So-net無料ブログ作成
検索選択

お役所にサマータイム導入? [ECO]

3月29日(日) 雨後晴れの朝の散歩(8:28発)22.06km

右足の小指付け根側の胝(タコ)が痛くて。

それと、右足親指外側の肉刺(マメ、一回潰したが穴がふさがり、また発生)と、右足親指付け根付近と土踏まず開始地点の間の肉刺も痛くて。

肉刺は、胝を避けた歩きが生んだものですが、今や共生脅威となっています。

こういう状態で、足に優しい靴を選んで出かけました。

痛い右足を庇い過ぎると、今度は左足(脚も)までも傷めてしまうので、注意が必要です。



さて、報道によれば、政府は、国家公務員の長時間労働の抑制をめざし、7~8月の2カ月間、簡易夏時間勤務制度を導入するらしいですね。

つまり、現行の 8:30~17:15 の勤務が、7:00~15:45 となるわけです。

実際には、現行 8:30~25:00 の勤務らしいので、7:00~23:30 になるのでしょうか?

いや、仕事開始は早まっても、退庁時間は変わらないというのが、お役所の伝統です。

終業時刻は変わらず、結果、総勤務時間が始業が早くなった分だけ増えるのですね。

しかし、我々民間ですと、始業が早まった分終業も早まらないと、労働基準法違反です。

私の場合、勤務時間を変えることはしていませんが、既に午前6時には出勤し、お掃除や買い出しをして、7時前からお仕事をしています。

その結果、週の半分は19時には退社するようにしています。

あとの半分は、職場の皆さんのお引き留めにより、若干遅くなっていますが。

8時45分に出勤(正しい勤務時間です。)した人と、6時に出勤した私が同じ時間に退社するのは、ちょっときついのです。

管理職である私には超過勤務はないので、システム上は特に問題はないのですが、病身の健康管理に関しては、ちょっと問題があります。

今夏の制度拡充により、やっと特定疾患(難病)に指定されそうな疾患により通院治療を続けている私ですが、会社の産業医の先生以外は、仮病と思われているようで、なかなか勤務を正常化するには抵抗が強くなっています。

病気が悪化して死ぬくらいなら退職しようという思いを産業医の先生にお話ししましたら、病気が悪化することも無く退職もしないでいいようにしたいと思いますと仰っていただきました。

有難いお言葉です(合掌)。

ということもあり、我が社でのサマータイム導入には大いに賛成したいと思います。

照明時間が短縮できて省エネ(=経費節減)になりますし、通勤も楽です。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

EV(電気自動車)の幻想♪ [ECO]

私は大変燃費性能の悪い自動車を保有していることに、少しく心苦しさを感じているものです。

そのため、この自動車の走行距離は極端に少なくしており、消費する液体化石燃料の量を少なくするよう努めております。

月間走行距離は、50km弱くらいです。

いわゆる「ドライブ」はいたしません。

1週間分の買い置き買い物とクリーニング関係の搬送です。

一回に走る距離が短いので、さらに燃費が悪くなっています。

ガソリンスタンドでの給油は4箇月に一回くらいです。

 

今は燃費40km/Lという自動車もあるようで、これだと、同じ量の燃料で私の8倍ほど走行することが可能です。

いっぽう、化石燃料の消費を抑えるという観点で、ハイブリッド車や、電気自動車(EV車)などもあるようです。

これには、実は私、常々密かに疑問を感じておりました。

というのも、市販の電気自動車の全てが太陽電池車ではなく、市販の電力を購入して蓄電する車が多いようなので、果たしてそれがエコ、なのかと。

今、日本では水力発電や地熱発電や太陽光発電や風力発電や振動発電や海洋温度差発電などは未だ比較的少なくて、火力発電が多いということです。

火力発電は、燃料が薪ではなく、化石燃料が使われるとのことです。

つまり、電気自動車は、ガソリンは消費しないが、天然ガスや重油などは、間接的にですが、消費しているということになります。

空気も汚しているということです。

だから、特段エコではない。自己欺瞞と家計節約ではあるかもしれませんが。

というようなことはどなたも仰らないので、へぇ?と思っておりましたら、今日、ネットでこのような記事を見つけて、膝とおでこを叩かせていただきました。

EV乗ってエコは自己満足 エコではなく「エゴカー」と大前氏(NEWSポストセブン←※週刊ポスト2012年11月30日号)  内容は原典でご確認ください。リンクはしていません。

記事をよんで、「ですよねぇ[猫]」と思いました。我が意を得たり、と。

化石燃料を燃やす発電から、早く、太陽光発電や振動発電や風力発電に転換できるといいですね。

自動車としては、自分で発電できる太陽光発電や振動発電や風力発電がいいですね。

それと、極力、自動車を運転しないということも大事ですね。

無駄にあちこち行かないこと。

どうしても、という際には、できるだけバスや電車を使う。

バスや電車も化石燃料などを使用していますが、定時定路運航の大量輸送機関であり、私が利用しようがすまいが、その消費量はほとんど変わりません。

(ただし、路線バスの排気ガスは物凄いものがあり、一挙に地域の大気環境を汚染しているように感じます。それにしても、私が利用しようがすまいが、その排気の量と質はほとんど変わりません。)

あと、おうちに、家庭用太陽光自家発電装置を備える、というのが最も現実的でしょうか?


コメント(0) 
共通テーマ:自動車

失速経済、地球快癒、痛みを分けて福と成す♪ [ECO]

相当景気が悪いようで、大企業の業績下方修正は目を覆うべきものがあります。

そんなに皆さん、物を買わなくなったのですねぇ。

必要なものは何をおいても買わざるを得ないので、売れなくなったものは、極端に言えば要らなかったもの、余計なもの?

 

ドブも、無駄遣いはよそっ!! 

もっともっとつつましく暮らそっ!!

というモードがさらなる景気の後退を助長する、というのは正しいと思います。

不況になれば物が売れない。

物が売れなければ失業者が増える。

失業者が増えれば物を買う人が減る。

という循環が成立するとも言える。

 

でも、物が売れくなったら、人員を減らすより、給料を下げよう♪

これでも同じようなスパイラルが成立する?

これはどこかで収束するような気がする。

 

ぷあ・しぇありんぐ

失業者は増えないで、有職低所得者が増える。

僕も私も、みんな貧乏でつつましく暮らすことは、意外にみんな幸せかもしれない。

世の中に、嗜好的なもの、奢侈的なもの、少なくなると思う。

生活必需品はちゃんと作られ、売れると思う。

 

工業生産物は減り、工業廃棄物や、有害ガス、地球熱病化促進ガスの発生が減ってくる。

みんな農業に、それも化学肥料などを使わない、人糞堆肥などを使う有機農業に回帰する。

みんな自動車を買えないから、歩きが増える。多少農業を頑張った人は自転車を買う。

そうこうして、メタボの人がいなくなる。

生活習慣病が減り、総医療費が激減する。

環境対策費も激減する。

そこそこ元気にみんな暮らせるようになる。

今よりは幾分か幸せな暮らしが送れるようになる。

 

有料の演劇・映画・歌唱観覧は減るので、芸能人はだいぶん減るかもしれない。

月給10万円、遠方には行けません。

麻衣さんのライブには行けません。

でも、年3枚のシングルCDは買えます。

だから、倉木麻衣さんは頑張っていけると思う。

 

地球の余命が随分と延びると思う。

災い転じて福と成す。


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

私用の禁忌、あるいは自然な生活♪ [ECO]

私用の移動は、ここ1年半ほど、すっかり徒歩オンリーになってしまって。

食生活や、余暇のアクティビティも、いつのまにか、巧まざる質素倹約武士生活になっている。

冷涼な鹿児島の夏は冷房は要らなかった。当然扇風機はない。

 

見た目は爪に火をともすような生活だけど、別に無理しているわけでもなく、自然な、欲求の赴くままの生活が、たまたま質素なだけ。

給料はそこそこいただいていている。

でも、贅沢のできない心と体になりつつある。

最近のECOの動きも体に染み付きつつある。

(運動靴にはお金かけてるかな[たらーっ(汗)] でも、そのおかげで、タイヤ代やガソリン代が無茶苦茶節約できている。)

 

仕事では効率性や緊急性というものがあるので、資源を使い、地球を汚す文明の利器を使用する。

だが、私用のうち、嗜好や贅沢や、過ぎた利便の範疇に属するものでは、そうはありたくない。

体調不良で動けない時は、動かない、ただそれだけのこと。

 

それは、我慢や窮乏ではなく、普通の生活ではなかろうか?


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

業務努力♪ [ECO]

1.ECOな努力

 前日まで寒かった部屋が、今朝は意外に適温(31℃くらいかな?)。

 別室の、土建・エネ系セクションに行って、今日は適温だよ♪ って言ったら、空調担当の係長が、「わかりますか(ニヤリ)」と言ったもんだ。

 そう言やぁ、こやつ、かなり早目に出勤しておったっけ? 

 個別空調に適正化調整を施したな?[わーい(嬉しい顔)]

 彼は、ドブの意を汲んで、速やかにしたたかに動く、腹心なのです♪

 では、この省エネは次のボーナスで評価☆

 

2.セキュリティの努力

 そのあと、午前、保安警備担当の係長を連れて県警本部に出かけました。

 いろいろ助言をいただき、ありがたく、心強い限りです。

 ついでに諸施設を見学させていただき、目の保養になりました(?)。

 仲介の元幹部の方からもいろいろと有益な助言をいただきました。

 とは言え、日本では社員に拳銃を持たせるわけにはいかないので、防犯ハンカチや義髪、防刃手袋、防刃籠手など専守防衛柔軟路線で進めなければなりません。

 保安・警備のためであれば、スタンガンや特殊警棒は組織的に常備して活用することは問題が無いようです。

 やはり、特殊警棒は、値は張りますが長いほうがよいようです。

 こういった防具類は、部外の方にはわからないが、要員ならばすぐに取り出せるような場所に保管しておかなければなりません。

 当課でも遅まきながら、武術習得を義務付けないといけなかったりするかも[たらーっ(汗)]

 杖術 + 何か くらいかな・・・


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

省エネの難しさ・・・・ [ECO]

福田康夫首相を先頭に、政府は地球温室効果ガス排出削減に躍起なって取り組んでおられます。

これは内外の評判を意識したり、損得を勘定したりということでなしに、今の政治を預かる者として、この地球に対する原責任を腹の底から認識されているからと信ずるものであります。

敬意を表します[ぴかぴか(新しい)]

 

翻って、日本国民の意識はどうなのか?

 

私は、当社の当地区のエネルギー対策の現場責任者であり、形式上、冷房をいつからいつまでどの程度稼働するかの判断を任されていると思っております。当然それには大きな責任も伴います。

しかしながら、社内の実態としては、環境コンプライアンス部門からは排出ガス削減効果の低さを責められつつ、各セグメントからは、空調期間と時間の延長拡大を迫られている。

決定権はなしくずしに奪われ、責任は加重される。

よくあるパターンで、尻尾切りには便利かも♪

 

そして、何より、環境コンプライアンス部門をはじめ、社内各種会議は、寒い[雪]

内容ではなくて(内容は知らない)、冷房が効きすぎている。

自分の課で主催する会議は、軽装を呼びかけ、極力空調を入れないようにしているが、他セグメント、他部・課の会議に出向く際は、ネクタイを締め直し、上着を忘れない。

改善を申し入れたが、「参加者から苦情が出る。ほかで節減しろ!」と言われた。

参加者に事情を説明し協力を求めて然るべきではないか?

だいたい、小学高学年以上であれば説明しなくても知ってるはず。

 

今また、あるセグメントから、空調期間の延長を迫られている。

必要な運転経費は負担すると言う。

それは当然だが、今の問題はそういうことではない。

金を出せばよいというものではない。

 

私は、経営上の視点から光熱水料も減らしたいが、地球上の企業体として、地球温暖化促進ガスの排出も減らしたい。

前年比5%は減らしたい。

熱源転換など、担当部門はいろいろ工夫してやってくれている。

ESCO事業を進めて、補助金などもいただいて化石燃料使用料の削減にも取り組んでいる。この結果数%の二酸化炭素排出削減も達成できる見込みである。

それを、その努力を、果てしなく増大する人間の欲望がかき消してしまう。

 

自分たちさえ快適であればいい、今の自分の部下だけが可愛い、
そんなことでは明日の地球はない。

世代間不公平。

今の快適は、後世の地獄。

 

人間性悪説、正しいのかな?

 

きょうの外気温は28℃。

冷房の設定温度と同じはず。

宿舎では38℃を越えるまで入れまいと思う。

職場でも、30℃を越えて初めて28℃設定で稼働させる(現実には微動運転を始めているけど[たらーっ(汗)])。

なのに、このところ、どのコンビニでも異常低温運転[雪]

客商売だし、生鮮食品もあるし(?)、まったく冷房をするなとは言わないが、あまりにも冷えすぎ。

上着ぐらいでは、あの寒さは凌げない。

この前、行きつけのコンビニでは一度注意した。

しばらく極冷は解消されたが、ここも今日は厳寒の地[ふらふら]

 

冷房亡国論。

自動車亡国論。

 

しっかりしろ日本人、原初に戻れ日本人! と言いたい(小市民のドブは、心の中で小さく呟く。)。

 

そうそう、車と言えば、きょう、申し訳なくもメンテのためRA-Rを30分ほど転がした。

当然冷房は入れないけど。

窓を開けてみたり、全部閉めてみたり。

やはり、4窓のうち2窓は開けておかないと、自動車は厳しい。

暑くなったら、室内は45℃くらいになるらしいので、自動車は冷房を入れるかもしれない。

政府の皆さん、すみません m(_ _)m

でも、極力乗りませんから、御容赦、御寛恕、御勘弁。


コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

常時消灯の勧め♪ [ECO]

倉木麻衣のMai.K Diary-livedoor Blog

の May 30, 2008 映画のタイトルがやっとわかりました☆ において、

気がつくと電気もつけないでいました…(笑)

という記述があるのを読んで、思わず、

さすがっECOリーダーまいけー!! と。

かように思おたのぢゃ[ハートたち(複数ハート)]

ECO.JPG

知らず知らず、無意識に節電、省エネ、草の根ECO活動を実践なさっている☆

maikcap3.jpg  チームキャップ♪

 

思えば、本社の、ある役員室(ドブがときどき出頭させられる筋の)は電灯が点いていません。最初はお留守かと思って、廊下でずっと待っていました。

秘書室の方に確認してもらったら、在室して執務なさっておられました。

打ち合わせが始まっても明かりは点きませんでした。

その後(他日)も。

 

そして、今は、

ドブの属するセグメントの直属の部長室も電灯が点いていません。

細かい数字が印字された資料や図面を使った打ち合わせの時は、明かりつけてもいいですか、と許可を得た上で点灯します。

ことほどさように、省エネにコンシャスな人々がいます。ある意味、率先垂範だと思っています。

 

実は、不肖このドブも、一年前から消灯は実行させていただいています。

私は、個室は持ちませんで、大部屋で、窓を背にした中央に座っております。

いわゆる「窓際族」です。

したがって、ブラインドをオープンにして、デスク周辺の蛍光管を取り外しています。

ないのだから、点けようたって点きません(笑)。

夜になると多少暗いけど、周囲の明かりが届くので、一人っきりにならない限りなんとかなります。

でもって、強制はしないけど、窓近くの人は真似て欲しいとは思っていました。

しかし、フォロワー皆無[あせあせ(飛び散る汗)]

率先垂範昔話[わーい(嬉しい顔)]

照明不点の省エネ効果は知れたものですが、心意気というか、気概、不退転の決意の証左なのであります。

  

えーと、それから、May 30, 2008 映画のタイトルがやっとわかりました☆ において、続けて

まいけーいわく (だから目が悪くなるんだよな~f^_^;)(笑) と。

いや、そりゃあ でぇじょうぶですぜ、まいけー旦那♪

暗い中で本を読んでも視力は落ちなかったドブです。逆に光過敏気味で、夜中の散歩にもサングラスが要る始末(笑)。

 

全職員に団扇を支給し、もって今夏、接客等サービスに関係しない部署の冷房を休止することを目論んでいたら、事前に察知され、課内で没(部下の全員が反対[exclamation×2])・・・。

 

これはもう、契約電力量超過警報を頻回に発して臨機に消していくしかないかも。

 

暑い夏の、仁義無き戦いの幕が静かに開きました・・・


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感