So-net無料ブログ作成

女子トイレ侵入容疑で男性逮捕! [妄言]

7月30日(日)朝出そびれて夕方のみのお散歩(16:20発)12.30km

16:20でも暑かった。

左脹脛は攣るし、右内側広筋も攣り始めるし。

内側広筋は下手すると肉離れになるので、歩きに変え、庇った歩き方をすると損傷を促進するので、きちんと歩きます。

帰り着くまでにはほぼ寛快。


8月3日(木・休)体調の悪い午前のお散歩(8:30発)15.32km

体調が悪く、食後、1時間ほど仮眠しました。

やや回復したので出かけたのですが、暑い・・・。


ところで、女子トイレ侵入容疑で大学生逮捕というニュースが入って来ました。
以下佐賀新聞ニュースから一部引用。
「佐賀南署は2日、建造物侵入の疑いで、大学生の容疑者を逮捕した。
 逮捕容疑は1日午後4時ごろから約30分、佐賀大学の女子トイレに理由なく侵入した疑い。「間違って入っただけ」と容疑を否認している。」
身につまされます。
昔、関西の某大学で全国規模の専門職研修会の講師(現場監督は語る、的な)を務めた時、研修生の他、関係者・演者の顔ぶれのあまりの凄さ(法曹界、大学、霞が関関係等々)に腹具合が悪くなりました。
次の講演が始まるのを待って、別階のトイレの個室に駆け込みました。
ほっと一息ついていたら、女性の話し声が聞こえてきました。
女子トイレに入ってしまったようです。
この研修、研修者も関係者もとても怖そう。忍び込んだと思われたら大変なことになります。
しかも、たった今、とっても真面目な事例報告と改善策の講釈を垂れたばかり。
信用・信頼(地位と名声は無いが)が一瞬で失われる最悪のケースが頭を過りました。
しかし、機を見て無事脱出。
運に恵まれ事なきを得ました。
間違える筈はないと思われるかもしれませんが、一刻を争う緊急の場合、平常の注意力が働かないことがあるのです。
爾来、知らないトイレに入るときは二度確認をするようになり、また、緊急事態になる前に用を済ませる(大も小も)ことを徹底するようになりました。
女性が男子トイレを使用することはあることですが、その逆は大変なことになるので、まだお漏らし(大も小も)したほうがダメージが少ないと思われます。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の洋書(死語?) [妄言]

舶来の実話系怪談のPPでも買おうと思ってAmazonのサイトを覘いてみたら、あらま、高い・・・。

若い頃は、19世紀の英吉利の怪談が好きで古書を買うほか、現代物も新刊書で買っておりました。

昔は外国郵便為替とかいう便利なものがございまして、比較的安い手数料で古本屋さんや版元に送金することができました。

ポンドやドルとのレートは忘れましたが、今と比べれば格段の円安(さすがに1ドル360円ではなかったような)でしたが、貧乏人でも英米からそこそこ本が買えました。

その後、郵便局の簡易送金制度が無くなったので、古書は古本屋さんに一気に大金(2万円から3万円程度ですが)を送金して預け金のようにして都度の送金を省略し、新刊書は丸善や紀伊國屋書店から購うようにいたしました。

丸善のレートがあざといように思えて、本社にお手紙を書かせていただいたりしました。ご丁寧にご返事をいただきましたが、レートが変わるはずもなく。

で、それは40年くらい昔のお話ですが、その頃と比べて日本の文庫本の価格はせいぜい倍くらいにしかなっていないような気がします。

で、Amazonのサイトを覘いてみたら。

ちょっと気になるタイトルがあって、読者レビュウでも、An excellent book which I highly recommend.などとあって、おっ、面白いかも♪

と思ったのですが、お値段が4000円近くて。

ハードカバーかなと思ったら、ペーパーバックスなのですね、これが。

文庫本なのに高いですね・・・。

でも、ペーパーバックス=文庫本 という私の理解が間違っているのです。

ペーパーバックス=非堅牢本 というのが正しいのですね。

それは兎も角、Amazonを覘いてわかったことは、洋書読むんだったら、ハードカバーとかペーパーバックスとかいうことではなく、Kindle版で読みなさい、っていうことです。

お値段も3分の1とかいった相対尺では言い表せず、0円から300円未満という低価格。

しかも、タイトル数は断然Kindle版が多いようです。

いや、タイトルごとに見た場合、全てにKindle版があるのに対し、書籍版があるのはところどころ。

これはもう、洋書を読みたいなら、Amazonの商法に乗っかるしかないかと。

そうすると、引っ越しの多い私も、荷物が増えなくて済みますしね☆


コメント(0) 
共通テーマ:

仕事と日 愉しからずや? [妄言]

今週は大変な日々が続き、来週の大変な日々の準備をする暇(いとま)が無かったため、この土日はきちんとした自主仕事日といたします。

やはり、休日出勤の職場の食堂で摂る昼食は憩いのひと時です。

平日は、自分の仕事場により近い、別の社内食堂で昼食を摂るのですが、土日は、職場内の食堂はローテーで一店しか営業しないのです。

そして、平日の食堂は戦場ですが、休日の別建物の食堂は、のんびりしていて寛げます。

仕事は、夕方になって、二つほど片付きました。

片付いたといっても、質を目指せばまだまだ足りないのですが、全仕事量と時間の兼ね合いを考えれば、ひとまずの妥協点には達したというところです。不安はあります。

とっくに18時は過ぎてしまいましたが、この時点で、精神的にヘビーな仕事であるにも関わらず、仕事が楽しいと感じている自分に、少し驚きました。

きょう一日、仕事しかできなかったけど、なんか楽しく充実した時間を過ごすことができたと感じています♪

だから、眩暈はするし、体も疲れているのに、精神的疲労感や不満感、不全感は全然ありません[わーい(嬉しい顔)]

さて、後二つほど重い仕事があるのですが、それは明日に託して、今日は、気分のいいうち、明るいうちに帰宅します。19時近くても、太陽が眩しい沖縄です♪

 

5月12日 ちょっとだけ遠回り通勤 21.52km 1475.5kcal


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

加齢臭に煙草臭が加わった人の火葬場臭・・・ [妄言]

私は加齢臭はとっくに通り過ぎていて、死臭、というより腐乱死体臭、もっと言えば、回収されて2時間以上警察の霊安室にて置かれた水死体が発する腐乱臭と、昆虫の死骸の臭いを混ぜ合わせたような絶妙な臭気がすると、巷間ではもっぱらの評判であります。

凄まじい死・生臭さと、凄まじい枯れた腐臭の絶妙のコンビネーション、最早、香りの藝術。麝香鹿の薄い香り。

 

そんな異界の私ですが、体は現(うつつ)、煙草の臭いに弱い。

喫煙者は、喫煙されていない状態でも、すぐわかります。

中高年の方の加齢臭は、列車等で隣に座られないとわかりません。

煙草の勝ちです。

中高年の方でも、加齢臭らしき臭いのしない方もいます。

香料で誤魔化しているのではありません。加齢臭を香料で誤魔化せると思ったら大間違いです。

多分、食生活にも左右されるのだと思います。

多分、お酒はほどほどにされて、動物性の脂っこいものや強精的な食べ物はあまり摂取なさっていない方は、加齢臭がしないのかな、と思います。

 

加齢臭のある方で、かつヘビースモーカーの方が、列車で隣にお座りになると、臭覚が特に敏感な私にはちょっと耐え難いものがあります。

ご婦人はあまりこういった臭いがなさらないようであります。

 

重なる点もありますが、ある種精力的な人々の体臭に共通性を感じることがあります。

太っている痩せている、ではなく、基本点体型が太めでエネルギッシュな方は、特に夏場ですが、強烈な体臭がすることが多いようです。口臭ではありません。

発汗に伴う発臭であるように感じます。

したがって、便臭でも加齢臭でもない、体臭ですね。

お会いしたことはありませんが、吉本興業所属芸人さんでは、インパルスの堤下さんはそんな体臭がするような。といったイメージです。

この体臭のする人は、能力が高く、精力的ながんばり屋さんが多く、基本的に一緒に仕事をしたい方が多いです。それだけに夏場の打ち合わせは辛いです。 

 

ちなみに、私の地獄の腐乱臭、生身の人間には感じないようで、困ったものです。

犬すらも。

もちろん、自分にもわからない。

しかし、さすがに、空気清浄機は鋭い也。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

「一秒ごとに」 [妄言]

「一秒ごとに」

 

含蓄極まれり

嗚呼

宇宙は

時は

 

終わりは

心安らかに

とらわれず

空しゅうして

飛び立ち

善き

合掌☆

終わり無し

 

といいつつ、なかなか輪廻から解脱しない[たらーっ(汗)]

 

だって、

「Love for you」だから

そうやすやすとは楽になれぬ[黒ハート]

師の教えの「解き放ち」を楽しみに待つなり[るんるん]


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これでよかった・・・・ [妄言]

Mai-K.net Online Fanclub の更新申し込み用紙を処分しないといけなかった。

なぜ?

 

なぜだったっけ?

続きを読む


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新譜販売所感☆ [妄言]

日本の大衆向け音楽界(J-POP)きっての実力派で、その方の歌われる歌の多くが私のお気に入りである歌い手さんが、この11月に、本年2月発売の前曲以来9ヶ月ぶりに新曲を発売なさるらしいですが、誠に喜ばしいことです。

前曲にいまだにどっぷりと浸っている私としては、新曲について特に「鶴首」ということではありませんが、兎に角お目出度いことには違いありません。

続きを読む


コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽