場♪ [悲惨な結果・・・]

雨ですな。

先週、お散歩外で雨に濡れ、風邪の症状有り。

関連して、偏頭痛有り。

暫く雨に濡れんがよい。

よって、お散歩はせじ。

雨もですが、体の故障もありました。

昨日午後から少しずつ右手首外側腱の痛み有り。

今までになったことが無いので、感覚推測なれど、たぶん腱鞘炎的痛み也。

筆記せず 鍵も打たずに この始末 医者にかからじ 蠍喰い

そういうわけで、今日はテレビ鑑賞です。

   

☆☆ 村上ショージ さん、5月28日で還暦!! 今後一層のご活躍を期待!!

そう言えば、村上さんの盟友、杉本 高文 さんも、7月1日で還暦!!

   

☆☆ 東京オリムピツクの主会場の国立競技場建設、大盤振舞い!!

2020年に開催されるかもしれない東京オリムピツク。

儂は、既に数千円の募金をいたしました。

上からの要請です(命令、ではなく、あくまで強い「要請」で、強制力はありません。)。

そのオリムピツクの主会場となる新国立競技場の建設計画が明らかになりました

その総工費を知って、ちょっと驚きました。

約3000億円!!!

これがどんな金額かと言うと、ちょうど、沖縄振興予算の年額に相当する巨大なものです。

あるところで、先進科学施設が建造され、内部の大型の最新鋭科学機器の設置費用を含めると実に 総額17億円かかった、ということで各方面から大きな批判を受けました。

競技場はいくらぐらいが適切なのか見当がつきませんが、重粒子線の機器やサイクロトロンなどと言った特殊機器類は必要ないでしょうし、BSL4ほど厳重なバイオハザード対策も必要ないと思われます。

私の感覚では、土地代が要らないのなら、50億あれば凄い機能を持った競技場ができるのではないかと思ってしまいます。

これに、金銀ダイヤなどで大装飾を加えて行って、さらに、タイやヒラメの舞い踊り、と来て、100億、200億、500億、1000億、3000億と、ドンドン調子に乗って行かれたのでしょう。

日本は1000兆を超える借金があると聞きますが、それは後世に負の遺産として継承すればよいので、ジャンジャン使って行こうぜ、という深い考えもあるのかも知れません。

少子化で人口はどんどん減るので、現在よりずっと少ない人たちで、1000兆円 × α  の借金を返さなければならなくなりますが、まぁ、今の大人たちには関係のないことなのですね。

そんな余裕のある家計(national budget)状況ではないことを自覚しながらも、兎に角、赤字国債をバッカバカ奮発して、ジャブジャブ使って、五輪開催を盛り上げようということなのですね。

生活を切りつめて募金するのはもうやめようと思います。

今まで払った分は仕方がありません。

潔く諦めます。

中央政府の偉い人たちって、経費節減は、下級公務員を含めた労働者をターゲットに絞っていくものの、その数千倍の浪費で解消していくという愉快犯♪

日本では、末端労働者の小さなミスは責任を問われ場合によっては免職されるが、巨大な過ちは責任を問われないし、反省も要らないし、処刑もされないし、逆に功績として称賛される。

このままでは、

日本に失望し、脱力する・・・

かな?。

やりきれない思い?


コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

お財布のピンチ!! [悲惨な結果・・・]

5月30日(土) 雨(後に土砂降り)のお散歩(8:40発)13.86km 

今朝も二度寝し、離床は6時40分となりました。

雨なので、矢張り逡巡(躊躇ではない)はあり、2時間後の出発です。

最初は小雨だったので、いつもくらいのコース取りを考えていたのですが、徐々に雨足が強まり、30分後には本格的な雨となりました。

裸ならまだよいのですが、服を着ていることで、風による気化熱収奪が強く、寒さを感じます。

通ったことのない斜面住宅街で道に迷ったところで心が折れ、引き返しを決断。

這う這うの体で朝に内に帰還いたしました。 

悲しみは午後に訪れました。

夕方買い物に出掛け、お金をおろしました。

所定の額は引き出したのですが、残額を見て仰天!!

桁が違う!!(悪いほうに)

特にお金を使っていないのに、なぜこんなに残額が少ないのだろう!!

保険料が、一回50万円程度、年2回引きとされている(別途年100万円ほど給料天引きされていますが。)のはわかっているのですが、もう、一般家庭のひと月の生活費の額も残っていないのです。

自宅と社宅で、電気・ガス・水道料、共益費を払っているのも痛手かもしれません。

募金できるような状況ではなくなってしまいました。

はっきりと貧乏です。

酒や煙草は嗜まず、ギャンブルも美食も観光もせず、毎日、6時過ぎに出勤、19時までお仕事で頑張っているのですが。

残念です。保険料を安くするには、再契約が必要で、そうすると今まで支払った分が無駄になるので、止められません。

借金はないのですが、保険料のためカツカツの生活を続けなくてはならないのですね。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年末のパンク・・・窮す [悲惨な結果・・・]

12月28日(日) 少し晴れた午前のお散歩(9:10発)21.85km

今朝は、目覚めると二度寝することなく真っ当に起床を果たしましたが、其の後をグダグダと過ごし、遅い出発となりました。

どうも、冬季はこのタイミングが定番となりそうです。今日は、アウトソールがだいぶん擦り減って来たスカイセンサーを履きました。

フラットソールだから、好きなのです。

でも、靴底の減りは早く、摩耗がインソールに達するまで履き続けることになります(誇張がありますが)。

現在の摩耗状況は、アウトソールの一層目のゴムが剥けて二層目が見えて来たところです。

よく見ると、可成り減っていますね。

車のタイヤなら間違いなく交換するところです。


 

さきほど、今夜の晩御飯、明日の朝御飯と昼御飯調達のため車で買い物に出た際に、左後輪のタイヤがパンクしているのを発見しました。

タイヤについては、6月にスバルさんで六か月点検を受けた際に、「溝はあるが経年劣化の恐れがある」として交換を勧められました。

その時は、ドライ専用(とは言え、ウエット性能が悪いわけではない。)にするかウエット&ドライ(可成りウエット性能が高くなっている。)にするのか早急に決めねば、と思っていましたが、時が経つにつれて危機感も薄れ・・・。

11月の一年点検では勧められなかったこともありますが。

その問題対応先延ばしの体質が、今回の経年劣化性パンク事件を生起せしめたものであり、苦々しく反省しております。

さて、当面の応急処置として、最寄のGSで空気を充填してもらい、そのついでに石橋(BS)ポテンザの年末の供給性を確認していただきましたが、メーカー(石橋タイヤ)が休みに入っており、年明け5日以降しか連絡が取れないことがわかりました。

タイヤ交換を勧めてくれたスバルの営業所には私から電話しましたが、既に年末年始休暇に突入している旨を告げる留守番電話のアナウンスが流れるのみ。

さてさて、この年末年始は車が使えないことになりました。

休日中の出勤だけでなく、年が明けてからの通勤もピンチです。

私は、正規の勤務開始は8時45分ですが、6時30分前には出勤しています。

始業時間前の2時間は、仕事がとても捗り、夜の残業を軽減できるからです。

ところが、バス出勤となると、始発に乗っても、職場に着くのは7時30分頃になります。

参りました。

降参です。

発病する前でしたら、徒歩出勤なので、何の問題もなかったのですが。

これは痛いです。

元日には、久々に実家と自宅に日帰りで帰省するはずだったのですが、自宅は取りやめて、実家に顔だけ出すことにします。

佐賀まではJRで行けますが、自宅は福岡の田舎で、公共交通機関が不便極まりなく、それから先が難渋します。

今夜は一気に年賀状を片付けるつもりでしたが、とてもそんな気分ではありません。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マレーシア航空機撃墜の衝撃 [悲惨な結果・・・]

報道によりますと、7月17日、オランダ・アムステルダムを出発しクアラルンプールに向かっていたマレーシアの航空機がウクライナ東部を飛行中に墜落したということです。

ウクライナの親露派の武力責任者の人が、

〇 高度1万mの航空機を撃墜できる露製ミサイルを入手したこと

〇 ウクライナ軍の輸送機を撃墜したこと

をロシアの交流サイトの自分の欄に書き込んでおられたことから、親露派の人たちがウクライナ軍の輸送機と間違えてミサイルで撃墜したことが確実視されています。                                              

乗客・乗員298人の方々の国籍の内訳は、

オランダ192人、マレーシア44人(そのうち15人は乗務員)、オーストラリア27人、インドネシア12人、 英国10人、ドイツ4人、ベルギー4人、フィリピン3人、カナダ1人、ニュージーランド1人ということです。
(以前、ドイツとオランダではドイツが好きと書きましたが、それはサッカーの話で、国としてはオランダも好きなのです。この際そんなことは関係ありませんが。)

まったくもって、予想だにされなかった突然の非業の死、理不尽極まりない謀殺死(誤射だが大量虐殺目的の発射)で、お悔やみの言葉もありません。

胸が締め付けられ、息が苦しくなります。

あまりにも酷い犯罪(大量虐殺)です。

空から人が落ちてきた、という証言もあり、もし命あるうちに機外に投げ出され墜落されたのであれば、その恐怖たるやいかばかりのものであったでしょう。

いっぽう、露西亜側の報道によると、今回のミサイルによるマレーシア航空機の撃墜は、ウクライナ正規軍が、プーチン大統領搭乗機と誤って撃墜したという見方があるようです。

どっちにしても誤射なのですね。

墜落現場が、ウクライナ親露派の支配地域ということで、調査が進まず証拠品も回収できず、真相は有耶無耶、霧の中になってしまいそうな様相を呈しています

しかし、お天道様は視ている筈です。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

嗚呼、ライブ行けない・・・ [悲惨な結果・・・]

昨日のイベントで気付いてしまった。

昨日は、講演会+α の催事でした。

様子見に出かけた私は、会場に入りませんでした。

不特定多数の人々が参集する閉鎖空間に入ることは、バス乗車なども含めて禁忌なのです。感染の危険性が高いから。

食堂もダメで、ましてやマスクを外して食事することは絶対ダメなのです(人の来ない屋外で一人でお弁当をいただいています。)。

映画館に入館することも禁止です。

スーパーなどにもなるべく行かないようにと。

という境遇と、ライブ鑑賞という状況の関連性を全く考えていませんでした。

  

主治医に確認するまでもなく、ライブ会場に入場しての観覧が許される状況ではありません。

残念ですが。

  

                                                        

いつ治るのだろう?

5月25日(日) お散歩 21.83km

きょうはもうちょっと行こうという心算でしたが、なんと先週と同じ右足の痛みが再発してしまいまして。

プレドニンの副作用なのか(腱断裂、骨粗鬆症、筋肉痛、関節痛、皮膚・結合組織の菲薄化・脆弱化)、ワーファリンの正常作用なのか(毛細血管からの内出血による足筋肉組織の血液による筋壊死)わからないのですが、足裏(土踏まず)から内側踝にかけて筋肉破壊を感じさせる痛みです。

肉離れや攣りとは全く違います。

なんてことを思い、心配しながらジョグウォクりました距離がこの程度。

今、患部をよく視てみると、毛細血管が切れた系の内出血がかなり濃く見て取れます。

足裏(土踏まず)から内側踝にかけての筋肉部分は、いつもこれくらいは毛細血管が切れていると思われますが、こんなには出血しないですぐふさがっているのだと思います。

矢張り、これはワーファリンかな・・・。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2013年は [悲惨な結果・・・]

本年2013年は、生涯最悪最凶の年であったと観じております。

勿論、多くのものを失ったが命は取り留めたので、「想定し得る」最悪の年ではなく、「人生のここまで」で最悪の年ということです。

ということで、年賀状を出せる状況(気分も)ではないのですが、人様には関係のないことなので、取りあえず印刷して投函しました。

流石に添え書きはいたしませんでした。

書いてしまったら、全然お目出度いご挨拶ではなくなります。

まあ、命あって年を越えることができるとすれば、ある意味お目出度いことではあるかもしれませんが。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

無念の緊急入院で・・・ [悲惨な結果・・・]

いろいろあって、火曜日に病院に行きました。

血液検査、エコー(胸部と下肢)、心電図、CT(胸部と下肢)などの検査結果を基に専門医に診断していただいた結果、即刻緊急入院と相成りました。

予想通りと申しますか、予想以上と申しますか。

緊急度においては予想を遥かに超えておりました。

今から入院は嫌だ、心の準備も含め、一日猶予をくださいということでドクターと交渉しましたが、職場のボスに連絡が行き、即入院ということになりました。

危険な状態らしいのですが、本人にあまり自覚はなく、基本的に退屈な日々が続くことになります。

でも、このまま死ぬのも嫌なので、おとなしく入院することにいたしました。

職場の伝で、パソコンを借りることができましたので、ネットの情報には触れることができます。 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さらにまた、膝を傷める・・・ [悲惨な結果・・・]

右脹脛を傷めておったが、やや軽快したかと思い違ひ、昨日は雨中を押して徒走通勤いたしたものであった。

夜には豪雨となり、躊躇し、暫しバス利用を考えつ、軽豪の浅慮により徒走通勤を強行。

右脹脛を庇いながらの雨中走は自ずと右膝の過重負担と相成り、バキッと言ふ衝撃とともに激痛が襲いしも、さりとて走りは止めもせじ。

斯くして右脚の多重負傷に因り、本日はバス通勤也♪


コメント(0) 
共通テーマ:健康

ネット開通・・・やっと [悲惨な結果・・・]

やっとのことでネット開通です。

引っ越しでPCは壊れるやら、接続パスワードは変になるわで、大変困ったネット孤島でありました。

兎も角、引っ越しは苦難の道なのであります。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マグロ一匹、1億5540万円 [悲惨な結果・・・]

<初競り>マグロ、1億5540万円--東京・築地  というニュース・・・

東京築地の中央卸売市場で今日(1月5日)、今年の初競りが行われ、222キロのクロマグロが過去の最高値を上回る1億5540万円で競り落とされた、というニュース。

素直に「凄いっ!」とは思えません。

狙いは宣伝効果なのでしょうか。

客には平常価格で提供されたということですが、寿司屋さんももっと有効なお金の使い方はなかったのでしょうか。

海外がマグロ「食」に目覚め、競争が激化し、その象徴としての競り合いになったのかもしれませんが、これを契機として日本のマグロはいっそう高騰することでしょう。

高いものは食べない、ということで、日本人は、クジラと同じようにマグロ「食」からも撤退すべきかなという気持ちになりました。

なにしろ、マグロも鮪も、食べないと死ぬと限った食材ではない。

ただ、ほかの魚介類が、馬鹿げたマグロに引っ張られて高騰するのは嫌ですね。

概して、魚は高い。

魚は諦めるか・・・。

豆腐や鶏卵を食べましょう。

私の食生活の中心は、第一に、豆腐。

次いで、納豆。

続いて、鶏肉、鶏卵、もずく。

贅沢系では、ヨーグルト、トマトジュース。

ご飯は別格、食の中心です。

食料自給率が低いのは致命的な気もしますが、野菜、穀物中心の生活に立ち戻ることが望ましく思われます。

肉は、昔ながらの養豚、養鶏。

牛はお金持ちに譲りましょう。豚も高くなりましたが・・・。

肉食の人がエネルギッシュで生殖力が高く、野菜中心の食生活を送る人が消極的で生命力が低いとも思えません。

魚は、池で鯉や鮒を育てて、甘露煮でいただけばよろしい。

   

借金が1000兆円の貧乏大国日本。

単純計算すれば、一人1000万円を国に拠出すれば返済できるのかな?

これから日本は人口が激減しますので、今のうちにやっておいたほうがいいです。

10年後には借金が5000兆円に増え、逆に人口は5000万人に減って、一人当たり1億円の要返済額となります。

多くの日本人、それも富裕層が日本を見限って外国に流出すると思われますので、だんだんつらくなります。

  

  

  

さて、昨日1月4日は当社の仕事始めの日でありました。

公休にしようという意見もあったのですが、この日から仕事をしないといけない部署がいくつかあり、公休はまずい。

ということで、基本的・実質的に全社休みとするが、形式上は営業日とし、出勤が必要な人は普通に出勤し、その他大勢は有休休暇を取って休むということになりました。

その結果、当セグでは部課長では私一人、見かけなかったけどもしかしたらもう一人が出勤だったかな?

当課では、私のほかには総括担当係長一人が出勤。

昨年末の課内会議で、1月4日は私が出るから皆は休んでいいよ、と休むよう勧めたのですが、彼はやるべき仕事があるということで出勤いたしました。

私としても、課で一人っきりでは、何か突発事態が発生した時、ちと心許無い気もしましたので、ありがたく受け入れました。

ということで、出勤率1割[わーい(嬉しい顔)]

昨年は、有給休暇が一日も取れませんでした。それはまあいいとして、土日祝日の半分は出勤せざるを得ませんでした。

今年は、

1.有給休暇を1日以上取る。

2.極力無給出勤(=休日出勤)はしない。

ということを私的目標としたい(笑)。

これはつまり、仕事を、より計画的に、より効率的に、より協業的システマティックに行うということですね。


 

25/ 1/ 3  曇天お散歩 17.75km

25/ 1/ 4  普通の通勤 平常より車が多かった(午前7時)

25/ 1/ 5  雨天お散歩 22.66km


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中学校での事件のこと 先生と教育委員会 [悲惨な結果・・・]

言わずと知れたいじめ(戦略的虐殺)と、そのもみ消しの件ですが・・・

この大津市立皇子山中学校の先生方も、大津市教育委員会の先生方も、亡くなった児童の痛みがお分かりにならないようです。

強襲殺人よりも格段に惨(むご)い、超弩級に酷(むご)い虐殺です。

通常の殺人は身体にダメージを与えて命を奪うものですが、いじめによる自殺は、まず心を殺し、伴って身体を殺す。

心を殺されるプロセスが惨すぎる。

たとえば、金銭目当ての無慈悲で残虐な謀殺が懲役2年であるならば、このいじめによる長期虐殺は懲役108年に相当することでしょう。

そして、いじめの潮流を、まるで助長、いや推奨するかにさえ見えるこの中学校の先生方や、市の教育委員会の先生方はそれと同等の道義的責任は免れないことでしょう。

現生で埋めそこなった徳の負債は、来世(生かどうかは判らない。)で帳尻を合わされますから、死後の大いなる覚悟が必要です。

ちなみに、この中学校の「ストップいじめアクションプラン」はけっこうよくできています。

教職員のアクションとして、「SOSへの的確な対応」や「訴えに対する真摯な対応」なども謳われております。

結局だれもこのとおりに動かなかったわけですが、他の学校では、他山の石としていただきたいものです。

この学校の場合、事後のもみ消し、現在進行中の口止め等、過去に例を見ない組織的隠ぺい活動が展開されているようですが、教育委員会としては、隠ぺい工作がここまで堂々と展開されることは想定外だったかもしれません。

学校からは口止めされたけれど、(人として、また道義的に)話さないわけにはいかないと言ってインタビューに応じる子どもたちは、先生に比べて格段に「人」であり、立派だと思いました。

負うた子に教えられ浅瀬を渡って欲しいところですが、もはや教え子を背負ってもいないし、渡るべきは浅瀬でもない。

市長さんの涙の決意を信じたいです、せめてもの救いとして。

また、近隣の大阪市長さんの涙は、慟哭にさえ近いものがあり、感動しました。彼の管轄でも責任でもないが、自治体の首長として、いや、大人として、この悲惨すぎる事態を防げなかったことを悔やんでおられるようであり、人として尊敬できるし、こちら側の人であったのだということを再認識させていただきました。

 

警察のこともいろいろ言われていますが、(よくないことであって、決して容認するものではありませんが)警察はこんなことが多く、稀に見るひどい対応ということでもないようです。

犯罪が多すぎて忙しすぎるのが、警察のこういう対応を生んでいると思われますので、増員も検討すべきかもしれません。

親類には、警察官も教員も自衛官も役人もいますが、ざっくり言えば、

自衛官>警察官>役人=教員 という感じです。何がかな?(酒癖?)

自衛官は、人を助ける、人のために働く、という使命感が非常に強い感じです。

消防官は親類にいませんが、きっとそういう意識が高いでしょうね。


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

いくらなんでも有人地帯にオスプレイ配備はイカンでしょう? [悲惨な結果・・・]

絶海の無人島に配備するなら兎も角、有人島のそれも沖縄本島中核都市の住宅地帯に混ざり込む米軍普天間基地に配備するというのは、欠陥車をリコールもしないで歩行者天国で走行させる以上に無謀で無法で人命軽視の行為です。

日本政府もこの決定に唯々諾々では、消費税で男を上げた野田首相の人望も地に落ちます。

日本は独立国家の態をなしていない。

 

余談ですが、度重なるオスプレイの事故検証・原因究明も、米軍が自ら行うものでありますから、仮に機器自体に問題がなく人災であったなどとの調査結果が出たとしても、全く信用できませんし、社会的に通用するものではありません。

事故でも不祥事でも、当事者自身の調査は信用されません。

 


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ドブ、交通事故を目撃す! 119番通報す! [悲惨な結果・・・]

昨日は、昨今の交通迫害状況に心を痛め、多少強い表現の記事を書いてしまいました。


 

本日は、朝からよいお天気でした。

沖縄の梅雨というのは、乾季・雨季という括りでは全く捉えられません。

雨が降ったと思ったら、次の日は真夏のカンカン照り。

ということで、今日は昼下がりまでは真夏でした。

真夏だけど、風は非常に強かった。

西原マリンパークの砂浜には沢山の海水浴客がいましたが、風は強く、風が飛ばす砂粒が体に当たって痛いのなんのって。

順風と逆風では走りが大違い。

平均しても、大変きついお散歩です。


あるバス通りの交差点そばの舗道で、自販機でサプリ水を求め坐って給水していると、子どもたちのはしゃぎ声が聞こえ、そちらを向くと、3人の男の子が交差点の横断歩道を渡ろうとしていました。

横断歩道の信号は青になっていました。

車通りの信号は赤でした。

3人の子どものうち、1人が先頭で駆けて(ダッシュ)渡りはじめました。

遅れた2人の子どもが「危ないっ!」と叫びました。

見ると、軽自動車が突っ込んで来ていました。

子どもは軽自動車の側面に衝突し、反動で手前に跳ね飛ばされました。

大きな音がしました。

交差点の向こう側からは、男の人が横断歩道をこちらに渡りかけていました。

撥ねられた子どもは泣き出しました。つまり、意識はありました。

2人の子ども、それから3人の大人(横断歩道を向こうからこちらに渡りかけていた男性、私、私より現場に近い場所にいた女性)が駆け寄りました。

私は119番に電話しました。

消防の担当官から場所を訊かれましたが、とっさに地名が浮かばず、コンビニとバス停と、その他の目印を答えました。

状況を訊かれました。

被害者の年令(大体では駄目みたいで、連れの子どもに訊きました)、性別、受傷状況、私の名前、私の連絡先等々。

電話を終えると、被害者のお母さんが来ていました。

怪我をした子どもが突然立ち上がり、傍の建物の階段を駆け上がっていなくなりました。子どもは元気ですね。

お母さんは、子どもの名前は呼ぶものの、追いかけては行きません。

ちょっと余裕のようですが、救急車が着く頃には連れ戻していました。

救急車が来て、ちょっと遅れてパトカーが来て、その間、私たち2人は(女性はバスに乗って去られたようです。)、何か訊かれると思い、待機していました。

救急隊員は、加害者グループ、被害者とそのご家族(ご家族は事故状況は判らないと思います。現場にいなかったから。)に状況を確認すると、1名を残し、被害者とご家族を乗せて病院に向かいました。

その後、私と、横断歩道を向こうからこちらに渡りかけていた男性の2人は、警察官から簡単に事情聴取されました。

それから、交通事故専門官が来るからちょっと待っててね、と言われました。

現場には加害者グループ(子どもを撥ねた車の運転者と同乗者、並びに、赤信号で止まった後続の仲間の車両の運転者と同乗者)しか残っていなくて、事実が伝わらないといけないので、言われるまでもなく、待って証言するつもりでした。

雨が降り出しそうで、ちょっと焦りはありましたが。

ややあって、専門官たちの乗った警察車両も到着し、同じような証言をさせていただきました。

その間、約1時間。

疲れも汗も吹っ飛んでしまいました。

検証の続く現場を離れると、案の定、10分後には雨が降り出しました。 

交通戦争です。


私は、交通事故を目撃した経験は相当ありますが、119番通報したのはこれが二度目です。

交通事故直後を目撃したことも多いですが、凄惨な例が多いです。

自分自身が被害者になることも多いです。

月400km走っていると、相当やられます。

相手(自動車運転者)は、側道から出るとき、歩道では止まりません。

車道(本道)に出る時も、左折の場合は右しか見ません。

自動車運転者の身勝手で危険な習性は理解して注意している私ですが、相手はあの手この手と新手を繰り出してきますので、油断はできません。

多少の打撲や擦過傷は仕方ないとして、致命傷を受けないように注意する日々です。

反撃の道具を持たないのが悲しいのですが。

4月30日 お散歩 27.69km 1933.7kcal


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

福島原発事故 [悲惨な結果・・・]

東北地方太平洋沖地震の犠牲者の方々に深い哀悼の意と表すとともにご冥福をお祈りいたします。

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々には心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い治癒回復並びに復興をお祈りいたします。

 

さて、東北地方太平洋沖地震の、地震自体と大津波被災者への救援が、被害の途方も無い規模と多くの悪条件に阻まれ、自衛隊・警察・医療団・海外からの災害救助隊等の皆様の不眠不休の活動にも関わらず、なかなか進まない中、東京電力福島第1原子力発電所の事故は破局に向けて一直線に突き進んでいるかのように見えます。

命がけで懸命の作業をなされている作業員の皆さんも、引き上げられた被曝放射線許容量に達した方々が次々に現場から撤退せざるを得ず、要員不足に陥りつつあるのではないかと案じております。

引き上げられた許容量は、急性障害は発症しなくても、晩発障害はいかがなものかという識者の見方もあるが、引き上げないと作業時間が取れないということで、文字通り命を削って作業されているのです。

さらに悲しみを深めるのは、その作業が、決して破滅への回避に有効に作用せず、非常につらく酷い喩えであるが、敵艦に達することなく途中の洋上で墜落、死を遂げる若き特攻隊員の無念さにも通じるものを感じるからでありましょう。

自衛隊員の方々、警察官の方々、医療関係の方々、米軍の方々等も被曝されているやにお聞きします。

頭が下がります。

日本は存亡の危機にあり、可能性としては悲観的要素が強い状況ですが、日本が無くなっても、皆さんの胸の熱くなる働きは、諸外国の心ある方々の記憶に刻み続けられることと思います。

 

☆ 九州が安全であるかのような噂も流れていますが、日本国民は一心同体、九州だけがおめおめと生き残ることはないのではないかと思われます。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

日本大地震のこと・・・ [悲惨な結果・・・]

東北大地震という表現や東日本大震災という表現など、今般の一連の地震には様々な名称が使われており、まだ定まってはいないようですが、日本人として一体感を持つという気持と、諸外国から寄せられる心ある支援も考慮して、日本大地震と書きました。

発生から二日目の朝を迎えました。

九州では、私が感じる限りにおいて地震の直接的影響はありませんが、とてもお散歩に出かける気持にはなりません。

昨夜は、市内の照明がほとんど消えて本当に暗かったのですが、九州電力からも関東へ送電協力ができそうなので、節電のための行政や商業施設の意識的な対応だったかもしれません。

そして、今朝は、日曜日ということを割り引いても、異常に交通が少ない状態です。

歩行者や自転車は兎も角、自動車は、バスを除き、ほとんど通行していないような感じです。

私の住まいは、散村とは言え県都の中心街に近い場所で、高いところからとおりを見渡せるのですが、自動車が異常に少ない状況です。

これは矢張り、震災犠牲者への弔い・被害者への気遣い、それから、石油資源の節約による復興支援の気持が沁透しているからではないでしょうか。


巨大地震で日本が2.4メートル移動、米地質調査所

2011年03月13日 13:18 発信地:ワシントンD.C./米国写真ブログ

【3月13日 AFP】米地質調査書(US Geological SurveyUSGS)は12日、東北地方太平洋沖地震で日本の位置が約2.4メートル移動したと発表した。 


今、福島原発の事故が深刻な展開を見せております。

いろんな不測の事態から、原発の10キロ圏内にある病院の入院患者ら15人と救急車が、放射性物質で汚染されていたと発表されました。

避難のための自衛隊ヘリを待っていて被爆したようです。

救急隊員や、自衛隊員や、病院職員なども当然被爆しているものと思われます。

10キロ圏内の屋外で被爆したのですから、同じ条件の地域住民や、自衛官や、行政等関係者も他の場所で被爆した可能性が高いと考えられます。

政府首脳や東京電力関係者は命がけで対応され、事実、下請けの人たちには重篤な被害に遭われながら現場対応されるなど、全力の態勢を取られているようです。

しかし、現場の方々は兎も角、政府首脳や原子力安全・保安院、東京電力の方々は、当然経験不足で、後手後手の対応になっているようで、特に海外の専門家の皆さんは、冷や冷やしながら見守っておられるようです。

しかし、米国は、次から次へと発生する物凄い(稚拙な)事態に、ついに見かねて、自発(強制)的に専門家を派遣するようです。


沸騰水型原子炉専門家を派遣=福島原発事故に強い危機感-米

 【ワシントン時事】米原子力規制委員会(NRC)は12日、東京電力の福島第1原発で起きた事故を受け、同原発で採用されている沸騰水型原子炉の専門家2人を急きょ日本に派遣したと発表した。同事故に対する米政府の強い危機感を表した対応とみられる。
 福島第1原発での炉心溶融の可能性に対しては、米国でも関心が極めて高い。史上最悪の旧ソ連・チェルノブイリ原発事故(1986年)には及ばないものの、米スリーマイル島原発事故(79年)には匹敵する惨事とみられ、両事故と並び「原発3大事故として歴史に刻まれる」(CNN)と報じられている。(2011/03/13-07:49)


これでどうなるというものではないかと思いますが。

日本にも専門家はおられると思いますが、なかなか意見が反映される部署におられないか、部外者的な物言いになるかで、うまく機能しておられないようです。

米国に本当の実務的専門家はいなくて、学術的データ取りとの噂もありますが、流言なのか事実なのかわかりません。

避難範囲が徐々に(後手後手に)広げられたり、自衛隊派遣人員が徐々に(後手後手に)増員したりすること、しないよりましですが、できるだけ効果的に対応して欲しいという思いはあります。

指揮者も疲弊しておられるのでしょう。

再掲になりますが、ラヂオ放送(FM)を信じるならば、少なくとも原発から、ほぼ10倍の半径250kmは離れる必要があるのかも知れません。また、チェルノブイリでは半径270kmの住民を避難させたという指摘が先ほどありました(ヤフー掲示板)。
これが根拠在る発言なのか、煽り的発言なのか、素人の私にはわかりませんが、卑しくも専門家が無責任な発言をなされるはずがないという気はします。

菅首相も枝野官房長官も、災害対策上今が一番大事な時と考え、二日間一睡もされていないように見受けられます。

しかし、お二人が倒れたり、正常な判断ができなくなったりしては、それこそおおごとなので、それぞれ代行副官的な方を定め、せめて交代ででも休息を取っていただきたいと思います。

 

☆追記

ヤフーのネット募金をいたしました。とりあえず、なので微々たる額ですが、さらなる募金先を調べて対応したいと思います。

http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

 

☆追記2

母親から電話で、佐賀県から医療チーム、目田原基地か自衛隊チーム、さらに玄海原発から技術チームが支援に向ったとの情報が入りました。

佐賀県民ではないのですが、老人会の寄り合いでの情報らしいです。

☆追記3

ヤフーの募金がだいぶん集まっているようです[ドコモポイント]

さっき、セブンイレブンでも、千円未満ですが小銭を募金してきました。

明日、たぶん職場で大型支援募金を募るのではないかと思います。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国民が一丸となった救援・復興を 東北地方太平洋沖地震 [悲惨な結果・・・]

昨日午後から始まった北西太平洋大地震は、東北と関東の一部に壊滅的打撃を与え、いまだ続いているようです。

昨日15時過ぎのライブ映像では海浜から内陸部を飲み込む凄まじい津波を目の当たりにして慄然といたしました。

集落、街が瞬く間に濁流に流されその痕跡すら消して、火災ごと流されていく、通行中の車も逃げ切れず飲み込まれていく、その有様は、あたかも此の世の終わりを見せられているようであり、現実とは信じたくないものでありました。

我が社も、DMAT体制の協力企業であることから、16時には派遣要員の待機と、必要備品・物資の配備がなされました。

もちろん、行政の要請があった時に動くことになるもので、勝手に押しかけるものではありません。そもそも、簡単に到達できる状況ではありません。

要員は、当分の間、退社せず待機態勢を取るのみのようです。

役立たずの私は、待機がかかることも無く、昨夜は普通に退社してきました。

何も出来ない私ではありますが、せめて経済的支援でもさせていただければと思いながら、テレビの報道を観ております。

経済的支援といいますが、コンビニのお釣り程度でも、しないよりはましですが、ゴルフを数回自粛するとか、車の買い替えを2年延ばすとか、一月節食するとかして(実際にはしないとしても、それに匹敵するくらいの額)、国民一丸となって実りある支援ができればなと思います。

幸いにして被害を受けずに済んだ国民は、それくらいのことはしなくては。

 

倉木麻衣師公演の中止は、施設の損壊がなくても当然考えられたことでしょうが、チケット購入者にあっては、払い戻しはいいよ、大地震の支援にまわしてよ、と言われることでしょう。

Mai-K.net online FCMai.K Diary-livedoor Blogなどで皆に支援を呼びかけて、取りまとめていただければ、もっと嬉しいなぁ。


ヤンキースが義援金10万ドル=米大リーグ

時事通信 3月12日(土)10時51分配信

 【ニューヨーク時事】米大リーグのヤンキースは11日、東日本巨大地震の発生を受け、10万ドル(約820万円)の義援金を被災地の救援活動に送ると発表した。同球団には井川慶投手が所属している。 

最終更新:3月12日(土)10時51分

政府レベルを除いて、世界で最も早い支援表明?


ガガさん、大地震チャリティー:米加人気歌手が支援訴え

時事通信 3月12日(土)9時56分配

【ワシントンAFP=時事】奇抜なファッションとパフォーマンスで知られる米人気歌手レディー・ガガさんは11日、日本の大地震と津波発生を受けてオリジナルのチャリティー用ブレスレットを作り、ホームページ上でファンに購入を呼び掛けている。収益は震災者救済に充てられるという。
 ブレスレットには「日本の為に祈りを。」との字が記されており、ガガさんは5ドル以上での購入を希望している。
 一方、同国の著名R&B歌手アリシア・キーズさんも簡易ブログ「ツイッター」上で「日本のことで胸が張り裂けそう」と悲しみを表した。
 カナダの10代の人気歌手ジャスティン・ビーバーさんは「(日本は)世界で一番好きな場所の一つ」とした上で、「皆で助けなければならない」と訴えた。

ガガさんて、奇抜なだけじゃなかった・・・[揺れるハート][もうやだ~(悲しい顔)][ぴかぴか(新しい)]泣ける・・・


Dear Loving、興行収入の一部を震災の支援金に

BARKS 3月12日(土)18時56分配信


インテルとミランが日本の地震被災者へのサポートを宣言

SOCCER KING 3月12日(土)2時6分配信


 長友のインテルが喪章をつけてのプレーを発


JRの九州新幹線開通式典も昨日早々と中止を決めましたが、腰の重かった「名古屋国際女子マラソン」もさきほど中止が決定しました。

交通機関のこと、会場のこと、いろいろ理由は挙げるとしても、今、この時にいろんなイベントをやることは、不謹慎にさえ思えてしまう状況もあります。

世界各国から哀悼の意を表していただいているわけです。

各国元首クラスの対応は兎も角、海外からは、スポーツ界、芸能界からも誠意溢れるコメントが寄せられているようです。

サッカーでは、上記インテルのレオナルド然り、ベッカム、FIFA会長等々。

F1のバトン、アロンソなど・・・。


我が課の係長が、子供さんの進学の関係で一緒に茨城に出向いており、現在まで連絡が取れなくなっております。

回線が込み合っているためだとは思いますが、心配です。

追記

先ほど、父娘二人の無事が確認されました。被災された方々には大変不謹慎で申し訳ありませんが、安堵いたしました。彼は高校の後輩(時期はだいぶんずれますが、)でもあり、奥様ともども古くより仲良くしているのです。


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

飲酒運転無法街、福岡県! [悲惨な結果・・・]

昨日2月9日(水)の深夜、福岡県粕屋町の町道で、マラソン大会のコース下見をしていた男子高校生2人が飲酒運転の乗用車(運転者:粕屋町仲原、35歳の男)にはねられ死亡するという痛ましい交通事故が発生しました。

私の感覚では、飲酒運転によるものは、「死亡事故」ではなく、「殺人事件」です。

飲酒して運転すること自体が未必の故意、と言いたいところですが、今般の事件は、現場の状況を見る限り、ピンポイントで男子高校生2人をヒットしていることから、狙った衝突衝撃=狙撃の公算が高そうです。

無論、素面(しらふ)だったらそこまで非道なことはしないでしょう。

飲酒により、隠された本性がむき出しになったものと思われます。

校長先生は泣いていました。

マラソン大会が中止になったから泣いていたわけではありません。

若い命が失われるのはとても悲しく痛ましいことです。

外国は知りませんが、日本でも、とりわけ九州は飲酒運転無法地帯なのかもしれません。

福岡生まれで福岡育ちのわたしとしては、とても悲しく、また恥かしく思います。 

車の運転は、実用性が高いために容認せざるを得ませんが、銃の使用と同等以上の殺戮が可能な機械手段です。

自制心や通常の運動能力、正常な判断力を低下させる飲酒の後に、強大な殺傷能力を誇る車を運転する行為は、断じて許されるものではありません。

しかし、男は酒を飲むことが美徳とされる福岡では、飲酒運転は、容認される傾向がいまだ強いのかもしれません。

事件事故を起こさなくても、飲酒運転即実刑、ということは是非とも必要です。

第三者通報制度も拡充しなくてはなりません。

通報者保護と報奨制度を整備して、痛ましい飲酒運転殺人事件の撲滅を図りましょう。


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

荒天に臥す・・・ [悲惨な結果・・・]

風邪具合、増悪の一途を辿り。

喉痛、頭痛、悪寒、発咳。

朝5時半に塵出し。

漆黒に荒天の兆し有り。

やがて吹雪く也。

腹筋、脚筋続けるも、外出の目処も立たない雪模様。

やがて朝食。

しかし天候回復せず、筋トレを続ける。

結局、午前中は筋トレのみ。

昼食を摂ったあたりから、風邪の症状、さらに悪化。

伏せる。臥する。

夕刻18時30分に目覚め、頭痛を押して夕食を購いに外出する。

救いは、一軒置いた隣がお弁当屋さん、その隣がコンビニということ。

ささやかな幸せを噛み締める。

 

今日は、荒天を理由に外出・散歩を取り止め、半日寝込んで、結果、久々の丸一日の休養といたしました。

でも、熱と筋トレで、体ガタガタ、膝ガクガク也(笑)。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

脚が壊れる・・・ [悲惨な結果・・・]

外は 今日も雨(やがて雪になりましたが)。

脚は 今日も痛。

右足裏の神経束のピリ痛は、シューズをソール堅牢なニトラスに換えたことで多少軽減したものの、左脹脛(ふくらはぎ)の筋肉痛は悪化。

明らかに肉離れ後の痛み。

本当は冷やして安静にするべきであるが、それでは折角のお休みがあまりにもつまらないので、とりあえず雨の街中へ飛び出す。

今日は、ウィンドブレーカーは着ないで、ポロシャツとTシャツ。

「とりあえず」のお散歩なので、今日は街中のジグザグジョグ。

公園のベンチで、冬雨に濡れながら缶コーヒーを味わう。

意外に美味しい♪

雨粒が缶に入って、ぬるく、薄くなるけど(笑)。

しかし、左脹脛はもうイケマセンな。

左足にあまり負担をかけないように走ります。

でも、極端に右足に負担をかけすぎると、今度は右足をまた傷めてしまうので、そのへんはちゃんと考えて走ります。

というわけで、本日は、22kmというとんでもなくささやかなお散歩でありました。

あくまで、「とりあえず」体を動かした、ということでお茶を濁す也。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

巨星堕つ、否、外付けHDD逝く・・・・ [悲惨な結果・・・]

倉木麻衣さんのお写真フォルダへのショートカットが無効になった。

PCカラオケが起動しなくなった。

ネットショッピング関係のパスワード等の情報フォルダへのショートカットが無効になった。

転勤で撮り溜めた写真フォルダへのショートカットが無効になった。

年賀状ソフトが、起動はするが、住所ファイルが呼び出せなくなった。

エクセルで自作の名刺ファイルのここ数年分が呼び出せなくなった。

等々、頻繁に使うファイルが消滅し、多数の「無効なショートカット」が発生した。

こまったなあ、おかしいなぁ、と思って、「マイコンピュータ」をクリックしてみると、外付けHDDが1個見当たらない。

あれっ? と思って注意を向けると、カチカチいっては、ブゥーン と言ってそれから元気なく音が消えて行く。

 

うむ。

巨星堕つ・・・。

思えば、いろんなファイルを格納していたよのぉ。

 

職場のPCは、データ類は全てサーバ内の各人割り当てフォルダに格納されており、そのサーバにはミラーが容易されている。

さらに念のため、デスクのPCに手動で定期的にバックアップしている。

だいたい何処でも皆、3重くらいのバックアップをなさっているでしょう。

 

プライベートは甘かった・・・。

 

もちろん、再生のため、今日梱包して送り出しましたが。

うまくいくかどうか・・・。

出来るとしても、相当の費用を覚悟せねば也。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寄る年波は容赦も無く・・・(*ε*。) [悲惨な結果・・・]

梅雨明けて 爺ぃのお散歩 腰砕け     ドブ蔵こころの俳句

すっかり暖かくなって。

梅雨時というのは、ジメジメしているが、絶対気温はそんなに高くないし、走ってて体が燃え上がるほどの熱さは感じません。

暑いけど、熱くは無い。

ぢゃが。

ぢゃが、梅雨が明けた今日は、体が燃える熱さ。

去年よりキツイ感じ。

1年経ったのに、楽になるどころか、ペースも上がらないのに、ただただキツクなっている。

ぢゃっかん辛くなる。

やっぱり、寄る年波。

そーゆーこつかのー? と思ふ。

ぢゃが。

94歳で100mを12秒ジャスト。

88歳でフルマラソンで3時間を切る。

そーゆー世界はなんぢゃ?

 

ということは全く考えず、マイペースで愉しむのぢゃ♪

夏は暑い。

だから、夏。

体が燃えるほど熱い、と言えるのも、暑い夏だから。

これは、幸せなことなんぢゃ。

ただ、本当に燃えんよーにせんとな。

 

[晴れ][かわいい][晴れ][かわいい][晴れ][かわいい][晴れ][かわいい][モバQ][夜]これから、ほんに愉快な季節[晴れ][かわいい][晴れ][かわいい][晴れ][かわいい][晴れ][かわいい][晴れ][かわいい]


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

怪我で230kmのロス? [悲惨な結果・・・]

右足の怪我で、先週木曜日から徒歩(ランニング)を控えておりまして、これが次の土日まで続くと、平日15km、土35km、日20km、合計230kmの、走る機会のロスになります。

治れば、また元気に走ればいいと思い、今は、最近おろそかにしてきたゆっくり系の筋トレに励んでおります。

それはそれなりに楽しく、環境に順応しておるわけでございますが、ただ、運動量は圧倒的に落ちている。

それで、食事量は変らないので、過剰栄養分の蓄積が気になるところです。

平素が、運動量を食事量がカバーできていない状況でもあったため、さほどの過剰栄養ではないようにも思えますが。

ただ、運動量が落ちたことで心身ののストレスが減り、免疫力が幾分かは低下したように感じられます。

走るのが無理なのであれば、自転車でも買おうかな、などと、またぞろ思い始める気分屋ドブなのでありました。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

弔う死 トムラウシ遭難・・・ [悲惨な結果・・・]

大雪山系トムラウシ山遭難事故は、近年稀に見る悲惨な遭難事故であったと思われます。

滑落事故、雪崩、あるいは自然の予想されざる超峻烈過酷な侵襲というより、運営の不手際による人災という印象が拭えません。

遭遇した他のパーティの登山者が遭難せず下山できていることからして、このツアーの運営に間違いがあったことは否めないように思えます。

中高年の登山者が、低体温症で次々に亡くなっていく状況は、地獄図絵というより、恐怖絵巻です。

そこに居合わせれば、単なる底なしの恐怖ではなく、冷え切った絶望感とでも言うのでしょうか。個を超越した宇宙的視野にさえ到達するのかもしれません。

 

我が身を顧みますと、苦行嗜虐症、悪天候ほど嬉しく、苦しいほど楽しい。

雨中には傘差して飛び出し、雪中には手袋して走り出します。

でも、行程はたかだか2~3時間。

しかも、苦しくなったら携帯電話でタクシーを呼べるロケーション。

通勤も、台風では歩いて出かけますが、雷の激しい時は車で出かけます。

やはり安全第一。 

 

登山。

山頂を目指し、到達した時の達成感というものは大きいのでしょう。

ちょっと・・・。

 

トレイルランニング。

山を数十キロから百キロ超、走って巡るスポーツ。

山頂を目指すものではなく、山路(トレイル)を駆け巡る。

私にとっては、登山よりはわかりやすい。

でも、そんなに長距離を走るのは・・・・。

 

私、基本的に、自宅出発、自宅帰参。

近場を気分に任せ、チョコチョコと走り回る。

あの角を左折しようか、右折しようか、直進しようか?

ここからしばらく歩こうか?

休憩は、基本的に公園。

競技には興味がない。

どこかに到達する達成感もあまり重視しない。

要するに、適当でいい加減。

遠くには出かけない。

億劫だし。

倉木麻衣さんのライブに行かないのも、ライブ会場の雰囲気に馴染めないことに加え、遠方に出かけるのが面倒だから。

 

飛行機で遠征してまでの本格登山。

中高年、ハマりすぎ、頑張りすぎではないか?

同年代として、やはり違和感を覚えます。

 

適度のがんばりと、安全第一で、無理せず張り切りすぎず、ほどほどに長生きしましょう♪


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

冬の大惨事・・・、夏の大惨事・・・ [悲惨な結果・・・]

仕事を定刻でいったん切り上げ来院した歯医者さんの待合室のテレビで第一報を視聴した。

14年前の1月17日。

阪神淡路大震災。

最初は、これほどの惨事とは思えなかった。

テレビ報道では、火も、ところどころにしか見えていなかった。

結果的に6000人を遥かに越える犠牲者を出した、忘れえぬ「未曾有」の、冬の大惨事である。

当時の私は既に市内にマンションを購入して住んでいた。

毎年冬、1月には思い出されるつらい出来事である。

 

冬と言えば夏もあり、そこにもまた忘れえぬ出来事がある。

24年前の夏。

夏も盛りの、8月12日。

月曜日であった。

仕事から帰宅して、関口宏さんの「クイズ100人に聞きました」を観ていて、羽田を離陸直後に日航ジャンボ機が消息を絶ったとの速報テロップが画面上に流れたのが報道の最初であった。

死者500余名という航空事故史上最悪の結果となった大惨事である。

当時の私は、まだ、市郊外(隣町)の社宅に住んでいた。

 

いずれも、当時の自分の暮らしとリンクして、悲しくも、一種懐かしく思い出される出来事である。

 

果たして私は、何れかの時期に戻りたいのか?


コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

妄夢魔醒♪ [悲惨な結果・・・]

夢を見た。

4つの魔夢連星。

 

出張中?

どうも、彼は寝足りていないように見える。

彼は私か?

今は眠っている。

 

大勢で出張だった?

旅先のオフ・デューティで、カジュアルにセビロ姿で街の散策に出かける。

街? 

黄昏から宵。

いつのまにか、皆からはぐれる。

郊外のバス停。

バス停のはずが、いつのまにか鉄道の駅になる。

護送者(請け人)が降りてくる。

護送される物を受け取る。

護送される物の側からも随行者(送り人)が付く。

しかし、物は、一時停車の列車の窓に、発車直前に投げ込まれるので、随行者は付いていけない。

護送される「物」は猫だった。

 

猫は、棲みかのそばで、白い毛のところどころに血をにじませて毛づくろいをしている。

熾烈な戦いがあったことを匂わせる。

私は、その猫に頬ずりをされる。

同志の犬が、そばの建物の二階から顔を覗かせる。

 

数日後、その犬が頭蓋骨剥き出しの無残な死体で発見される。

見えないところで、熾烈な戦いが繰り広げられている。

いつか、白猫も殺られる。

陣営強化のため、コメディアンの出川さんが赴任する。

ある人物の遺言により。

しかし、出川さんは、遺言の主は存命と言う(?)。

 

ここで目が覚める。

緊張感で体がこわばっている。

しかも寒い。

睡眠時の守護神の麻衣ソングが流れていないので不思議に思ってCDラジカセを見ると、エンドレスリピートプレイにして寝たのに止まっている。

誰かがスイッチオフにしたとしか思えない。 

 

起きて、スイッチを入れ直す。

二曲目で止まる。

どこから始めても二曲目で止まる。

壊れている。


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の30件 | - 悲惨な結果・・・ ブログトップ